<< スペイン旅行記<その6> 朝日がまぶしい >>

今週のジャンプ感想<22・23号>

<スケットダンス>
*いやあやっぱり彼女にはナース服が*
a0088975_21475818.gif
これは美人に変身した結城さん萌えの話とみせかけてツンデレスイッチに萌える話なのですね。もうスイッチツンデレすぎだろツンデレ!(ツンデレの定義がイマイチよくわかってない)結城さん、もうスイッチとつきあっちゃいなYO!でもスイッチ、結城さんを美人に変身させるのに愛されメイクの茶髪のふわゆるパーマ、エビちゃん系春めきファッションというチョイスがいけません。素材を活かしきっていないというか。原型留めてなさすぎて漫画的にも「あの結城さんがこんなに美人に!?」という驚きがなくなってしまったというカンジです。結城さんという素材を活かすには長髪黒髪スカート長めゴスロリファッションだということを見抜いている小田倉くんがいかに目利きだったかがよく分かります。もう小田倉くんとつきあっちゃいなYO!(どっちだ)

<バリハケン>
これまでの変な部活動を助けるという話は、どうも団吾がヒドい目に遭うだけで笑えると言うか気の毒な事になってたので、オタなのに周りの勘違いで番長という団吾と同じ立場女の子が出て来たのは何だか安心。状況はアレだけどちゃんと恋愛コメディ的すれちがい話になってる所が何だか可笑しいです。しかしこの漫画は何をやりたいマンガなのか一向に方向性が見えてこない…。

<ポセイドン学園>
キャラが立つ前にトーナメントを始めてしまうとこんなにわけのわからん話になってしまうのかという話。人が見ていない所では残虐というキャラにしては猫かぶりと残虐のギャップが足りないと思います。グロテスクだーという敵は見た目全然グロテスクでもないし。めらりにょんは「それ読み切りでやったギャグだー!」オチで良かったかと。あ、でも二番煎じでも面白かったよ。ホント読み切りの時は面白かったんだからめらりにょん。

<ヘタッピ漫画研究所R>
R(リターンズ)といっても鳥山明先生バージョンを覚えてる読者はどれくらいいるんでしょうか?え?私コミックス持ってましたよ?でも勉強になります具合は村田先生版の方が上かも。Gペンってスゴイんだ!ということが初めてわかりました。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-28 22:07 | ジャンプ感想
<< スペイン旅行記<その6> 朝日がまぶしい >>