<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ズラじゃなくてヅラじゃなくて桂

<全くフラグ立つ要素無いペアルック>
a0088975_23161481.jpg


というわけで前回の日記はズラじゃなくて「ヅラではない!桂だ!」のヅラでした。漢字ならまだしも(それもよくない)ひらがなカタカナまで間違えてるもん…バカ丸出しついでにちょっ、ちょっと聞いて下さいよ奥さん!!!イソッペの元ネタのイソップって古代ギリシャの人だったんですってよ!(オルビスのカタログの記事にに乗ってた)知らんかった!マジで今日の今日まで知らなかったです私。てっきり18世紀のドイツの人だと根拠も無く思い込んでました。
[PR]
by minonetsu | 2011-06-29 23:22 | メルヘン王子グリム | Comments(0)

今週のグリム感想!

<えーなに この変なとこだけリアルなシステム>
a0088975_20142143.jpg


あーあかん。まとまって来た…まとまって来たーーー!伝説の橋の上で桑マンの告白を妨害しようといろいろあっててんやわんやで駆け付けたヨコチンにグリムが告白→おめでとう!という流れを想像…ていうか期待していたのですが、くっ!少女漫画の足ながっ!少女漫画イソッペは90年代池野恋先生調だね!ときめきトゥナイトじゃなくて、もっと絵柄がこなれて来たナースエンジェルの時くらいの。ここで美内すずえ先生の絵柄みたいないかにもな60年代少女漫画調にすれば簡単に笑いが取れそうな気がするのですが、そういう分かりやすい顔芸に走らないのがグリムのスゴイ所なのであります!…画力の問題しれんけど。今週のツボはヘリから金(3千円)をばらまくイソッペと4度の玉砕にも拘らずあきらめの顔も見せない好沢君です!そして今週も佐藤君がじわじわきてます。

あーそれにしても「もっと告白がみたいよ」のグリムの手の組み方が!なにこれかわいい!かわいすぎる!真ん中で手を組んでるのではなくて左手を倒している所がポイント!ナチュラルでこんな仕草出来るのメルヘン王子以外いないよマジで!んもう超かわいい!

前回、前々回とイイネボタン押して下さってありがとうございます!いつもグリムばっかりの記事でスミマセン!しかしとにかく語らせてくれーーー!……多分…あとそんなにないだろうから……(泣)
[PR]
by minonetsu | 2011-06-27 20:53 | メルヘン王子グリム | Comments(3)

ファンタジーとメルヘンの境界

<一緒に遊ぼう!>
a0088975_22153811.jpg


描いた後で思ったのですが妖精さんはメルヘンとは違うような気がする…どっちかっつうとファンタジーだよね!で、ファンタジーな絵はよく見るけどメルヘンな絵というのはあまり見かけないような気がして「メルヘン」で検索してみたら、なんかもう気持ち悪い絵がわんさか出て来てビックリしたのでありました。ファンタジーの絵がダークファンタジー的になったような怖い絵じゃなくて、とにかく気持ち悪くて怖い絵。カワイイ物をわざと露悪的に描いてるような、本当は大人が描いてるのに子供が描いたようにヘタクソに描いてて、目が大きいお姫様の絵で、クレヨンの色をガーッとはみ出して塗って、お花畑でお花にかこまれてて、このお姫様は実は死体でしたみたいな。あわわわわ!何だこの病みっぷりは!私が現役を離れていた間(いつだ)に日本のメルヘン界はこんなことになっていたなんてー!そりゃ詩とメルヘンも詩とファンタジーに名前変えるよ……トホホ…。

でもこんな絵はメルヘンじゃない!と言いたいわけじゃなく…これはファンタジーじゃなくて、確かにメルヘンだよな…。うん、コレをメルヘンに分類した人の気持ちは分かるぞ!どこがどうメルヘンでどういう風にファンタジーじゃないか、自分の感覚でしか線引きできない物を一般化するのはとても難しい事なのですが、メルヘン王子グリムに出て来るメルヘンはメルヘンだ。シンデレラもこぶとりじいさんもメルヘンだし、エクスカリバーもメルヘンだ。さっきファンタジーと言ったけどグリムに出て来るならきっと妖精さんもメルヘンだ。メルヘンとファンタジー、境界のあいまいな物をちゃんとメルヘンとして描けているこのオールオーバザメルヘンワールドな世界観!王子グリムは素晴らしい!素晴らしいのよーーー!(これが言いたかった)
[PR]
by minonetsu | 2011-06-26 22:14 | メルヘン王子グリム | Comments(0)

流せ流せ!!

a0088975_22192338.jpg

今日は特に書くことないんですが、あ、おりこうかわいいにゃんこを越えたにゃんこラブラブラブリー超にゃんこシーマちゃんがネズミ獲ったんですが、まあとにかく下の日記を早く流したかったので特に何もないけど日記です。いや〜自分でやっといて何ですが、ブログ開いてギョッとしたよ!
[PR]
by minonetsu | 2011-06-24 22:13 | メルヘン王子グリム | Comments(0)

注目の深夜番組

前回、前々回とグリム記事にイイネボタン押して下さってありがとうございました!嬉しいですーー!!というわけでお礼の気持ちをこめて描きました☆
a0088975_2275593.jpg

最悪や!
でもこういうのって人肌でぬくとまってマズくなるし汚いし、実際にはやりたくないよね…あとシュキオンと同じ顔だと思っても口に出して言わない!描き分けできない子なんだから!

