<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北米版キャラクター感想

北米版キャラクターの感想です。

主人公…セリフが無いのでなんとも(苦笑)日本版は周りのキャラ達が個性が強くて楽しくてホント素敵な仲間達で、その中で主人公は楽しかっただろうな~、ロコスがボケてエリスがツッコんでヘラクレスが笑って、それをニコニコしながら見てるんだろうな~ってシーンが想像出来たりするんですが、北米版では英語で読んでてあんまりセリフがダイレクトに伝わらなかった所もありますが、文句や皮肉を言い合ってたりするセリフが多くて仲良し具合があんまり伝わってこなかったんですよ。なんかギスギスしてるし主人公苦労しただろうな~とか。
でも向こうの映画で黒人同士「ニガーニガー」と呼び合ってるシーンなんかを見た事がありまして、向こうでは仲間内で皮肉を言ったりキッツイジョークを飛ばし合うことが絆の強さや仲の良さを表わしてるって事なのかもしんないと思いました。そりゃクールだねブラザー!

ロコス…物語の進行役としてのセリフが多いんで、日本版と北米版とキャラとして変わったような所はあまり無かったと思います。日本版のセリフにプラスでちょいグチっぽいセリフが付け足されてたりしたので、北米版では実は苦労性って所もちょっと強調したいのかなと思いました。

シュキオン…一番変わったキャラですね!日本版では「いろいろありましたが人生楽しんでますよ」風な、辛い事も乗り越えた後の明るさですね。そういう達観したような所が感じられるんですが、北米版では不死でない人間を見下すようなセリフがあったり、まだ自分の不死について悶々と悩んでいるような世の中ちょい斜に構えた暗めのキャラになってます。一言で言えば北米版は「若い」!今度日本版をプレイする時は北米版を思い出しながら「シュキオンも昔はこんなに鬱屈してたのね~」なんて妄想しながらやると良いかもムフフ。

エリス…日本版では口数が少なくて「言いたい事はわかるでしょ」ってカンジなのですが、北米版では主張する所はちゃんと言葉を並べて主張してる所がいかにも向こうっぽいな~って思った。日本ではセリフの多い子供キャラは「こまっくしゃれた子」って印象になっちゃいますもんね。

ヘラクレス…日本版ではセリフのほとんどが「わはははは!」だっただけに(そうでもない)よく補足してくれたな~!同じ「わはははは」でも励ましだったり笑い飛ばしたり分からない所をごまかしたり、日本人ならそういうニュアンスの違いは分かるんですけど、向こうではそういう所もちゃんと説明が無いと物足りないのかも。セリフがいちいちひねりの利いたウマい事言ってるものだから、ミノネツの英語力では追いつかない所が多々出て来て残念。ヘラクレスの言ってる事がわからないなんて~~!ムキー!

<その他キャラ>
エウドロス…こちらもヘラクレスと同じくひねりの利いたセリフでミノネツを混乱させてくれました。何か「アキレスがパトロクロスに手を出そうとして…」と読めそうなセリフがあったんですけどアレ、ホントになんだったんだろ?え~っと、パトロクロスとエウロドスがアキレスの館に案内する所、日本版では「ボスは有名な英雄だ、会っておいて損は無いぜ」が、「He's kind of a big deal.Even Patroclus doesn't give him lip-and she treats all guys like Pegasus poop」となってた所なんですけど。アキレスもパトロクロスにも名誉のかかった問題だよ!?誰かちゃんと翻訳してーーー!日本版では序盤にちょっと触れてただけの踊り子リリィを北米版では後々までちょくちょく話に出してた所が良かったです。日本版では脇役その1といった印象のエウロドスも、しっかり「アイドルヲタ」としてキャラが立ちましたもんね!(それがいいのか悪いのか…)
[PR]
by minonetsu | 2012-09-30 21:50 | ヘラクレスの栄光 | Comments(2)

