<< 昨日の私と今日の私 ルーマニア行くぜ >>

嘘だと言ってよエトワール

ぐはっ!月ジャン今月号巻末の作者コメントが……『あと1話頑張ります』……終わるのかーー!移籍無しかーーー!!?月ジャンと心中かーー!???まだフーケ様も出てないのにーー(それはミノネツの妄想)

きっと月ジャンではあと一話だけど新雑誌でまだまだ続くんだよ!と前向きに考えるとして、今月のエトワールはダルタニャンと三銃士が決闘です。どうでもいいけど三銃士の衣装が書き込みが細かすぎるせいか、だぶだぶのぶかぶか服を着てるみたいです。服のシワとかもうちょっとシャープなカンジが私は好きなんですが。まあとにかく護衛隊(この作品では赤銃士)がジャマに入る事も無く、早速決闘です。因縁ありげなアトスとダルタニャンが闘う事になりました。さすが三銃士のリーダー、アトス激強です。ケルベロス座の星座剣の使い手なのですが、わんちゃんの絵がアレで、一瞬土佐犬座のセイントかと思いました。やっぱ土佐犬ならポルトスだよね〜(全体的に間違ってます)

そして戦いの中アトスの回想によりアトスはダルタニャンのオヤジさんを裏切ったわけではないということが(読者に)明かされるわけですが、アトスがわざわざ裏切り者の汚名をかぶってるがよく分からんです。ベルトランが銃士隊を去ったのも『時代が変わった』だけではちょっと説得力に欠けるかも。どうもこの作品は『何かある』と匂わせて全体的にストーリーがまとまってない印象です。原作リシュリューみたいな大ボスが出てこないのが焦点がぼやけてる原因なのかもしれません。まあそこらへんは今後の展開…あと一話とか言うな!!!オヤジを越える銃士を目指すダルタニャンと、ベルトランの作った銃士隊を守ろうとするアトス。そして戦いはクライマックスへ(打ち切りマンガのアオリ文みたい)!!あ、単行本1巻は6月4日発売だそうです。
[PR]
by minonetsu | 2007-05-02 18:56 | ジャンプ感想
<< 昨日の私と今日の私 ルーマニア行くぜ >>