<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ある三銃士ファンからの伝言

エネッチケーでまた人形劇が始まったみたいですね!シャーロックホームズの。私は毎週この時間出かけてるので見られないんですが、こうやってお茶の間に人形劇文化が継承されて行くのは良い事だ。お人形さん作る人や動かす人の技術をを継承して行く事は良い事だ。後はお茶の間のちびっこやファミリーがお話を楽しんでくれれば……

人形劇三銃士は楽しくなかったけどね!!あの時は「有名な人気脚本家が描いているから面白いに違いない」と思い込んでいたから面白いと思って見ていたんだけど(と言いつつ当時の感想で結構文句言ってたわ。)あれからいろんな人といろいろお話したよ!モヤモヤとした気持ちに整理つけたよ!やっぱりあの話は面白くなかった!

第一部はまだストーリー的には原作通りだからまあ楽しく見られたんですけど、オリジナル脚本と化した第二部が酷かった。私が酷いと思ったのは三銃士に「戦争反対」の概念を持ち込んだ所。いや戦争はよくないですよ。ダメですよ。でも三銃士はそういう話じゃないでしょ!そういう主張はよそでやって下さいよ!「戦争モノに戦争反対の概念ぶち込みました。誰もやらなかったことをやったオレ新しい、かっこいい」空気がプンプン出てたんですけど、そりゃやらないでしょうよそういう話じゃないもん。面白くないもん。あとボナシュー。コイツのせいでお話もキャラクターも酷い事になった。コンスタンスなんか第一部では「全然好きな人ではないけどこれが私の運命、この人を愛し添い遂げる」覚悟があってカッコ良かった。でも第二部でボナシューを「愛すべきオッサンキャラ」と描こうとしてとにかくボナシューが正義、ボナシューの言動みんな許される!浮気?愛嬌あるでしょ?だってボナシュー愛すべきオヤジだし。ってコンスタンスの覚悟台無し。宝石贈られてほんのり嬉しそう(人形なのにホントにそう見えるんだってば!スゴイ!)なコンスタンスはまるであんな男別れなさいよと言われて「でも優しい所もあるの!」って言うDV被害者妻みたい。知らんがな。第一部と二部で同じ「別れたいのに別れられない」という話のはずなのにどうしてこうなった。こんな決着の仕方されるとは思わなかった。みんなボナシューのせいだ!

きっと人形劇三銃士が好評だったからホームズ人形劇作ってもらえたんだろうし、この脚本家の話タチが悪いことにパッと見ちゃんとウェルメイド「気」なんですよ。楽し気嬉し気の「気」。平和主義の概念持ち込んで「生と死について考える”気”」考えさせられるでしょ?パクった宝石プレゼントして「愛すべきおっさんキャラ”気”」良い話でしょ?その場面だけソレっぽく見えるから、その場では面白いと思って流しちゃうんだけど、あとで考えるとアレ??ってなるの。リュミエールさんの下りでシリアスにキャラの死を描いておきながらラストでバッキンガムが生き返る。報われない愛の現実を描いておきながら猿とネコの間に子供が生まれる。一貫してないんだよーーーー!雑!岐阜弁で言えば「だだくさ」!戦争の悲惨さを描くなら描くで最後まで真面目に描かなきゃいけないのに「だって人が死んでも生き返るよ?猿とネコの間に子供が出来るんだよ?ファンタジーだよ?」ってお茶を濁して逃げようとしている様にしか思えない。真面目に死んで行ったリュミエールさんやコンスタンスの覚悟、みんな何だったんだ!「ファンタジーなんだから真面目に考えなくっていいよー」って茶化されて丸め込まれて正直者が馬鹿を見る世界なので、結局の所「真面目に見ていた自分がバカにされている」ような気がするんだよ!

