<< 連載ボツネタその2 大スランプ祭 >>

新・三銃士感想<最終話 銃士隊長ダルタニアン>

宮殿ではアンヌ王妃が胸と髪に黒い花をつけてバッキンガムの肖像を見ながら喪に服しています。
◯なんだかんだでまだまだバッキンガムの事が忘れられないのね。ここ最近で大きく成長したルイですが、そうそうアンヌ王妃の情熱の炎は消えなくてよ?アンヌ王妃はこうでなくっちゃ!
◯ルイは「あなたに本当に愛してもらえるような立派な王様になってみせる。…あなたの事が好きだから」とアンヌ王妃に愛の告白!「あなたの事が好きだから」で101回目のプロポーズを思い出すか、冬のソナタを思い出すか、世代の分かれ目かしら?そうでもないかしら?いつかこの想いが通じるときまで!ガンバレ陛下!

処刑前夜の地下牢で、アトスがミレディに面会です
◯「オレが生きてる限りお前を死なせない」アトスのカッコイイセリフ。鉄格子越しに絡み合う二人の指が切ないカンジで良いです。

下宿ではミレディ救出作戦の準備に余念がない…様子も無く、全員のんびりやってます。アラミスは本読んでます。
◯ポルトスは「女房迎えに行って来る」と買い物に出たコクナールを迎えに行きました。まあそういうことらしいです。
◯アラミスは「ところで……コンスタンスは元気かね?」なぜダルタニアンに聞く!?
◯ダルタニアンによれば、ここ最近コンスタンスはボナシューとうまくやってるそうです。「それは良かった」と本に目を落とせばコンスタンスの送った四葉のクローバー。ここでクローバーの葉が枯れてたりなんかしたら二人の愛の終わりの暗示とか思えるんですけどね〜。まあ普通に青いままです。「まだまだ終わっちゃいないぜ!」と、深読みして良いかしら?

ボナシューはコンスタンスと夕食。スパゲティナポリタンです。
◯「お前は本当に料理が上手いな〜」「オレの女房はパリ一番のべっぴんさんだ」……はぁ(ため息)何だよ…やっぱりコンスタンスが一番アピールかよボナシューよ……。
◯ボナシューはコンスタンスにドーバーで拾ったペンダントをプレゼント。そうなのか……そうなのか……さんざん引っ張って結局そうなるのか……。お前が諦めてくれれば……ミレディになびいてくれれば……

いよいよミレディ処刑の時!アラミス先生企画立案、ミレディ救出作戦発動!
◯ケティがパトリックさんの顔を引っ掻いて周りの気をそらしている間に、コクナールがロープを巻き付けたプランシェを砲丸投げのように放り投げロープを張り、ボナシューさんがロープを滑降してボナシューキャッチでミレディを奪還するという計画です。アラミス先生の奇策はどうしていつも全面的に動物頼みなのだ……
◯見事ミレディを奪還したボナシューにコンスタンスも「あなた素敵よ!」と、喝采を送ります……本当は夫婦のよりが戻って良かったねというシーンなのだけれど…残念でたまらない。
◯追いかけるパトリックさん&イギリスの親衛隊。三銃士が立ちふさがります。
◯やってくれるぜ…と兜から素顔をのぞかせるマンステール。マンステール美形説は本当だった!……美形と言ってもなんだかつぶらな瞳の若い男みたいですね。強面のオッサンが良かったけど……

ダルタニアンはミレディを連れて逃げます「教会でアトスと落ち合う手はずになっています!」そこに立ちふさがるのはロシュフォール!身構えるダルタニアンですが、ロシュフォールはミレディのために逃走用の馬を用意してくれていました。と、ダルタニアンを突き飛ばし、一人で馬に乗るミレディ「気が変わったわ。私は家庭に収まるような女じゃない」
◯「アデュ〜」ミレディ逃げたーーーー!一人で逃げた!愛する男を、愛された男を置いて一人で逃げた!おおお………ミレディらしい!こうでなくっちゃ!スカッとした!
◯呆然と見送るダルタニアンとロシュフォール。親子の会話はナシ。まあミレディが絡むと微妙な話になるしな。この二人にはこれでいいのだ。

下宿では、ミレディ去って窓辺で落ち込むアトス。
◯「女には二通りある。一人で生きられない女と一人でないと生きられない女だ」とポルトス。「愛というのは本当に難しい」とアラミス。あ〜アラミス。一生懸命自分に言い聞かせてるカンジだ。泣ける。
◯「これから呑みに行きますよ!アトスがいないと始まらないんだから!」「テメーに励まされたくねえ!」ダルタニアンのちょっかいで、やっといつもの調子に戻ったアトス。アトスもやっと自分にはダルタニアンしかいないと気付いたのかしら〜〜?エヘヘ〜〜。