ヒトカラひさびさ

ひっさびさにヒトカラ行って来たでーーー!張り上げて来たで!声張り上げて来たでーー!あ〜スッキリ。ヒトカラ行くのに慣れたとはいえ、歌ってる時に店員さんが入って来るのはやっぱ恥ずかしいんで、ジョイサウンドに通された時はドリンク来るまで「かよえ!チュー学」とか観てるんですよ。しかし今回最新機種が入ってる部屋に通してもらえたんですが、かよチュー入ってなかったイヤン。面白かったのに残念。あと、チュッチュッチュ、かよチュ〜♪の歌も入れて欲しい。

あと、かれこれ二年くらい前から周りに「金があったらボイストレーニングに通いたい通いたい〜」と言って回ってるのですが、まあ金が無いので通えてないのですが、通ったところで最近みんなでカラオケ行く機会が無いので唄も聞いてもらえんしね!2時間無料のレディースデーがお似合いなのさ…フフフ…。でも金があったらボイトレ通いたいぜ。

<就任2年目ロシナンテせんせー>
a0088975_1830811.gif

オチは無いので3コマ目は見なかった事にしても意味は通じる親切設計!ミノネツはロシ×ロシを応援しています(活動してる人見たことないけど)

あと、これまでのマスケティアネタも「三銃士」からカテゴリ「ネタ帳」に移しました。いや別にマスケティアは三銃士と認めん!って訳じゃないよ!三銃士がいろいろあってごっちゃになってきたからなのよ!
[PR]
by minonetsu | 2012-09-27 19:01 | ネタ帳 | Comments(3)

北米版やりなおしレビュー<その16>

これで北米版レビューファイナル!うおー長かった〜〜。ミノネツはがんばった!

ネタバレ満載なので畳みます。

More
[PR]
by minonetsu | 2012-09-16 21:35 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

北米版やりなおしレビュー<その15>

大分間が空いてしまいましたが(フランス旅行行ってたザマスから〜オッホッホ)レビュー再開!

◯コーカサス山でシュキオン達と合流した主人公達、そこにはなぜかピアザ姫もいました。ここでロコスの不死の理由と出生の秘密が語られます。

ネタバレあるので以下たたみます。

More
[PR]
by minonetsu | 2012-09-13 20:53 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

飯田行ってきた

a0088975_13121710.jpg

こんなド平日に飯田の人形美術館行ってきましたよ!(ホントは水曜日に有休取ってたのだが、水曜は休館日だった。危なかった。)名古屋からバスで2時間、往復4,500円くらいで行けるのね~?一時間に一本は出てるし、こんなに便利に行けるとは知らなかった。

展示室は撮影禁止なんですが、ガラスケースなどの囲いも無くこれでもかってくらい顔近づけてじっくり鑑賞出来ました(人もいなかったしね!)。kababonさんのブログにもありましたが、アラミスを後ろからそっと見つめるコンスタンスの図が見られただけでももう満腹よ!展示は9月17日までだそうですが、解説とかももっと充実させて常設展示にして欲しいわ~。せっかく人形の街に引き取ってもらったんだしね!このまま倉庫にしまっとくのはもったいない!

あ、あと地元の人達で込み合うラーメン屋に入ったんですけど美味しくなかった…。喫茶店のかき氷も氷がガリガリでイマイチだった…。

<(株)ポケモンの資金力を見よ!>
a0088975_13121744.jpg

名鉄バスで行ったので、名鉄で岐阜まで帰ろうと普段乗らない名鉄に乗ったら、乗り換えのアナウンスがボソボソで全然聴き取れなくてうっかり乗り過ごして全然知らない駅に連れてかれて名古屋から岐阜まで30分で帰れる所1時間半はかかった。チクショウ名鉄め……!しかしポケモン電車に乗れたのでまあ良し。電車の外装はモチロン中身まで全部ポケモンだよ!ここまで徹底するなら車内のニュース流れる蛍光版のやつも中日新聞ニュースじゃなくてポケモンニュースにしちゃえば面白かったかもしんない。
[PR]
by minonetsu | 2012-09-07 13:12 | ミノネツトラベル | Comments(2)