それはそうとバサラ繋がりで「戦国鍋」って深夜番組が面白いと教えてもらったので、早速観てみたのであります。川中島高校の覇権争いとか何とか7本槍ってアイドルグループとか、友達の話からゆる〜いバカ番組かと思っていたら結構真面目な作りで、大笑いどころかフムフムと感心しながら見てしまいました。いや、確かに何とか7本槍とかチープ感丸出しなんですが、全員ちゃんとしたイケメンジャニーズ顔だし振り付けも様になってるし、キャバクラのセットもちゃんとしてるし女の子達もかわいいし、全体的にゆるゆるでも無駄に本格派。う〜ん深夜番組といえばタモリ倶楽部くらいしか見てなかったんですが、こりゃ楽しみが増えましたわ。来週も録画だ!
[PR]
by minonetsu | 2011-06-22 22:35 | メルヘン王子グリム | Comments(2)

男なのに女体盛りだってぇーーー!??

<わたしの家〜の 電話番号が 男名前で、書いてぇ〜あるぅ〜〜♪>
a0088975_211243.jpg


な…何だかまとめに入ってしまった感ありますが…今週も面白かったーーー!何ですかもう?今週は好沢くん祭りですか!?何故かヘビに呑まれるかわいそうな好沢くん、女湯を守るカッコイイ好沢くん、丸見えスポットに胸ときめかすかわいい好沢くん、好沢仮面4連チャンにやっぱりかわいそうな好沢くん(正座)。コンスタントに好沢くんで笑いをちりばめつつも、今週一番笑った所は「発育の向こう側」でした。佐藤くんがじわじわ来ています。どうでもいいですがダンテがおにぎりの事を「握り飯」と言ってる所が何か良かったです。確かに地獄王子ならおにぎりとかおむすびじゃなくて握り飯と言った方がしっくり来るよね…う〜ん、おにぎりの呼称一つも手を抜かない!さすが渡邊先生だ!

そしてグリムの女体盛り…ど、どこから食べるんだ!どこから食べたらいいんですか先生!(大興奮)もう女湯とかいいから夜の旅館でクラスの男子全員から体を(箸で)ついばまれるグリムの話を描いて欲しいです!よろしくお願いします!
[PR]
by minonetsu | 2011-06-20 21:21 | メルヘン王子グリム | Comments(0)

戦国BASARA観に行った

ゲームやった事無い!アニメ観てない!スクエアでやってた漫画は全然意味が分からんかった!そんなミノネツの映画戦国バサラ感想です。
<シールがもらえたよ!>
a0088975_17223251.jpg

写真は裏紙部分です。何だこの長い人(顔が)……。シール部分には石田軍の心得が書かれております。心得の一つ、「死してもなお舞い戻るべし」無茶苦茶言ってます。

◯午前中にチケット買いに行ったら午後の部一回目がすでに売り切れてた。恐るべし女子中高生!
◯上映前に戦国バサラのキャラが「上映中のマナー」を解説してくれます。面白かったです。
◯本編前に「3分で分かる戦国バサラ」(単体の映画に変なんですけど)的なものがあったのですが、すごく分かりやすかった!これで予備知識バッチリ!
◯スクエアでやってた漫画もそういう所目指してたんだと思うんですが、アレは全然意味分からなかった。本当に分からなかった。伊達政宗と真田幸村は何で戦ってたんだ…?
◯主役のミッチーは「豊臣秀吉様はとても素晴らしい人なので豊臣に従わない人間は全員死ね」という主張を繰り返すだけの人で気持ち悪かった。
◯じゃあ豊臣秀吉はそんなに素晴らしい人だったのかというと、そこが全然分からなかった。よく分からない人の事を素晴らしい素晴らしい死ね死ねと連呼するだけの主役のミッチーがますます気持ち悪いというスパイラルです。
◯で、主役のミッチーが大軍率いてリベンジしてくるんですが、「死んでも舞い戻れ」とかムチャ振りの酷い石田軍入りたい人いるんか!!?
◯主役のミッチーは他の武将に比べて人徳でまとめるとか、どう見ても大将の器に見えないのに何でこんな大軍が…妻子を人質に取られてムリヤリかり出された人たちなんだろうと思うしかないのか?まあ実際の戦争も無理矢理かり出された人たちの集まりなんですが…。
◯もう一人、主役じゃない方のミッチーが出てきましたが、「気持ち悪い人だな〜」と思ったあれがミッチーだったなんて!気持ち悪いミッチーが二人も出て来るなんて……!!!
◯ホンダムの存在は知ってましたが、まさか空も飛ぶとは…!超和んだ。リアルで「ブホッ!」って吹き出した!
◯伊達政宗の舎弟たちが鍛冶屋で鍛えて贈った物は、刀の斬撃も跳ね返すニュー眼帯かと思ったら違ってた。まあ跳ね返したけど。
◯「鍋のニオイがする」で館内笑いの渦に。バサラファンはここで笑うのがお約束の様子。よく訓練された女子中高生たちだぜ!
◯ハウルの動く城が出て来て笑った。
◯ハウルの動く城2台目!1台目に衝突した所がめっちゃ面白かったんですけど、女子中高生にはウケてなかった。ここは笑う所じゃないのか…?
◯机で飛ぶ人と主役じゃない方のミッチーが主役のミッチーを使って織田信長を復活させる計画だったそうです。
◯計画通り織田信長は復活したのに、机で飛ぶ人が織田信長の攻撃から主役のミッチーを庇って死んだ所がよくわからない。
◯織田信長のセリフ9割方聴き取れませんでした。「きんぞくーー」「ぜひもなしーー!」
◯気持ちの悪いお市っちゃんが主役じゃない方のミッチーと織田信長を倒して終わり。
◯ハウルの二人は話に全然関係なかったけど、まあ二人ともカッコ良かったから良し!
◯エンドロールは名も無き雑兵達のダンスで締め!館内大爆笑!これはお約束でもなくサプライズ演出だった様子。純粋に笑えた。

