<< ギリシャ旅行記の栄光<その5> 新・三銃士感想<第17話 いざ... >>

ギリシャ旅行記の栄光<その4>

a0088975_20411680.jpg

ギリシャ二日目、本日の目的地はコリントスです。タポスが神の怒りに触れて大爆発して街の住民全滅したコリントス……ゲームじゃあさらりと流されてましたが文字に起こすとスゴイ惨い話だな…。数少ないゲームと同じ地名の一つってことで行ってみる事にしました(写真はミコノス島のにゃんこたん。タイヤとの対比でお分かりになりますでしょうか?めっちゃデカイねこたんだったんだよ!犬みたいにデカかったんだよ!)あと旧コリントス遺跡にはアポロ神殿とかあるそうです。タポスの大爆発の名残を見に(違う)レッツゴー

コリントス行きのバスはキフィスウのバスターミナルから出ています。アテネでの交通網はバス、電車、トラムと充実しているのですが、地下鉄と郊外行きのバス、電車の駅がそれぞれ離れているのが不便な所ですね〜。バスターミナルも地下鉄オモニア駅からバスで15分くらいかかります。あ、前回「プラカ地区の治安が悪い」と書いてましたが間違えました。ここオモニア地区でした。バスから眺めただけの印象ですが、確かに治安悪そう…夜は通らない事にしよう…。

さてさてコリントスへ行くには電車とバスと二つの方法がありますが、電車の駅には新コリントス駅と旧コリントス駅がありまして、コリントス遺跡に行くには「旧」の駅から出ているバスに乗ります。電車では「新」の方しか止まらないとあったのでバスを利用したのですが……市内に入った所で渋滞に捕まる。アテネの時と同じです。ピクリとも動きません。ガイドブックではバスで1時間半とありましたが、もう3時間近くになるかも…そしてアテネの時と同様に運転手さんから「ここで降りろ」と降ろされてしまいました。ここはどこだ!?

現在位置がさっぱり分からない所で降ろされたのですが、降りた所ではある方向に向かう人の流れが出来ていました。しょうがないので流れに乗ってみると、軍隊の式典やってました。また軍隊かーーーー!!渋滞の先に軍隊アリ。号令や鼓笛隊がズンタタズンタタやってる音は聞こえるのですが、スゴイ人だかりで何をやっているのか全く見えません。なんだよもう!早々に引き上げて遺跡を目指したいのですが、とりあえず駅に辿り着かねば……でもまあ警察官もいっぱいいたので道を聞くには事欠きません。最寄りの駅を尋ねつつ、キツい日差しの中日陰の無い道を歩くこと20分。ついた所は新コリントス駅でした。ああ…もう……最初から電車に乗れば良かった……。はいここで心が折れました。ポッキリです。時刻はまだ午後1時前くらいだったのですが、6時からミコノス行きのフェリー予約してあるのよね。エリス様のごとく盛大なため息をついて遺跡見学はあきらめてアテネに帰る事に。でもまあ遺跡が目的じゃあなかったからいいんです。コリントスに辿り着いただけで良いのです。ちょうど駅前だし、このまま電車でアテネまで直行で行けるのですが、バスの切符往復で買っていたのでバス代7ユーロ惜しさに1時間近く待って旧コリントス駅までバスで移動。また変な所で降ろされたんだよコンチキショーー!でも「最寄りのバス停で降ろしてくれ」と運転手さんには伝えてあったので、ここが最寄りなんだろうな…ギリシャのバスは「駅前」には止まらないのか!?15分程歩いて(道に迷った時間含む)旧コリントス駅前バスターミナルに到着。やれやれ。

バスの待合室には式典が終わってこれから家に帰るらしき軍人さんがいっぱいいました。チーズのパイとコーラーで昼ご飯。軍人さん用に特別で出したかどうか知りませんが、スペシャルなバスが来ました!ベンツのバスだーー!座席は新品!空調もバッチリ!めっちゃ乗り心地良かったわ〜。しかしアテネに戻る途中、新・三銃士でダルタニアン達が渡った渓谷みたいな、見事にぱっくり割れた深い渓谷の前を通ったのですが、ウトウトしていてカメラに取り損ねた……。帰りの道は順調でアテネに戻ったのは4時くらい。これからピレウス港に行ってフェリーに乗ってミコノス島に向かいます。そこでミノネツの一人旅行始まっての大事件が!(と、もったいぶる程スゴイ事件じゃありませんが続く)
[PR]
by minonetsu | 2009-12-14 20:42 | ミノネツトラベル(海外)
<< ギリシャ旅行記の栄光<その5> 新・三銃士感想<第17話 いざ... >>