<< 北米版マジパネエっス ギリシャやばい >>

新・三銃士感想<第27話 三銃士との決別>

噴水広場でアラミスとダルタニアン夢の対決です。
◯アレ?あっさり決着ついちゃったな?ダルタニアンの剣をはじき飛ばしてアラミスの勝ち。
◯「そうだ!前に出ろ!」こっそりダルタニアンを応援しているアトス。親心ですな〜
◯それにしても剣劇シーンがカッコイイです!せっかくの夢の対決なんだからもっと長く見せてくれてもいいのに!アラミスとダルタニアンの対決、あれだけ盛り上げて引っ張ってこれだけ!?
◯「私はコンスタンスの事は何とも思っていない。君の誤解だ」アラミスはそういうけれど、はたしてそうなのかな〜?

下宿に戻ったアトスとポルトス。アラミスは暇つぶし用に本を届けてあげるとコンスタンスの所に行くそうです
◯「アラミスは本気でコンスタンスの事が好きなのかな」個人的に白アラミスは「かわいい妹」程度に思ってて欲しいものですが、ポルトスに言われるとやっぱりコンスタンスの事が好きなのかと思っちゃうわ……
◯「お前はダルタニアンに厳しすぎるぞ」もうホントに頑固オヤジとおかんの会話ですね

「パーティを開いてマントもプレゼントした!優しくしてやってるじゃないか!」とゴネるアトスですが、ポルトスは「プレゼントなんかよりダルタニアンはアトスに優しい言葉を掛けてもらえればそれで良かったと」アトスを諭します。
◯「オレはベルトランに優しい言葉なんて掛けてもらった事無いぞ!」…うおう!いきなりベルトランってなんだよ!ビックリしちゃったじゃないですか!どうやらベルトランはアトスに厳しくあたっていた様子。
◯でもひたすら厳しいだけだったらアトスだってダルタニアンを息子の様に思えることは出来なかったはず。これからダルタニアンから父親のように慕われる様になるには、きっとベルトランがそうだったように厳しい中の愛情を表現出来るかでしょうかね?ガンバレ新米パパアトス!

ダルタニアンは一人残ってプランシェと反省会。落ち込むダルタニアンの前に現れたのはミレディ!
◯ウザイと追い払おうとするダルタニアンですが、ミレディは何かと絡んできます。これは何かあるぞ!?
◯「三銃士達は首飾り事件で手柄を立てたアナタをやっかんでるのよ」「こんなに勇気があって賢いアナタを認めないなんて!」相手を持ち上げつつ自分だけがあなたの理解者だと諭しつつ自分のフィールドに引っ張り込む。ううむ毎度ミレディ様の話術は相手に口を挟む隙も与えません。ビジネス書とか書いたら売れるよ!

コンスタンスに本を届けたアラミスですが、シスター達と一緒に夕食でもどうですか?と、コンスタンスに引き止められます。
◯気をつけろ!その夕食は毒入りだーーーー!いやいや、「自分に気があると知っていながら一緒にご飯食べに行って期待させてしまった」と反省していたコンスタンスですが、アラミスを夕食に誘うのはどうなの?裏を返せばアラミスの事も何とも思っていないってことかしら?
◯そしてアラミスもついつい誘いに乗っかってしまいます。シスター達も一緒だから変な事もないかな…?大丈夫かな?フフフ……

「飲みに行きましょ!」と強引にミレディの隠れ家に引っ張ってこられたダルタニアン。ここからミレディのダルタニアン陥落作戦が始まる!ちびっこは見ちゃダメだ!
◯「これでも食べてってよ」あまり手が込んでなくても意外に美味しい手料理!で家庭的なアタシをアピール!
◯「雨漏りも自分で直したのよ」意外にたくましいアタシ!
◯ちょっぴりドジなアタシ!
◯「悪い人なんていない生き方が不器用なだけ」世間から受け入れられない孤独なアタシ!
◯そして必殺「服にワインをこぼす!」少年マンガだったらここで「服を脱いで」という展開になるんですけど。
◯で、出たーーー!「めずらしいわね、普段は人になつかないこの子が」ーーーー!「動物は本能的に人間の本質を見極める」という人間側の幻想を利用した見事な攻撃ですね。
◯ええもうありゃ幻想ですよ幻想。だって私はこんなに心優しい人間でシーマちゃんラブラブなのに…シーマちゃんシャーーって言ってなかなか触らせてくれないだもん……んもうシーマちゃん超カワユイ。
◯いやもう人形の顔が!ダルタニアンの目がアニメ三銃士のミレディの催眠術にかかった人のポワワワ〜ンとした目に見えますもん!

