<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

北米版マジパネエっス

ええと若者言葉の用法はコレで良かったでしょうか。北米版一周目クリアーしました。英語でも日本語でもクリアーした時の感動は変化無し!あああ…本当に面白い素晴らしい感動の最高のゲームなんだぜ……。そして日米版問わずクリアー時間25時間(初めての時は50時間以上かかりましたが)レベル44と、やっぱり同じ様に落ち着いてしまう神の采配としか思えないゲームバランスです。低レベルクリアーとかチャレンジ出来る要素が無いのが残念ですけど。

セリフで変わった所はヘファイストスが去った後
ロコス「もしおじいちゃんが不死じゃなかったらいい医者紹介してあげるのにな。」
これはヘファイストスがゴホゴホ咳をしながら話すキャラだったので。こんなちょい役にもちゃんと性格付けしてくれるなんて!いやあもう本当に素晴らしいわ!後はテュポーン対決前のヘラクレスの「思えばあの男も…」の所がダイダロスの心情を説明してくれるような長いセリフになってました。

ざざっとプレイしてみての感想ですが、敬語とか「〜だぜ」とかの表現が無い分、口癖でキャラクターの個性を表してみたり、上のヘラクレスみたいに日本版では「うん」とか「ありがとう」だけだった部分が、その時の心情を分かりやすく説明するセリフを補足してくれたり、教科書以外の英語の文章読んだ事ないので、エンターテイメントの分野での英語はこんな風なんだととても勉強になりました。頑張って買った甲斐あった!

んでもってちょいと2週目やってみましたが………

迷いの森と最初の村すっ飛ばせます!
◯タッチペンでドアをタッチしてみましょうとかのいちいちめんどくさい説明はカット!酒屋さんでミルクを買いましょうとかの説明もカット!妖精さんの魔法強化やスキルの練習モードもカット!うおおおおおーー!これは嬉しい!
◯戦闘して稼げるお金が2倍になる!
日本版のめんどくさかった所は全部カット!実に消費者の意見を取り入れた仕様になっております!素晴らしい!妖精さんの活躍の場がなくなってしまったのは残念ですが。

でもまあ私はエクストラバトルが好きなので2週目はおいといてエクストラバトルやってます。ここまでほぼ日本版の不満点を改善してある北米版、もしやと思ってましたが………まずはメインキャラで117戦しないとサブキャラが使えない(多分)鬼仕様は変化無し!おおおおーーーこれは個人的に嬉しいわ!いきなりデクレオスとか勢揃いだったら拍子抜けだもんね〜〜!いやあ改良すべき点残す点そのへんの線引きをちゃんと分かってらっしゃいます素晴らしい。いよっし!エクストラバトルがんばるぞ!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-27 19:32 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

新・三銃士感想<第27話 三銃士との決別>

噴水広場でアラミスとダルタニアン夢の対決です。
◯アレ?あっさり決着ついちゃったな?ダルタニアンの剣をはじき飛ばしてアラミスの勝ち。
◯「そうだ!前に出ろ!」こっそりダルタニアンを応援しているアトス。親心ですな〜
◯それにしても剣劇シーンがカッコイイです!せっかくの夢の対決なんだからもっと長く見せてくれてもいいのに!アラミスとダルタニアンの対決、あれだけ盛り上げて引っ張ってこれだけ!?
◯「私はコンスタンスの事は何とも思っていない。君の誤解だ」アラミスはそういうけれど、はたしてそうなのかな〜?

下宿に戻ったアトスとポルトス。アラミスは暇つぶし用に本を届けてあげるとコンスタンスの所に行くそうです
◯「アラミスは本気でコンスタンスの事が好きなのかな」個人的に白アラミスは「かわいい妹」程度に思ってて欲しいものですが、ポルトスに言われるとやっぱりコンスタンスの事が好きなのかと思っちゃうわ……
◯「お前はダルタニアンに厳しすぎるぞ」もうホントに頑固オヤジとおかんの会話ですね

「パーティを開いてマントもプレゼントした!優しくしてやってるじゃないか!」とゴネるアトスですが、ポルトスは「プレゼントなんかよりダルタニアンはアトスに優しい言葉を掛けてもらえればそれで良かったと」アトスを諭します。
◯「オレはベルトランに優しい言葉なんて掛けてもらった事無いぞ!」…うおう!いきなりベルトランってなんだよ!ビックリしちゃったじゃないですか!どうやらベルトランはアトスに厳しくあたっていた様子。
◯でもひたすら厳しいだけだったらアトスだってダルタニアンを息子の様に思えることは出来なかったはず。これからダルタニアンから父親のように慕われる様になるには、きっとベルトランがそうだったように厳しい中の愛情を表現出来るかでしょうかね?ガンバレ新米パパアトス!

