<< 長き戦いの果てに 北米版マジパネエっス >>

新・三銃士感想<第28話 本当の気持ち>

「お世話になりましたこれからは自分の人生を生きる事にします」下宿に置き手紙を残しダルタニアンは三銃士の元から離れてしまいました。
◯「他に行くあては無いはず」心配するアラミス。「探しに行って来る!」と、行動派ポルトス。「若い時は家出の一つや二つするもんでしょ」大らかに構える方針のコクナール。「あんなやつ放っておけ!」突き放すアトスと反応はみんな様々ですが…
◯「ちょっと出かけて来る」と、バレバレの言い訳でアトスはダルタニアンを探しに行きました。やっぱりアトスが一番心配してるのよね〜。わ〜い。

アトスはダルタニアンを探してトレヴィル隊長の所に行きますが、当然ダルタニアンはいません。
◯アトスはベルトランに怒られて家出している時にミレディと出会って結婚したそうです。ヤンキーの家出婚かよ!アトスのお貴族様時代じゃなかったんだ…
◯「心が荒んでいると荒んだ人間が集まる」……「アイツは俺と出会った時はあんなに悪い奴じゃなかった」とアトスは言いますが、トレヴィル隊長の見立てではミレディは元々性質の悪い女だと。さあ!アトスが正しいかトレヴィル隊長が正しいか!ホントミレディは謎の女や〜。

アトスが行方を探しているダルタニアンはミレディの隠れ家で仲良く「橋の上で〜♪」遊びをしていました。
◯「アイドルが来〜る〜♪」→「あなたっを待つの〜テニッスコートー♪」って天地真理!(検索してません)選曲が50代だ!三谷先生がファンなのだろうか。さすがミレディ様は謎の女や!(年代が)
◯アンヌ王妃がルイの遊びに付き合ってあげている光景を思い出しましたが、ミレディの方は結構楽しそう?

ボナシューが帰って来ました。ミレディはあわててダルタニアンに薪割りを頼んで部屋から追い出します。
◯ミレディはまだ利用価値アリと思っているのかその時間がなかったのか、まだボナシューを切っていなかった様子。
◯ダルタニアンが「こんな美味しいもの今まで食べた事ない!」と絶賛していたキッシュはボナシューの手作りでした。良い奥さんになれるよ!
◯ダルタニアンのマントを発見して「他に男を連れ込んだのか」と怪しむボナシューですが、ミレディのプレゼントということでごまかしました。た、たしかにボナシューさんのサイズにぴったりだ!そうか〜ボナシュー人形はダル人形と同じサイズだったのか…
◯「コンスタンスが見つかるまで帰ってこないでちょうだい!」まだコンスタンスを人質に取る計画が生きてたのか…それともとりあえずボナシューを厄介払いしただけ?

アラミスは本を届けにコンスタンスのいる修道院へ。
◯もうダルタニアンの事心配してないな貴様!先週のアレは本当に夕食だけだったのか!?
◯「本職のシスター達もいるのに聖書の講義〜〜?」と怪しむポルトスに「コンスタンスは人見知りだから私がついていてやらないと」あれやこれやと説明をつけて「なんでもありませんよ」アピールのアラミスですが、コクナールは「口数が多すぎる」とバッサリ!うおう!そうだよね〜心にやましい事があると、なんだかんだで説明しようとして饒舌になりやすいですよね。女のカンは鋭い!
◯出かけたアラミスにあっかんべーのプランシェ。おやおや?アラミスプランシェに嫌われた?これは動物は本能的に人間の本質を(中略)これはプランシェが「アラミスはコンスタンスが好き」だということを見抜いたってこと?

アラミスを張る様に言われていたボナシューはアラミスの後を追います。ダルタニアンのマント着用のボナシューを発見したアトスはダルタニアンと勘違いしてボナシューを追います。

ラ・ロシェルの戦場からロシュフォールが帰って来たぞーーー!
◯戦況は思わしくない様子。ロシュフォールも腕を骨折したみたいです。三角巾で腕をつるしているカッコがカワユイ。
◯要塞を包囲すればすぐに降参するかと思っていたが、何者かが食料や物資を援助しているため、戦況が長引いている…
◯反乱軍が食べていた弁当は「メイド・イン・イングランド」!イイ発音です。つまり反乱軍の裏にはバッキンガム!
◯弁当はフィッシュ&チップスです。包み紙がいかにもな英国風で、こんな細かい所にも小道具さんのこだわりが見られますね!
◯バッキンガムが絡んでいると知ればもう黙っちゃいないリシュリュー!アンヌ王妃を巡っての英仏戦争だ!

さてさて中庭を散歩中のコンスタンスとアラミスです。
◯相変わらずコンスタンスの話題の中心はアンヌ王妃です。しかも時々アラミスにアンヌ王妃の様子を探らせて(ちょっと違う)いるっぽい?つまりは「アラミスさんにもアンヌ王妃の良さを分かって欲しいんです」そういうことなんですね!
◯そしてアラミスもちょっとだけアンヌ王妃の気持ちがわかるような気がすると。
◯そしてコンスタンスはラ・ロシェルにはイギリスも絡んでいると、アラミスも知らなかった情報を入手していました。アラミスが知らないと言う事はアトスもポルトスも知らないだろうし。誰も知らない情報をいち早く入手してこれが後々戦局に影響してくるのかな?

アラミスを追ったボナシューと、ボナシューを追ってアトスとプランシェも修道院に入り込んでいました。
◯コスプレはボナシューのお得意だからおいといて、アトスまでシスター服!どんだけダルタニアンを追いかけたいの!

その頃隠れ家でミレディは
◯シチューを作っていました。「マズイ!」やはり料理は上手くない様子。
◯「あにょね〜ほうちょーでね〜ゆびきっちゃったにょ〜」ミレディ様のぶりっこ演技が痛々しくて見ていられないーーー!

「見て欲しいものがあるんだ!」振り返ると部屋いっぱいの花!「ミレディのために森の中で摘んで来たんだ!」
◯ミレディは「そんなもんより金よ!」というタイプだと思ってましたが意外にもダルタニアンのプレゼントに感動。やっぱり女性にはお花が有効なのです。愛する女性のために花を贈るダルタニアンの純粋な心です。どんなものでも気持ちのこもったプレゼントは嬉しいのです。
◯「気持ちのこもったプレゼント」失敗例はアトス。ダルタニアンは成功例ですね。

イイカンジになる二人ですが、ダルタニアンが腕の百合の刻印に気付いてしまいました!
◯ここでダルタニアンがアトスとミレディの関係を知る事になるとはーーー!

「罪を背負った女に幸せになる資格なんて無い…」ダルタニアンはそんなミレディを優しく抱きしめます「昔のことなんかどうでもいい僕は今の君が好きなんだ…」
◯「ダルタニアン……」ミレディが!あのミレディがついにデレた!
◯「昔の事」とは百合の刻印!?アトス!?もう全部ひっくるめてどうでもいいのかー!若いって素晴らしい。

ミレディの隠れ家に向かうのはロシュフォール!

そういえばミレディの持ち駒にロシュフォールもいた!もうあっちこっちに恋の火種がバチバチだ!しかしロシュフォールは単にミレディに会いに来ただけかな?何だか久しぶりにミレディに会えるぞ〜ってルンルン気分っていう風には見えない様子でしたが?
[PR]
by minonetsu | 2010-03-05 23:16 | 三銃士
<< 長き戦いの果てに 北米版マジパネエっス >>