<< 守れ!シーマちゃん! バレた……! >>

ジャンプスクエア2014年4月号感想

<クレイモア>
タバサがついに逝ってしまいました。覚醒の苦しみも無く仲間に涙ながらに殺されることなく、チームのみんなに看取られながら人として死ねていい死に様じゃないか…。よかったよかった……なんかね、なんか物足りないよね…。ファンの方には悪いけれどミリアチームで一番影薄いしミリア隊長LOVE!以外にキャラが立ってないし死んでも惜しくないというか…だから死んでも盛り上がらないというか…。人気キャラを躊躇無くぶっ殺して来たあの頃の八木先生はどこに行った!?もっと思い切らないと!でもユマさん殺さないでーーー!
ラキはクレアの仇と知らずにプリシラ達と一緒にいたと思っていたら最初からプリシラの寝首をかくつもりでイースレイに稽古つけてもらっていたみたいです。それにしてもイースレイ普通にいい人だよね。人間とはまるで違うものになってしまうから覚醒怖い!覚醒ダメ、絶対!って話だったのにこれなら覚醒しても特に不都合ないじゃんとか思っちゃうんですけど。そいでもってプリシラはカサンドラの体を乗っ取って生き延びた模様。

<じゅういちぶんのいち>
実写映画が公開だそうですよ。
<映画公式サイト>
あ〜やってる映画館近くにないわ〜。名古屋まで行かないとだわ〜。名古屋からもちょい遠いわ〜。そいでもって田中(仮名)役は○○さん!と言われても元の田中(仮名)がどんなんだったかも覚えてないわ〜。気になる方はぜひ観に行って下さい。私も本当どういう層が観に行くのか気になるのよー!!
マンガ本編はまたまた時間軸がすっとんでソラの引退とソラ息子の話。そうか〜ソラは息子がその名前に押しつぶされそうになるくらいな有名なサッカー選手なのかそうなのか…なんか「地味だけどサッカー通なら知る人ぞ知る選手」みたいな描かれ方じゃなかったっけ?ホントこのマンガの主人公の立ち位置がわからない。でもまあ息子いたんだね。私の提唱していたサッカーの妖精説はナシか。

<帝一の國>
舞台化ということですがこれはぜひ公式サイトを確認してみて下さい!
<舞台公式サイト>
…キャストすげーー!原作再現度すげーーーー!!氷室はちょっと残念なカンジですけど。イケメンはイケメンなんだけどね…。イケメンの方向がちょい違うカンジだよね。でも再現度すごいよね!もーキャストの絵面見てるだけでわくわくする。お話の方は帝一達の思惑もむなしく生徒会長選挙は学校生徒一人一票の法案が可決されましたとさ。帝一めっちゃがっかりしてるわけなんですけど、私たち読者は「民主政治はいいものだ」とほぼ当たり前のように思っているわけで、もうちょっとこの法案はどこがどう帝一達にとってダメなのか踏み込んだ説明が欲しかったかな?というところです。


<γーガンマー>
現役最強のヒーロー魔法少女ミカちゃんの話ということで敵組織や地球にやってきた宇宙人の謎についてなにか進展があるのかな〜?と期待していたのですが特に何もありませんでした。ミカちゃんも力を使い果たして現役引退。ユリちゃんの百合要員になりましたとさ。ミカちゃんこれまで月からやってきた敵と戦ってきたみたいなんですが敵側のライバル少女がいて戦いの中で友情が芽生えてまあなんというか私たちから見たらプリキュアっぽい世界なんですが、ユリちゃんの世界ではやっぱりそういうプリキュア世界が日常として営まれているわけなんだよね〜そこが面白いんだよね〜。


<てとくち>
勘右衛門と徳兵衛さんの過去話!は「最初はいけすかねーヤツだと思ってたけどケンカして意気投合しました」という古典的な腐れ縁話でした。周助は徳兵衛さんの好きだった人の忘れ形見だったから引き取って育ててる…のは分かりますが、勘右衛門さんが周助の仇を追うのはあんま周助関係ないよね!どっちかっていうと徳兵衛さんのためだよね!やったー!(何が)そんなこんなで二人は周助に「血煙の一味は幕府と繋がっている」と打ち明けますが、周助が源之丞さんに話しちゃった!ええーーいいの?アイツ絶対怪しいよ!絶対幕府のスパイだよ!なんかいい人そうな顔して僕も協力するよなんて言ってるけど騙されないわよ!もーヤバいヤバい!何?これから山賊を退治しに行くですって!?こりゃ絶対山賊とつるんでるってば!ヤバい!里江さん周助逃げろーー!

<SECOND BRAIN>
なんだろうね〜。なんかこのマンガを読んでると二番煎じともパクリとも言わない「もどき」という言葉が思い浮かんでたまらないのですよ。もどきというのは具体的に何もどきなんだ!と聞かれたらどんなマンガとも言えない「能力バトルマンガもどき」としか言えないというか。



[PR]
by minonetsu | 2014-03-04 00:45 | ジャンプ感想 | Comments(0)
<< 守れ!シーマちゃん! バレた……! >>