一方その頃、歯車いっぱいの怪しげな研究所では…
◯オレイリーさんが必死こいて自転車こいでます。怪しげな装置の中心には…バッキンガム!
◯ドッカーン!…「あつっ、けむっ」………バッキンガム生き返ったーーーーーー!(フォント大)
◯うおいっ!普通に生き返った(普通じゃない)だけなんですけど、最初見た時人造人間として蘇ったと思ってしまいました。ホラ…バッキンガム何かロボ的だし。
◯オレイリーさん何て言ってたのかしら?「イッツアライ」とか「イッツアライム」て聞こえるんですけど?「It's all right」?「It's a lie」?「It's alive」?
◯それにしてもスゲエセットだ!この一話のこのシーンのためだけにこの豪華セット!!さすがエネッチケー!
◯バッキンガム蘇生は嬉しいし、それはそれで面白くて大歓迎なんですけれど、それじゃあ老婆やルミエールのエピソードは何だったんだと。ファンタジーとリアリティ、シリアスとギャグ、後半こういう話のブレが大きくて全体的に違和感のある流れになってたんですけど…長くなりそうなのでここらへん後日長々語りたいと思います。

ミレディ逃亡幇助の件で、ダルタニアンはリシュリューに呼び出しくらいます。全員厳罰だ!これで三銃士達もおしまいだ!と、ダルタニアンが「この書き付けを持つものはリシュリューの保護の元にある」の書き付けを見せて一見落着。

エピローグ。それぞれのその後が語られます。
◯ダルタニアンはトレヴィルの後を継いで銃士隊長に。頑張れよ!
◯リシュリューはトレヴィルの後を継いで馬屋番に。えっ?リシュリューは悪役だけど、こんな惨めに降格させられるような政治的な失策は無かった気がするぞ……ダルタニアンの陰謀か!?
◯アンヌ王妃は………新しい愛人作っとるーーーーー!しかも私のマンステール想像図みたいなゴリラみたいなゴッツイ男!イヤン!そんな男の趣味悪いアンヌ王妃はイヤン!でもバッキンガム生き返った話聞いたらきっとバッキンガムの所に戻って来る気がするよ!アンヌ王妃はこうでなくっちゃ!コンスタンスの苦悩はまだまだ続きます。
◯「オーベルニュ良いと〜こ〜♪一度は〜おいで〜♪」ミレディは温泉でおひとりさまの人生を満喫しています。
◯「おね〜さんお背中流しやしょうか〜?」と、ボナシュー!「ミレディ…好きだ!」入浴覗いていたロシュフォール!
◯「人は変わらない?」相変わらずのボナシューとロシュフォール……ということは、アラミスとコンスタンスのこれからもまだまだ望みアリ?
◯「まさかあんたたちがこんなことになるなんてね〜」と、コクナール。小さなベットにはプランシェとお腹の大きくなった………ケティーーー!
◯ケティがプランシェの子を身ごもった!?こ、これは……種族を越えた愛を表現した微笑ましいシーンのつもりなんだろうけど……全然微笑ましい光景に見えない…何が生まれるんだ……?…軽くホラーなんですけど……。
◯ここはケティの腹の子の父親は普通にそこらへんのノラネコということにして、ご主人様がいなくなって路頭に迷ったケティを見て、プランシェがオレが全部面倒見ちゃるけん!ってそういうことなんでしょうね!そうでないと怖すぎるぞ!いやあプランシェ漢だね!エライ!


そして三銃士は…いつもの酒場で呑んでいます。噴水広場で剣術の稽古をする子供を見かけて…
◯「懐かしいな」と、早速三人で剣術指導。ダルタニアンを思い出した?でも三銃士の第一印象ではダルタニアンはひたむきに剣の稽古に励む子供じゃないよな。
◯「突くべし!突くべし!返すべし!」それにしても見ず知らずのオッサン三人の剣術指導はウザすぎる……。子供の表情が戸惑ってる……。
◯「一人はみんなのために!みんなは一人のために!」で終わらない三銃士なんて……

最終回でした!ああ……最終回……あっというまの最終回……。本日はあらすじ&ツッコミの通常モードでお送りしましたが、語りたい事が多すぎる!最終回について、新・三銃士の作品全般について、アラコンについて、あ、そういえばベルトランの形見の懐に入れるのにちょうどいいサイズでちょっとした弾丸なら防いでくれそうなプレートは全然伏線でもなんでもなかったね!もうホントにいろいろ語りたいことがあるのですが、今日のところはこの辺で!アデュ〜。
[PR]
by minonetsu | 2010-05-28 23:16 | 三銃士
<< 連載ボツネタその2 大スランプ祭 >>