ジャンプスクエア10月号感想

<クレイモア>
先号で組織支給の装備をあっさり着てるな〜?と思ってたら、「組織の戦士としてやりのこした最後の戦い」という意味合いがこもっていたのね。そんなわけでプリシラとの戦いに臨むミリアチームの皆さんの組織に加入した時期が明かされました。

ユマ…129期
シンシア…132期
タバサ…141期
ヘレン、デネヴ…135期
ミリア…127期
クレア…150期

ユマさーーーーーん!!!ユマさん大先輩やないですか!ベテランやないですか!そうか…妖魔との厳しい戦いの中、後輩の小娘ども(主にシンシア)にコケにされながらもヘタレポジションを貫ぬいて生きて来たユマさん。今まで命を落とさず覚醒もせず生き延びることとが出来たのも、これもユマさんの「なんとしても生き延びる」という一つの戦いだったのかもしれません。自分の弱さを自覚し、強い物に守ってもらう、守ってもらえるようなリーダーや仲間を見ぬく目を持つ。そういうものを長年の戦士の経験から培っていたのですよユマさんは!多分!素晴らしい!たまらん!ヘタレの星!最後の大ゴマでもクレアとデネヴの肩にかくれて顔が半分しか見えないユマさん!ユマさんはやっぱブレないね!他の戦士達もユマさんのように己の弱さと仲間内でのポジションを自覚し謙虚になれたらもっと平和に生きられたんじゃないかな?

<新連載:終わりのセラフ>
吸血鬼が支配する世界。謎のウイルスが蔓延し人間は13歳までしか生きられない。うおうカッコイイ!こういうの好きだわ〜〜。で、優くんとミカくんは同じ孤児院の子供たちを連れて吸血鬼の館から逃げようとするけど、吸血鬼のおにいさんはお見通しで、子供がばっさばっさと殺されて……うおっほっおおうおう……女子供と言えど容赦ないのが山本先生の持ち味と言えど子供が死ぬ話はツライ。で、なんやかんやで優くんだけ逃げ延びたのですが吸血鬼に対抗する人間側の組織の人もまるで善人に見えない所がもう…逃げ延びた先が本当に良い所なのか全然先が見えなくて面白かったです。面白かったけどもう子供殺さんといて。ミカくんはこの先吸血鬼側の人間となって再登場に一票といいたいところですがそう安易な方向にはもってかないですよね?

<貧乏神が!>
チシャさんが「仲間の貧乏神達は死んだ」とうっかり洩らしたところが、どうして墓穴を掘った事になったのかちょっと分かりづらかったです。あとはもう「市子、神になる!」でドッカンドッカンでしたね〜(何だ)んでもって意識朦朧の中で市子を応援する紅葉が感動モノだったのですが(その後の市子の「てへっ」も良かった!)でも何だか朦朧感が足りなかったというか、どうもセリフがかってていたので、後で「アレは演技に決まってるじゃないですか」と言い出すんじゃないかと。でもそっちの方が紅葉らしいかな?

<この音とまれ!>
ちょい生意気で超お琴の上手い女子部員が入部しました。女子部員入っちゃったよ〜。もうちょっとおとこだけのおこと部やって欲しかったな〜。そしてタイトルも「おことぶっ!」に……。まあとにかく女子部員の凰月さんがお琴ウマイの鼻にかける典型的な生意気女でどうしようかと思いましたが、ヘタレ部長と不良と女子部員、それぞれに真剣にお琴に取り組みたいという心があって、それぞれに良い所があるというのが描かれて気持ちよく読めました。校長先生はやっぱいい人で良かった。

<あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない>
ニセめんまの正体は女装ユキアツ………やっちゃったーー!女装はアカンやろ!台無しやろ!いろいろ台無しやろ!もうちょっと具体的に言うとどんなシリアスな作品も、クールな美形でも女装やったら一発で情けないカンジになっちゃう台無し感だよ!あのヨハン(MONSTER)でさえ台無し感ハンパなかったもん!そしてめんまの死や女装を乗り越え今までのわだかまりを捨て深まった超平和バスターズの絆。絆スゴイ。

<ごきげんステディ>
小ネタ集。吉野川先生はきっと下ネタやブラックな笑いで押していこうとしてるんだと思うのですが、私はトンちゃんとキムタケのカップルの話が一番好きだし面白いと思いました。やっぱりギャグ漫画には愛が無いと!