総括:最後のダンスに全部もってかれた感ありましたが、ファンのための内輪ウケな内容でもなくストーリーもだれる所も無く楽しめて面白かったです!ゲームをやるならハウルの二人を使ってみたい!
[PR]
by minonetsu | 2011-06-19 18:09 | 映画のカンソウ | Comments(4)

検索ワードが面白い

仕事場のパソコンで自分のブログをチェックしてみたら絵日記が開かなかったんですけど。

それはともかく私のブログを見に来て下さった方の検索ワードを見てみたら「スケットダンス 吉沢先生」(ちょうどアニメでやってる頃だから?)「鍵人」(随分昔の打ち切り漫画だよ!)「噴水広場でおちこんでるダルタニアン」(具体的だ!だけどそういうシーンあったっけ?)いつもはジャンプスクエア感想関連で埋まってるのですが、今月はバラエティに富んでいて面白いです。だけどこのブログで一番メインにしているつもりの「ヘラクレスの栄光」で来てくれた人は今までだっていやしねえ………(泣)

そんな訳で「メルヘン王子 好沢」で検索して来て下さった方に捧げる漫画です。

<好沢くんと村田くん>
[PR]
by minonetsu | 2011-06-17 23:04 | メルヘン王子グリム | Comments(2)

グリムかわいい(またか)

a0088975_20211934.jpg


ついに掲載順が……私が面白い!と思ったマンガは掲載順がアレでもそこそこ続く(単行本5巻以上)ジンクスがあると思ってるんですけど、サイレンとかもて王とか保健室の死神とか…一時期アレだったスケットダンスはアニメにもなってるし。なんとかならないの!?なんとかしてくれー!ホントに面白いんだから!!!

それにしても今週グリムかわいかったな!いや、いつもかわいいんですけど。「きもだめ師匠!」「やるともさ!」「明日の今ごろはすごいよー」肝試しの話なのに始終ニッコニコでゴキゲンなカンジがホントにかわいい。あと好沢くんもかわいい。今週でついに自分の立ち位置に気付いた様子なので今後調子に乗らなければとも思いますけど。マリーアントワネットの首飾りが160万リーブルというマニアックな所はちゃんと押さえてあるというのに、鶴の恩返しの鶴の名前が間違ってる所もかわいい。”おつる”じゃなくて”おつう”じゃなかったっけ?

*あれから考えたんですけど”おつう”は鶴の恩返しの舞台化の時に便宜上つけた名前なのでグリム版の鶴は”おつる”なんだよ!という解釈でいいかもしんない。むしろ舞台関係者からクレームが来るのを避けるためにわざと変えたんだよ!さすが渡邊先生!

最後のアルプスの少女ハイジはイソッペ達が気絶してしまうくらい怖い!ということは表現出来ていて、それでいてギリギリの所でのほほんとした雰囲気が出てるのが良かった。これが(学園妖怪もののジャンルとして)地獄先生ぬ〜べ〜だったらシャレにならん怖さになってたと思う。
[PR]
by minonetsu | 2011-06-13 20:52 | メルヘン王子グリム | Comments(0)

ルーマニア土産

ミノネツパパンがルーマニア旅行から帰って来たんですけど
a0088975_13434044.jpg

な、なんか土地と家買って来た………(茶色い流し台みたいなのはストーブだそうな)税金とかどうなるんだ…?
[PR]
by minonetsu | 2011-06-12 13:43 | 日記のようなもの | Comments(5)