<< 新・三銃士感想<第22話 アト... とりあえず >>

新・三銃士感想<第21話 銃士への道のり>

今回は前半戦の総集編。ポルトスの押しかけ女房コクナール夫人が登場。「ずうずうしいブス(おっぱいはデカイ)」という、今のところ好感の持てそうにないキャラですが、ボナシューさんの例もあることだしこれからに期待!そのボナシューさん、総集編で存在を見事に抹殺されててどうしたと思ったら最後の最後に登場とは!最後に「酒を呑むコップ、聖書、バラ」と、それぞれのキャラクターを象徴するアイテムを出す演出が良かったわ~

というわけで、第一部の個人的キャラクター総括!

ダルタニアン・・ワカモノにありがちな生意気なところ、調子こいちゃうところ、そういうダメなところも含めて三銃士との出会いでさすが主人公!という見事な成長っぷりを見せてくれて良かったです。でも後半の展開で岐阜新聞で「これはないだろ~!」ってネタバレを見てしまったのでいろいろ不安。

アトス・・私は原作アトスのファンではないんで、人形劇のダメアトスはそれはそれつうことで楽しんでます。今後ミレディとの絡みで男を上げるか下げるか!?

アラミス・・原作アラミスファンのミノネツとしてはこのいい人っぷりに「これは後半でダーク化する伏線なんだ・・」と、考えずにはいられません。あと、原作アトスのいいところ全部もってっちゃってスマン。あと、もう一回ヨガ見せて!ヨガ!ヨガ!

ポルトス・・第一部、最初と終わりで一番ぶれなかったキャラですね。あのたれぱんだな風貌で「いい男」と思わせてくれるからスゴイ!コクナール夫人がどう絡んでくるか楽しみです。

コンスタンス・・なにより声が良いわ~。聡明で芯が強くて、はかなげな雰囲気も出ています。まあイビキの件はおいといて。今後ダルタニアンとどうなるか、ボナシューさんはどうするの!?ぶっちゃけアラミスの事どう思ってるの!?原作ではアレしてしまうので原作どおりアレするのかどうなるのか気になるところです。

ロシュフォール・・お前にはガッカリだよ!ミレディが逃亡しちゃったので、このままクールな悪役に戻ってくれないかしら?

ミレディ・・いろんなメディア通じてこんな人間味あふれるミレディ初めてです。いいわ~。好きだわ~。

アンヌ王妃・・ミノネツの一番好きなキャラです。トラブルメーカだけど三銃士たちに頼ざらるを得ない弱さやトラブルの責任を負う覚悟も出来てる。コンスタンスのフォローが上手いせいかな?「特に三銃士たちに好かれていない」というところもポイントでしょう。あの性格で「王妃様のために!」とか言い出したらムリヤリ過ぎだろ~?と思うし。

ルイ13世・・今後一番化けそうなキャラですね。ダルタニアンの成長とともに見守りたいです。
[PR]
by minonetsu | 2010-01-16 11:46 | 三銃士
<< 新・三銃士感想<第22話 アト... とりあえず >>