<探検ドリランド>
ウムム……やっぱり等身とかディフォルメとか不安定で見ていてツライ…特に扉絵…。「絵だけマンガ」なら一枚絵くらいちゃんと描いて〜〜!絵だけマンガじゃないぞって言うなら世界観というかハンターという組織の仕組みやルールをちゃんと描いて〜〜〜!てか今の執事と昔の執事の絵が違いすぎて(「全然違うよ!」ってギャグでもない)「ミコト姫のクールな執事は昔荒くれ者のハンターでした」という今回の話のキモも全然印象に残りませんでした。頭のスクリーントーンが同じってだけで同一人物と主張されても…

<タレント暴走記koppy>
前回一番インパクトのあったマネージャーさんですが(いやkoppy先生ご本人が一番インパクトあるんですけど)この人でネタ作ろうとすると「マネージャーさんにいじめられる私」的な話になりがちだと思うんですけど、そうではなくマネージャーさんのいい所を取り上げてネタ作ってるところが良いね~と思いました。

<戦勇。>
うおう、今回も面白かった!へ〜アニメ化ですか!?こりゃ楽しみ〜ウチの地方でもやってくれたら見るぜ。ツッコミ役の勇者ががいなくて魔王ちゃんのボケに対応出来ない戦士見て勇者と戦士ってなんだかんだで良いコンビだね!って思っちゃったんだぜ。くそう。今回勇者がヒドい目に遭わされなかった分、花火職人がかわいそうな事になってしまいました。まあこれくらいなら……ギャグの範囲内…いややっぱ可哀想なので後でフォローしてくれたらいいな!
[PR]
by minonetsu | 2012-09-04 00:02 | ジャンプ感想 | Comments(0)

南仏ダル祭りレポ<その6>

ダル祭りの会場近くにある(るいさん曰く10年くらい前に初めて来た時から展示物の内容が変わってない)ダルタニャンセンターも見学しました。音声ガイドもついてるんですが、どういう仕組みになっているのか展示物の前に来ると自動的にガイドが流れる設定になってまして、展示物の前でずっと立ってないと最後まで説明が聞けないのです。ちょっと離れると別の説明に切り替わってしまって、あーー!イライラするーーー!でもまあフーケ様の肖像画と説明があったので良し。

ダル祭りのフィナーレは何か劇をやるということで、開演1時間以上前から最前列陣取って待ってました。午後8時半を過ぎようやく暗くなった所でいよいよ開演!三銃士っぽい話なのかな〜?と思ってみてたんですが、一向にダルタニャンらしき人物が出てこない…チャンバラらしき物もやる気配ない…村人が数人ずつ入れ替わり立ち替わりなんかしゃべって退場してのセリフ劇でした。時々笑いが起こったり、周りの観客の反応を見てると面白い劇だったんだと思うよ!最前列に反応の薄い日本人4人が張り付いてて演りづらかったろうな〜。kababonさんによると「ダルタニャンスピリットを受け継いで頑張って行こうとする村人達の話だったのでは」ということで落ち着きました。

というわけでダル祭りレポでした。今回行ったのはプレイベントみたいなもので、史実ダルタニャン生誕300年になる2015年が本番だそうです。てか1615年生まれのフーケ様もちょうど300年祭じゃないですかーー!ヴォーのお城とコラボとか何かやってくれないかな〜?いや、コラボでなくてもヴォーでも何かやってくれるはず!パリとガスコーニュでかなり遠いけど次のフランス旅行は2015年!フーケ様とダル聖誕祭イベントを視野に入れてガンバリマス!