ダルタニアンを抱きしめるミレディ…抵抗出来ないダルタニアン…そしてロウソクの火が消え………

誰もいない下宿…帰って来たダルタニアンは一人荷物をまとめます…「もう、三銃士のみんなとは一緒にいられない…」
◯ナレーションも何だかいつもの調子と違うぞ!?
◯三銃士の決別っつうから、てっきりアラミスとの勝負に負けて意地はって帰るに帰れずに親衛隊に入って決別かと思っていたらこういう意味で決別だったとは!
◯ミレディの線は消えたと思った「見所は三角関係」がまさか復活するとは!いや、てっきりミレディを挟んだ三角関係だと思っていたら、まさかダルタニアンを挟んだソレだったとは!
◯アトスがこれを知ったらどうなっちゃうんでしょうか?元嫁と息子に裏切られたようなモンですからね。
◯ほらもうあのときアトスが優しい言葉かけてあげなかったから!悪い男…間違えた。悪い女に大事な娘…間違えた。息子キズモノにされて、どうなの!ちゃんと責任とってくれるの!?
◯これだけぶっ飛んだ展開でありますが、ダルタニアンとミレディが関係を持つのは原作通りなんですよね…もうストーリーは全然違うのに変な所で原作に忠実だったりするから目が離せないのです。

こうして三銃士と決別したダルタニアン!そしてダルタニアンを陥落したミレディの目的は!あとそれからバッソンピエールはどうなった!?あすかさんのブログでやっとその存在を思い出す始末だよ!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-26 23:07 | 三銃士 | Comments(3)
Commented by あすか at 2010-02-28 19:40 x
ミノさんの書かれたミレディの「アタシアピール」、すごいイイですわ。ホンマ元嫁と息子こんななっちゃって、ガンコオヤジ@アトスどーするか見ものですね。

あと、ロシュフォールも忘れられた存在かも・・・。
Commented by おとべ at 2010-03-01 22:20 x
アラミス、本当にコンスタンスのこと、なんとも思っていないのでしょうか。言葉通りに受け取れない行動が多いように思えます。人形劇のアラミスとコンスタンス、絵的にはお似合いですが、そうなるにはいろいろ問題の多いカップルですよね。ダルとコンスタンスより問題多いかも。
三銃士との決別の決定打を放ったのが、ミレディーとは。こんな風に絡んで来るとは予想外でした。三谷さんの脚本は先が読めない、とどなたかが書かれていた覚えがありますが、本当ですね。
原作とはかけ離れたストーリーなのに、原作通りの部分もあったりして、面白いというか、見る方の期待を良い意味で裏切っているというか。
でも、この状態で、護衛隊に行けるのでしょうか。ミレディーはお尋ね者ですよね?そういう人と一緒にいて、護衛隊に入るのは不可能では?
それと、非お子様向けシーンが、出て来たのも予想外でした。くどいけど、NHK教育なのに。この番組の対象年齢は一体いくつなんでしょう?時間帯と、チャンネルと、人形劇というスタイルは、完全にお子様向けだと思っていました。
Commented by ミノネツ at 2010-03-06 00:30 x
>あすかさん
んもうミレディ様のダルタニアン誘惑大作戦はノンノンだかアンアンだかの「カレシをウチに呼んじゃお特集」でも見てるような気分でしたよ。
ロシュフォールは今週出て来たから(返事遅くてすんません)いいとして、一向にバッソンピエール出てきませんね〜。きっと職人さんが超気合い入れて超美形に作ってて人形が間に合わないんだと信じています。

>おとべさん
アラミスの発言はとりあえずダルタニアンをなだめるために言っただけだと思いますね!二人とも分別わきまえてるから(原作と違って…笑)お互いの気持ちを表に出したらどうなるか分かってそうだし。絵的には本当にお似合いだから困ります〜。
ミレディが絡んで来る所は意外な展開でしたね!原作を読んでると次の展開が分かるどころか混乱させられるなんて…いやあ本当にスゴイ脚本ですわ。私も「三銃士との決別=護衛隊に入る」と思ってましたが全然違いましたね。
非お子様向けシーンはミノネツの様にアニメ三銃士で「愉快痛快冒険活劇」だと思って原作読んだら自己中心人間の多さにショック受けたよ!って子供が出てこないように、ちゃんと原作通りにやってくれただけなんだ!これがエネッチケー教育なんだ!
<< 北米版マジパネエっス ギリシャやばい >>