あと、この脚本家三銃士についてよく知らない、あんまり好きじゃないし調べる気もなかった気がする。三銃士が好きな人が「好きな様にやっていいよ」って言われたらそりゃヒャッホーってなりますよね。「ヒャッホー!あれもこれも!原作のアレがちょっとひっかっかるからこうしたい!俺ならこうする!見て見て!これがオレの三銃士ワールド!」というヒャッホー感がしない。三銃士を題材…というか踏み台にオヤジワールド見せられただけ。

だからこれからシャーロックホームズの人形劇見ていて「なんか面白くないかも…」と思ったシャーロキアンの人!あなたの直感はおそらく正しい!面白いと思ってる所は面白いはずという思い込みだ!孔明の罠だ!と言いたいです。グッドラック。

[PR]
by minonetsu | 2014-03-25 23:33 | 三銃士 | Comments(4)

北海道ツアー(その2)

a0088975_13383432.jpg

はい!酒蔵見学です!ガイドのおっちゃんによると酒の作り方は「インターネットで調べてね」ということでした。やる気ねー!でもこれは「行程とかいいから早く酒の試飲!試飲させろー!」という観光客の雰囲気を読んでのベテランガイドさんならではのガイドトークなのです。あ、でもためになる事も教えてもらった。昔の酒造りの行程をミニチュアで再現したジオラマがあるのですが、ふんどし一丁で作業してるフィギュアがありまして「この作業は真冬にやるもので北海道でこんな格好してたら死ぬ」そうです。おお勉強になった!あとは絞り立ての清酒の試飲。うん!この豊穣な……わからん。ミノネツ家はほぼ全員飲ミュニケーション能力皆無の下戸なのでミノネツペアレンツは「このメーカーのは見た事無い!」と、酒蔵の中で使われているフォークリフトの方に興味津々でした。

<小樽運河>
a0088975_13512730.jpg

北海道ツアーなら必ずと言っても良いほど立ち寄る小樽!3時間程時間とってもらえたんですが、やっぱり何度も言った事ある所ということもありまして時間持て余し気味。よく考えると小樽の観光価値ってどうなんだろうな〜?と考えてしまいました。買い物といってもオルゴールとガラス目当てに買い物に来る人なんてあんまいないだろうし、メインの運河は現在は使われていない上にドブ川みたいだし…。歴史的な建物といっても町並みが形成されるほど残ってないし。外国のお客様がたくさん中国韓国、タイからも来てたんだけど楽しんでもらえたのかな〜?
<でもスイーツおいしかった!!>
a0088975_13392810.jpg

じゃがいものお汁粉!ウマーーーー!これはウマい!小樽に来てよかった。甘いポタージュスープみたいなカンジです中にはお餅と角切りジャガイモ。インカの目覚めって種類のジャガイモなんですけど岐阜の方でも普通のジャガイモとはワンランク上!ってイメージで居酒屋なんかで食べられてますよ。

夕食は札幌ビール園でジンギスカン。量はこれで3人前なんだろうなという量はあったんですけど、やっぱ物足りないな〜と思って二人前追加(自腹)。…肉が全然違う!ツアー客用のと全然違う!ツアー用の肉は何だか薄くてスジがあって、添乗員さんが「お夕食はどうでしたかー?」と聞いて小学生の子が「あんまりおいしくなかったー!」んですが、追加で頼んだ方は方は分厚くて柔らかくてんおいすぃ〜〜〜ジンギスカンうめー!道産子添乗員さんが「ジンギスカンは北海道民のソウルフード!」と力説していらっしゃったんですが、これを!こっちの方を出してくれないと!ツアー客用のしか食べてなかったら小学生が「北海道でジンギスカン食べたけどあんまり美味しくなかった」って学校でいいふらしちゃうよ!