ダルタニアンは一人残ってプランシェと反省会。落ち込むダルタニアンの前に現れたのはミレディ!
◯ウザイと追い払おうとするダルタニアンですが、ミレディは何かと絡んできます。これは何かあるぞ!?
◯「三銃士達は首飾り事件で手柄を立てたアナタをやっかんでるのよ」「こんなに勇気があって賢いアナタを認めないなんて!」相手を持ち上げつつ自分だけがあなたの理解者だと諭しつつ自分のフィールドに引っ張り込む。ううむ毎度ミレディ様の話術は相手に口を挟む隙も与えません。ビジネス書とか書いたら売れるよ!

コンスタンスに本を届けたアラミスですが、シスター達と一緒に夕食でもどうですか?と、コンスタンスに引き止められます。
◯気をつけろ!その夕食は毒入りだーーーー!いやいや、「自分に気があると知っていながら一緒にご飯食べに行って期待させてしまった」と反省していたコンスタンスですが、アラミスを夕食に誘うのはどうなの?裏を返せばアラミスの事も何とも思っていないってことかしら?
◯そしてアラミスもついつい誘いに乗っかってしまいます。シスター達も一緒だから変な事もないかな…?大丈夫かな?フフフ……

「飲みに行きましょ!」と強引にミレディの隠れ家に引っ張ってこられたダルタニアン。ここからミレディのダルタニアン陥落作戦が始まる!ちびっこは見ちゃダメだ!
◯「これでも食べてってよ」あまり手が込んでなくても意外に美味しい手料理!で家庭的なアタシをアピール!
◯「雨漏りも自分で直したのよ」意外にたくましいアタシ!
◯ちょっぴりドジなアタシ!
◯「悪い人なんていない生き方が不器用なだけ」世間から受け入れられない孤独なアタシ!
◯そして必殺「服にワインをこぼす!」少年マンガだったらここで「服を脱いで」という展開になるんですけど。
◯で、出たーーー!「めずらしいわね、普段は人になつかないこの子が」ーーーー!「動物は本能的に人間の本質を見極める」という人間側の幻想を利用した見事な攻撃ですね。
◯ええもうありゃ幻想ですよ幻想。だって私はこんなに心優しい人間でシーマちゃんラブラブなのに…シーマちゃんシャーーって言ってなかなか触らせてくれないだもん……んもうシーマちゃん超カワユイ。
◯いやもう人形の顔が!ダルタニアンの目がアニメ三銃士のミレディの催眠術にかかった人のポワワワ〜ンとした目に見えますもん!

ダルタニアンを抱きしめるミレディ…抵抗出来ないダルタニアン…そしてロウソクの火が消え………

誰もいない下宿…帰って来たダルタニアンは一人荷物をまとめます…「もう、三銃士のみんなとは一緒にいられない…」
◯ナレーションも何だかいつもの調子と違うぞ!?
◯三銃士の決別っつうから、てっきりアラミスとの勝負に負けて意地はって帰るに帰れずに親衛隊に入って決別かと思っていたらこういう意味で決別だったとは!
◯ミレディの線は消えたと思った「見所は三角関係」がまさか復活するとは!いや、てっきりミレディを挟んだ三角関係だと思っていたら、まさかダルタニアンを挟んだソレだったとは!
◯アトスがこれを知ったらどうなっちゃうんでしょうか?元嫁と息子に裏切られたようなモンですからね。
◯ほらもうあのときアトスが優しい言葉かけてあげなかったから!悪い男…間違えた。悪い女に大事な娘…間違えた。息子キズモノにされて、どうなの!ちゃんと責任とってくれるの!?
◯これだけぶっ飛んだ展開でありますが、ダルタニアンとミレディが関係を持つのは原作通りなんですよね…もうストーリーは全然違うのに変な所で原作に忠実だったりするから目が離せないのです。

こうして三銃士と決別したダルタニアン!そしてダルタニアンを陥落したミレディの目的は!あとそれからバッソンピエールはどうなった!?あすかさんのブログでやっとその存在を思い出す始末だよ!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-26 23:07 | 三銃士 | Comments(3)

ギリシャやばい

いやあ大変な事になってるみたいですねギリシャ。今年もまた秋くらいに行きたいと思ってるのですがはたしてどうなるやら。

それはともかく北米版です。ただ今シュキオンが半裸になった所です。と、おわび!デクレオスのセリフの中にbloodlyという単語がちょくちょく出て来て(デクレオスの口癖?)以前「血なまぐさい話をするな!」と訳してたんですが、こりゃもしかして程度を表わす用法でのhardとかheavyのような使い方なのかもと思いました。「絶ーー対にオレの話をするんじゃねえ!」というカンジ?まあそういうことで血に弱いおやびんの件はミノネツのデタラメ翻訳だったということにしといてください!変な妄想しておやびんごめんよ!んでもって合体後シュキオンはセリフの中にyes,yesとbloodlyが混在してなかなかカオスです。さあクリアーまで後ひといき!

