<< 弾丸三銃士ツアー ヴォーのお城友の会ニュースなん... >>

ジャンプスクエア2014年7月号感想

<クレイモア>
復活微笑のテレサ!カサンドラに救いがあって良かった…(ごめんあんまり書く事無い)

<読み切り:煉獄のアーシェ>
月華美刃の遠藤達哉先生の読み切りです。魔女狩りが横行する暗黒時代……あ〜なんか遠藤先生が好きそうな時代だわ〜。理不尽な暴力や権力やらで大きな力に女性が苦しむ話とか好きそうだよね〜。さぞかしドロッドロで後味の悪い…と思いきや、意外にさわやかな話だったよ!なにこれさわやか!いや確かに魔女狩りを扱っているだけに人間の心の闇やらのドロドロはどうしても避けられないんですけど、魔女狩りを周りの人が見せ物の様に、ある意味お祭りの様に楽しんでるという描写なので、ギリギリの所で漫画として「軽く」見られる様になっています。展開もスピーディーで…あれ、この作品52ページなんですね。この前やってた図書館の読み切りがええと…56ページでした。アレ、ダラダラして長いな〜と思いながら読んでたんですけど、4ページしか変わらないのか…。魔女狩りを描きつつも話は重くなりすぎずアーシェの絶望も描かれ魔女の力で大逆転!スッキリよかったね!52ページに無駄が無いってことですよね。巡礼団の騎士の兄ちゃんもいい人!アホ頼もしくてカッコイイぞ!いや〜面白かったです。

<帝一の國>
帝一完全復活!!よかったよかった。久我くんのヤンキー票を固めた次は夢島玲の男の娘票!で、今回氷室先輩の後ろからの包容といいこの漫画はアレでソレな描写が多くて、読んでる側もそういう怪しい雰囲気をこういうもんだと(ほとんどギャグ描写と思って)楽しんでるんですけど、ついにガチで男の子が好きな男の子の登場ですよ〜!…なんですけどこれが全然普通の話。久我くんと夢島くんがすれ違ってケンカして、帝一が仲直りさせようと頑張る…うん!普通!土台が怪しい雰囲気だから同性愛の子が出て来ても怪しくならずにまあ普通だよね〜って普通のラブコメ話として読めてしまうのがこの作品の面白い所ですよね。

<γーガンマー>
今回のヒーローはアルトゥロマン。今までのブルートレインとかホーネットマンみたいに分かりやすい名前じゃないのよね。どういう意味なんだろアルトゥロマン。巨人のヒーロー、アルトゥロマン……怪人じゃなくて主に怪獣と戦う怪獣担当アルトゥロマン……はっ!!ま、まさか…ぎゃーー!そうかーーー!来たぞ我らの方のアルトゥロマンなのかーー!??……わからんわ!

<双星の陰陽師>
雛月の悲劇は寮の子供達がケガレ堕ちしてしまったためだったのでありました。あ〜どうせ、ろくろに已む無しな事情があるんでしょ?と思ってたんですが、まあその通りだったんですが、回想シーン見ると子供達がケガレになって襲いかかって来たから…の手前、「オレの理性が残っている間に倒せー!」の状態なんですね。友達を友達のまま殺さなきゃならなかったのね…辛かったよね…。で、ろくろにお兄さんを殺された形になってしまった紅緒ちゃんですが、一旦は憎みはしたものの、自分にその資格はあるのかと思い直せるところがスゴイ!ろくろに歩み寄ろう、寄り添おうとしている所に安心した。紅緒ちゃんええ子や。

<てとくち>
源之丞さんはやはり理恵さんの命をを狙う悪いヤツだった!その真意とは…!?からのギャグ回です。いやん面白いわこれ。展開が予想出来てその通りになって、それが面白いというまさに様式美ですね。これ前もやったよね…な、ワンパターンな周助の作戦!おりんさんの裸!〜からの〜?金子の鼻血!素晴らしいです。もーおりんさんが出て来た瞬間「全裸要員だ!」ってウキウキしちゃいますよね。いや全裸がいいってわけじゃなくて…。

<最終回:じゅういちぶんのいち>
はいどうも最終回でした〜。ツヨシくんとサッカーの特訓してた謎のおじいさんの正体はソラでした〜。最終回についてホントコレだけは言いたい。こういう一ミリたりとも面白くもなければオリジナルに敬意も払ってないパロディは止めろこのクソムシ!いや、ツヨシくんをいじめるクソムシみたいな子供が出て来たんですけどこいつがまあ見た目ジャイアンなんですよね。ギザギザ模様の服着てるしスネ夫みたいなのもいるし、こいつはいじめっこなんですよ〜と、一目で分かる……それ必要???。ギャグマンガでジャイアンみたいなキャラ出すのは分かる。出てくるだけで笑いが取れるし、読者は「こいつはいじめっこ」って認識するから余計な説明もいらないし。説明を省いてギャグにテンポが生まれるってこともある。でもこの漫画は真面目なストーリー漫画じゃないですか。このキャラはいじめっこだという説明は要らないし(ストーリーの中で説明すればいいだけ)、もちろん笑いを取りに行く必要も無いよね。ストーリー漫画にギャグマンガのキャラであるジャイアン出すなら出すなりの必然性が欲しいし、ジャイアンのパロディだったらただのいじめっ子にして欲しくないじゃないですか。乱暴だけど実は男気のあるヤツだったとか。………こいつ最後までクソムシのまんまなんですよ!!ジジイは死んだぜヒャハーとか言ってるし。いじめっこどころか人間性最悪じゃないですか!藤子F先生の墓前に菓子折り持って謝りに行け!ジャイアンの姿形を借りてお前は何を伝えたかったんだと。少なくとも見た目ジャイアンにする意味ないよね。クソガキの造形くらい自分でしろと思ったよね。こんなクソキャラにジャイアン風な容姿を充てるなんて…お前なんてことしやがる…って心配になるレベルだよ。

<最終回:SECOND BRAIN>
はい最終回でした。ううう…ごめんよ……ダメ漫画とか鼻で笑っててごめんよ……面白かったよ…最終2話めっちゃ良かった…ラストとか泣けた……生死を賭けた戦い(電車とめるだけ)の緊迫感がすごく胸に迫って来てドキドキしたよ…。ワー死ぬ死ぬーみんな死ぬー!ってシーンで主要キャラに並んでモブ兵士たちの覚悟まできちんと描いている所がいいんですよね。こういう時主要キャラが「命かけるぜウオーーー!」ってなるのは当然だよね。って読者は思ってるんですよね。主要キャラが命賭けるのは当然だからどんだけスゴイ血反吐吐きながら頑張ってても、頑張るのは当然でしょ?主役なんだからって思っちゃうんですけど、その前にモブ兵士達のシーンがあるから良いの!この人たちの覚悟を無駄にしちゃなんねえ!春一ガンバレ!ガンバレガンバレ!って思ったよ!……まあ全体のお話としてはぶっちゃけ打ち切りですよね〜。博士が「君は…まさか……!」と始終アワアワしてた理由も投げっぱなしだしここで主人公死んだら誰が人類守るんだとかその他伏線全然回収されてないし。でも今までのダメさもどうでもよくなるような熱い最終回でした。話をまとめようと駆け足になることもなければ「続きはSQ19で!」とかしみったれた事言わない所も良かった(作者的には無念だと思いますけど)



[PR]
by minonetsu | 2014-06-04 01:36 | ジャンプ感想
<< 弾丸三銃士ツアー ヴォーのお城友の会ニュースなん... >>