<< ウフフ ぶらり上諏訪電車旅 >>

ジャンプスクエア2014年1月号感想

<クレイモア>
クレアはおろかミリアチーム全員かかっても到底かなわないプリシラの圧倒的な強さ……ていうかユマさんも戦ってるじゃない!無茶するな!無茶はよせユマさーーーん!!ユマさんがやられて「ユマさん!」って叫ぶシンシアもかわいい。もーなんだかんだでユマさん心配してるんだから〜。二人とも頑張って生き残ってくれ!まあプリシラの強さは今までに何度も描写されてきた所なんですが、イレーネさんから受け継いだ高速剣も結局本家には及ばないのか…そんなクレアでもミリアチームの中では「一番強くなった」と言われてるということは、ミリアチーム<クレア<イレーネさんなのか!まあとにかくここまで力の差があるってことはもうクレアとプリシラの因縁は「修行して強くなってプリシラを倒す」というよりもっと別の決着の付け方に落ち着くのかもしれません。ラキとつるんで心が弱くなったとか言われてるしさ〜。なんかもう「復讐はもうやめ!ラキと一緒に人間としての幸せをつかむのよ!」ってカンジでさ〜(最悪)

<青の祓魔師>
出雲ちゃんの家庭崩壊話。「平和な神木家に忍び寄るイルミナティの黒い影!」みたいな言われようですが、今の所イルミナティ悪くないよね。お母さんが狐に取り憑かれた件については出雲ちゃんのお母さんは(色々と)だらしない母親でした。って話だよね。いかにも外道っぽい外道院も本当はゲスくなくて普通に研究熱心な博士ってだけだったりして。

<新連載:SECOND BRAIN>
作者の高橋先生は青の祓魔師の先生のアシスタントか何かだったのかしら??絵柄が…絵柄が似てるしついでに話も近未来版青エクってカンジでちょっと困った。面白いとか面白くないとかっていうより困った。もうちょっと何か…絵柄が似てるのはしょうがないとして、もうちょっと何か差別化を図ってもいいんじゃないかな〜?と思った。

<てとくち>
なにーーー!?文吉の命を狙ってる血煙の重蔵一味の刺客と思わせて実は周助達が殺されそうになった所を助けてくれそうな、いつも周助たちをこそこそと見張っていた人相極悪のいかにも怪しいおじいさんは本当に周助達を殺そうとしていただとーーー!だまされたーーー!そして悪党一味は幕府と繋がっていたと…。ここんところも理恵さんのお家取り潰しの過去とからんでくるのかな〜?ヘビーな展開だぜ。

<戦場アニメーション>
ライバルと一緒にアニメ大会の大賞を受賞して最終回でした。主人公は蜜花ちゃんだと思ってたらいつのまにか部長さんになってたよ〜って話の軸がぶれてた所もあったんですが、挫折あり熱血ありの部活漫画していて、私は結構好きだったんですけど残念。まあそれにしても作画が安定してなかったね…これは低賃金で過酷なスケジュールに追われるアニメーターの過酷さ、アニメ界の厳しさを表現していたんだね!きっとそうだね!

<この音とまれ!>
で、部活といえばライバル校の登場でここんとこちゃんと部活まんがしていてとっても楽しく読んでます。おお…こういうのが読みたかったのよ……。メガネくんの家庭も思ったほどギスギスしてなくて良かった。まあ私がメガネ家のクソ度ハードルを下げまくって読んでいたせいなんですが。親父とかも〜絶対「フン…この出来損ないが…」とか言う親父かと思ってた。ご両親はちゃんとメガネくん見守っていたんだね〜。で、来栖さんが一人でなんでも抱え込みがちなメガネくんを不器用ぎみに励ますところなんか来栖さん仲間になったー!って嬉しくなった。そしてここまでチクチク嫌み言うだけのやる気無し顧問のホッとしたような表情。やっぱり顧問はお琴部の味方だったのね〜。次は顧問のターンか??

<双星の陰陽師>
第一話からコメディ要素を挟みつつも緊張感のあるバトル展開が続いてきましたが、今回最後の子づくり宣言で力が抜けた!いきなりストンと落ちたわ!いや〜こうもってくるとは思わなかった。さすが。

<FANTSMA>
これまでマフィアマフィア言ってるだけの能力バトルまんがと思って読んでいたんですが、今回は村人を守るために汚名をかぶるというようなマフィアっぽい世界が描かれて良かったです。でもそれで面白くなったかと言うと、う〜ん……。

<じゅういちぶんのいち>
まさかの実写映画化!いや〜なんだろ、そんなに人気あったのか〜。誰が観に行くんだろう……(失礼)。この漫画のファンかサッカーファンか役者のファンかどういう客層を想定しての映画化なのかがさっぱり分からない…。お話の方はいつものようにイイ事言いマシーンの皆さんがイイ事言って安定のイイ話でした。ホント誰が観に行くんだろう……。


[PR]
by minonetsu | 2013-12-04 20:38 | ジャンプ感想
<< ウフフ ぶらり上諏訪電車旅 >>