夜食にミノネツパパンとラーメン食べに行きました。ミソラーメン美味しかった。ホテルからちょっと歩いたんですけど、怖かった!大きい歩道には雪は積もってはいるんですが何か溶雪剤みたいなのが撒いてあってちゃんと雪を踏みしめて歩いたら歩けるんですが、路地はそうはいかないね!滑る!雪解けてる所発見!と足を入れたら案外水たまりが深くて濡れる!いや〜恐ろしかった。

<そして北海道に来たら絶対外せないコレ!>
a0088975_133847100.jpg

登別から小樽のSAで発見しましたプレミアムエクセレントショコラ北海道!北海道だから北海道。このざっくり感。
a0088975_13385934.jpg

小樽は小樽でありました!ここはプレミアムエクセレント業界存続のためにも買っておかないとなんですが、840円のしか売ってなかったんですよ〜。いつも買ってる525円バージョンが無かったので泣く泣くスルーしてしまいました。ごめん。もー荷物パンパンだったし…。
[PR]
by minonetsu | 2014-03-23 14:28 | ミノネツトラベル | Comments(4)

北海道ツアー(その1)

イイネボタンありがとうございます!北海道旅行レポです。

<旅情>
a0088975_21124525.jpg

エリス様は海外用と言う事で(今決めた)久々にマーフィーくんに登場して頂きましたー!さすが北海道、さすが格安旅行という事で参加者バス二台分の大所帯なツアーでした。新千歳空港に到着して早々、北海道の人気お土産じゃがポックル発見!速攻二箱買ってしまいました。空港ではお一人様5箱限定とありまして、さすが人気お土産!みかてぃちゃんの話によると以前はどこに行っても売ってない幻のお土産状態。しばらくして別のお土産3,000円かいくらか以上お買い上げでじゃがポックルを「買える権利」がもらえるってくらいの人気っぷりだったんだぜ…。あ、空港では制限アリでしたが後で小樽とかのお土産売り場で普通にいくらでも買えました。


そんなわけでバスに乗り込んでノーザンホースパークへ、馬のテーマパークだそうです。私は有料だったのでパスしましたがミノネツパパンが乗馬体験(800円)やってました。馬に乗った写真(1,000円)を撮ってくれるのですが、さすがプロの写真!バッチリ決まった構図の上、サングラスといい体格といいなんか締まりのない表情といいこれは…これはアレだ……北の将軍様(正日の方)みたいだと言ったら「やめなさい!」ってママンに怒られました。
<Wマーフィ!>
a0088975_21121589.jpg

園内には厩舎がありまして引退した競走馬やばんえい競馬のでっかい馬、ポニーからサラブレッドいろんなおんまさんが見学できるよ!馬ソリや乗馬よりむしろこっちがメイン!うっひょーおんまさんかわいいーー!かっこいいーーー!むにょにょ〜かわいいかわいい〜かわいいにょ〜(ホントに声に出して)言いながらウロウロしていたら、なんと馬のマーフィーくん発見!!こっち向いてくれなかったのでおケツマーフィーです。プレートの紹介文によると馬マーフィーくんは「体は小さいけど働き者」だそうです。あとはポニーのショーを見て終了。ポニーのコジローくんが台に乗ったり後ろ歩きしてくれます。ちびっこ達がめっちゃ食いついていて微笑ましかった。見学時間一時間じゃ足りなかったな〜。せめてあと30分!

<ここはじ〜ご〜く〜♪>
a0088975_21121295.jpg

す〜て〜き〜な〜じ〜ご〜く〜〜♪じーごじごじごくだよーー♪と、某地獄アニメ主題歌頭の中ぐるぐるさせながら地獄谷そして登別温泉へ。いや〜こりゃ効くね!温泉街に充満している湯煙に硫黄の香りがね!もう効く!も〜何に効くのかとにかく効きそう!旅館も良かった!お湯がぬるくていくらでも浸かれるぜ!もちろん熱いのもあるよ!夕飯はバイキングでしたが、どれもこれも美味しかった。カニ食べ放題だった。
[PR]
by minonetsu | 2014-03-19 21:54 | ミノネツトラベル | Comments(2)

重なった

北海道旅行から帰ってきましたー楽しかったでーす!