<それでは最後どうぶつさんギャラリー>
◯オーシュのお花屋さんにゃんこたん!
a0088975_2121870.jpg

今回死ぬ程暑かったということもありまして、ノラにゃんこたんも出歩かないのか、にゃんこたん成分が足りなくて困った!足りなさすぎてムズムズイライラしていた所、最終日のアラミッツ村で3匹も見れたので(写真は電池切れで撮れませんでした)これもアラミス様のお導きだと思います。

◯ダル祭りのロバとか
a0088975_21205649.jpg

◯これは牛ですか?いいえ馬です。
a0088975_21204139.jpg

[PR]
by minonetsu | 2012-09-02 21:55 | ミノネツトラベル(海外) | Comments(2)

オメガのΩはタコに似てる

今日はまなちんが撮りだめしてくれたオメガと深夜のおっぱいアニメ観ながらダラダラとタコ焼き焼き大会でした〜〜。

ストーリーの方は毎週観てるはずのみかてぃちゃんも「よくわからん」そうなのので、話を追うのはあきらめて見所ポイントだけ見せてもらいました。市さんのあんまりな扱いにガッカリ。なんで学校で小宇宙教えてもらうようなガキ共に哀れみの目を向けられにゃならんのだ……ここは激さんの熱血指導でしょ!市さんがグレたなら、かつて共に戦った仲間として激さんが拳で更生させないと!そっちの方が熱いでしょ(ストーリーはよくわからんので適当こいてます)!そして次のコミケで市さん激さんの薄い本がいっぱい出るといいと思うよ!

ハイ次。次の見所は瞬たんのおさいふでございます〜〜〜!むにょ〜〜!瞬たんの!瞬たんのおさいふフフフ〜〜〜瞬たんお財布はお花の種がいっぱいつまったピンクのがま口……ピンクのガマ!女子力高すぎやーーーー!!もうたまらん。かわいすぎる。お花のワンポイントが無いのが不思議すぎる。わし座の女の子が瞬たんのお花の種と路銀の入ったお財布を落したのでみんなでペンションでバイトをするというどうでもいい話でしたが忍者座の子がちょいちょいクールボケをかましてくれまして和んだ。「忍者座の子はブレないね〜」というのが私たちの統一見解です。

あとそれから氷河(スタッフロールでは「謎の男」)が出てセル画の枚数が足りないようなキグナスダンス踊ってたんですが、私は別に氷河ファンでもないので特に何もありません(何が)。氷河が出た事だし、さあ残すはお兄ちゃんだけだ!お兄ちゃんの出番が楽しみすぎる!そもそも出番はあるのか?という意見は却下。デスクイーン島で変な仮面被って子供しごいてるのかな〜?ウフフフフ〜。光牙たちはクリスタルを集めてるみたいなので集まった所を横取りかしら〜〜?やっぱり瞬たんのピンチに出てこないとね〜瞬たんのお花屋さん兼診療所が襲撃されるのよね〜〜ウフフフフ〜〜〜。いろいろな妄想が湧いて出て、は〜たまらん!まなちん案の溶岩風呂は残念ながらリボーンでやっちゃったのよね…

その他いろいろ深夜アニメを流し見。おっぱいアニメかと思ってたら絶望的な戦いの中女の子たちが次々と悲壮的にグチャドロになって死んで行って、こりゃ侮れんぜ!と思ってたら3話目(その戦いから3年後か5年後か)で「オレの事は◯◯って呼んでいいぜ」なんてみんなニックネームで呼び合ってるような話になっててトホホ〜〜ってアニメとか見てました。氷菓は面白かったです。あれ高山が舞台のモデルなんだ〜。
[PR]
by minonetsu | 2012-09-01 23:59 | 日記のようなもの | Comments(2)