……いや楽しかったのは楽しかったんですが、やらかした!!!空港で荷物取り忘れたー!お土産の入ったバッグと着替えの入ったカバンを飛行機に預けて、着替えの方を受け取るの忘れちゃったのよ!お土産のバッグ持った所で安心しちゃったのよ!受取所のコンベアーの所で着替えのバッグがぽつんと一個だけぐるんぐるん回ってたかと思うともー恥ずかしい。カバンの方はちゃんと航空会社の方で保管してもらえていて着払いで送ってもらうことになって、よかったよかった、んもうミノネツのうっかりさん!なのですが、今度はミノネツパパンがクレジットカード紛失。ぎゃぎゃぎゃぎゃーー!なんつうこっちゃ!荷物&カード。こんなベタなトラブルが重なるなんて!そう、よくあるからベタなんだよ!最後まで気を抜くな!家に帰るまでが旅行なんだ!

こんなトラブルが続くなんて、こりゃ絶対なにかある!このままじゃ終わらない!帰りの車で「事故起こさないでね!」「気を付けて運転してね!」ミノネツママンと二人で声をかけつつ「空港の時はあった」「飛行機の中か電車の中か」あーだこーだ言いながら無事帰還。あー大変だった。無事に帰れて良かった良かった。と……

シーマちゃんが怪我してるうううーーーーーーっ!!!

前足!左前足!この足で何匹ものネズミをしとめた黄金の左が!シーマちゃんのかわいいプリティかわいい左前足がケガしてるーーー!前足かばってひょこひょこ歩いてて痛そうシーマちゃん!でもひょこひょこかわいい(失言)!いたかわいいシーマちゃんぎゃーーー!…あのノラだ!いつもシーマちゃんをいじめる茶色いノラにやられたのよ!!ミノネツ家を侵略しようと襲って来たノラから家を守るために一人で戦ったのよ……いつもは家の誰かがコラーって追い払うのに、誰もいなかったから、追い払う人がいなかったから、たった一匹で孤独な戦いをしていたのよ!なんというけなげかわいい責任感あるシーマちゃん…シーマちゃんおりこうさんかわいいてんさい責任感シーマちゃん!!

[PR]
by minonetsu | 2014-03-17 20:28 | 日記のようなもの | Comments(2)

守れ!シーマちゃん!

a0088975_23502153.jpg

ミノネツはただ今二泊三日の格安北海道旅行に行っております!

あんまりいいたかないけどミノネツ両親との旅行なのよね…三人だと安い!とか言って。…親と一緒だなんて恥ずかしいじゃん……旅行プレゼントしたってわけでもないし…。


そんなわけでミノネツ家の留守はシーマちゃん!!シーマちゃんがガッチリ守ってますよ!!見てくださいこのガードっぷり!!おりこうかわいいてんさい留守番シーマちゃん!!守れシーマちゃん!

まあ人間の方の防犯はお兄ちゃん一家が見てくれるからいいけど、いつもミノネツ家に忍び込んでシーマちゃんのエサ横取りしてるノラ猫たちに追い出されていないかが心配なのです。
[PR]
by minonetsu | 2014-03-15 23:50 | 日記のようなもの | Comments(0)

ジャンプスクエア2014年4月号感想

<クレイモア>
タバサがついに逝ってしまいました。覚醒の苦しみも無く仲間に涙ながらに殺されることなく、チームのみんなに看取られながら人として死ねていい死に様じゃないか…。よかったよかった……なんかね、なんか物足りないよね…。ファンの方には悪いけれどミリアチームで一番影薄いしミリア隊長LOVE!以外にキャラが立ってないし死んでも惜しくないというか…だから死んでも盛り上がらないというか…。人気キャラを躊躇無くぶっ殺して来たあの頃の八木先生はどこに行った!?もっと思い切らないと!でもユマさん殺さないでーーー!
ラキはクレアの仇と知らずにプリシラ達と一緒にいたと思っていたら最初からプリシラの寝首をかくつもりでイースレイに稽古つけてもらっていたみたいです。それにしてもイースレイ普通にいい人だよね。人間とはまるで違うものになってしまうから覚醒怖い!覚醒ダメ、絶対!って話だったのにこれなら覚醒しても特に不都合ないじゃんとか思っちゃうんですけど。そいでもってプリシラはカサンドラの体を乗っ取って生き延びた模様。

<じゅういちぶんのいち>
実写映画が公開だそうですよ。
<映画公式サイト>
あ〜やってる映画館近くにないわ〜。名古屋まで行かないとだわ〜。名古屋からもちょい遠いわ〜。そいでもって田中(仮名)役は○○さん!と言われても元の田中(仮名)がどんなんだったかも覚えてないわ〜。気になる方はぜひ観に行って下さい。私も本当どういう層が観に行くのか気になるのよー!!
マンガ本編はまたまた時間軸がすっとんでソラの引退とソラ息子の話。そうか〜ソラは息子がその名前に押しつぶされそうになるくらいな有名なサッカー選手なのかそうなのか…なんか「地味だけどサッカー通なら知る人ぞ知る選手」みたいな描かれ方じゃなかったっけ?ホントこのマンガの主人公の立ち位置がわからない。でもまあ息子いたんだね。私の提唱していたサッカーの妖精説はナシか。

<帝一の國>
舞台化ということですがこれはぜひ公式サイトを確認してみて下さい!
<舞台公式サイト>
…キャストすげーー!原作再現度すげーーーー!!氷室はちょっと残念なカンジですけど。イケメンはイケメンなんだけどね…。イケメンの方向がちょい違うカンジだよね。でも再現度すごいよね!もーキャストの絵面見てるだけでわくわくする。お話の方は帝一達の思惑もむなしく生徒会長選挙は学校生徒一人一票の法案が可決されましたとさ。帝一めっちゃがっかりしてるわけなんですけど、私たち読者は「民主政治はいいものだ」とほぼ当たり前のように思っているわけで、もうちょっとこの法案はどこがどう帝一達にとってダメなのか踏み込んだ説明が欲しかったかな?というところです。


<γーガンマー>
現役最強のヒーロー魔法少女ミカちゃんの話ということで敵組織や地球にやってきた宇宙人の謎についてなにか進展があるのかな〜?と期待していたのですが特に何もありませんでした。ミカちゃんも力を使い果たして現役引退。ユリちゃんの百合要員になりましたとさ。ミカちゃんこれまで月からやってきた敵と戦ってきたみたいなんですが敵側のライバル少女がいて戦いの中で友情が芽生えてまあなんというか私たちから見たらプリキュアっぽい世界なんですが、ユリちゃんの世界ではやっぱりそういうプリキュア世界が日常として営まれているわけなんだよね〜そこが面白いんだよね〜。


<てとくち>
勘右衛門と徳兵衛さんの過去話!は「最初はいけすかねーヤツだと思ってたけどケンカして意気投合しました」という古典的な腐れ縁話でした。周助は徳兵衛さんの好きだった人の忘れ形見だったから引き取って育ててる…のは分かりますが、勘右衛門さんが周助の仇を追うのはあんま周助関係ないよね!どっちかっていうと徳兵衛さんのためだよね!やったー!(何が)そんなこんなで二人は周助に「血煙の一味は幕府と繋がっている」と打ち明けますが、周助が源之丞さんに話しちゃった!ええーーいいの?アイツ絶対怪しいよ!絶対幕府のスパイだよ!なんかいい人そうな顔して僕も協力するよなんて言ってるけど騙されないわよ!もーヤバいヤバい!何?これから山賊を退治しに行くですって!?こりゃ絶対山賊とつるんでるってば!ヤバい!里江さん周助逃げろーー!

<SECOND BRAIN>
なんだろうね〜。なんかこのマンガを読んでると二番煎じともパクリとも言わない「もどき」という言葉が思い浮かんでたまらないのですよ。もどきというのは具体的に何もどきなんだ!と聞かれたらどんなマンガとも言えない「能力バトルマンガもどき」としか言えないというか。



[PR]
by minonetsu | 2014-03-04 00:45 | ジャンプ感想 | Comments(0)