◯またもやシュキオン残念!
日本版「きれいな顔のおじさん、ここはどこ?」
北米版「そこの面白い人たち、ここはどこ?」
再び子供に戻って記憶がなくなったエリスのセリフ。日本版のこのセリフ好きだったのにな〜シュキオンの何たるかを的確に表現しているじゃないですか!

◯「我々でテュポーンを倒せるかもしれない」というシュキオンに…
日本版「わはははは!それなら話が早い」
北米版「今までの話はちんぷんかんぷん(Greek)だ!しかしこの話ならわかるぞ!ギリシャ人(Greek)だからな!」
で、でたーーー!ヘラクレス渾身のギリシャギャグ!!いやあ出た瞬間ガッツポーズが出てしまいました。終盤はストーリーに関わるセリフが多いせいか、あまり大きく変わっている所は無いのですが、ここにきてこのギリシャギャグ!こりゃ最後まで目が離せないぜ!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-25 21:24 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

更新しました

ヘラクレスの栄光特設ページ更新しましたーー。まんが一本追加です。そういやエンディングで巡礼中の巫女さんたちが出てきましたが、確かスタートから2番目か3番目のスパルタ神殿だったような。主人公達が大冒険してたっつうのにお前らまだあんな所ウロウロしてたのかよ!

それからイムさんがこれまでの素敵な小説をまとめたサイトを開設されたので、勝手にリンク致しました〜

イムさんのサイト「シュリンクス」

<北米版ヘラクレスいろいろ>
エリスとヘラクレスのセリフにはあんまり変更は無いっぽいんですが、とりあえず細かい所では……

◯シュキオン残念!
日本版「わたし、この人が好き」
北米版「わたし、この人たちが好き」
エリスのセリフ。日本版はシュキオンが気に入って旅に同行したっぽいのですが、北米版では同じ不死仲間という事でパーティに加わったみたいです。

◯空気もよめない
字が読めないふりしてガズス船長の遺書をごまかしたロコスですが…

北米版「この脳筋娘!お前も私と同じで字が読めないとはな、わはははは!」

フローラを送り届けて、ロコス達の所に戻って来たヘラクレスのセリフ。こ、これは……さすがのヘラクレスですが字も読めない程アホとは思いたくないのでヘラクレスのジョークと考える事にしますが、シュキオンの「髪を洗うのは年に一度」といい、どうもアメリカンのジョークは笑いどころがイマイチ分かりません。自虐ギャグともちょっと違うし。いやあ日米の文化ギャップをひしひしと感じるわ〜〜!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-21 22:22 | ヘラクレスの栄光 | Comments(3)

新・三銃士感想<第26話 許されぬ恋>

コンスタンスを救出したアラミスは知り合いのいる修道院で彼女をかくまってもらいます。
◯コンスタンス!修道院!うわーーー!原作読んでるともうコンスタンスのアレフラグとしか思えない!気を付けろ!そのシスターはいい人そうに見えて実はアレだ!
◯シスターはとっても美人さんです…アヤシイ……アラミスとも良く知った仲っぽい…アヤシイ…「責任を持って安全にお守りします」だと……?クックック騙されるもんか!

自分の夫が自分をさらった誘拐犯、さすがにショックを受けた様子のコンスタンスですが…
◯「あの人のことが心配だわ」あの人とはダルタニアン?いいえアンヌ王妃の事です。こんな時にまでアンヌ王妃だなんて!もうこりゃ職業病、いやアンヌ王妃の事が好きだとし(以下略)
◯てか、いちいちコンスタンスに心配させてるということは、第二部でもアンヌ王妃とバッキンの不倫ネタで引っ張るのかな〜?アンヌ王妃のトラブルメーカー役は首飾り事件で終わりにして欲しいんですけど。
◯ボナシューの件はミレディに脅されて仕方なくやったと考えて許す事に。うん、まあ無理矢理にでもそういう風に考えて自分を納得させるしかないですよね…本当にコンスタンスがかわいそう。

コンスタンスはダルタニアンの想いに気付いてはいたものの思わせぶりな態度を取ってしまった自分が悪い。しばらく距離を取った方が良いと思うので誘拐の件はダルタニアンには内緒にして欲しい。とアラミスに頼みます。
◯コンスタンスの中ではダルタニアンはやはり弟ポジション!
◯ここまできっぱり割り切ってると「ダルタニアンがんばれ!」と応援するわけにはいきませんよね〜。こんな成就の見込みの無いダルコンは初めてだ!

アラミスはアンヌ王妃にコンスタンスの無事を伝えます。
◯「あなたが私の事を嫌っているのは分かります」面と向かって言いにくい事を本人を目の前にしてこの直球!さすがアンヌ王妃!おおざっぱだ!
◯「あなたも許されぬ恋に身を焦がす事があれば私の気持ちがわかるはず」…気持ちが分かる分からないの話じゃないと思うんだけどな〜。てかアラミスはコンスタンスの無事を伝えに来ただけなのに全然関係ない話!さすがアンヌ王妃!おおざっぱだ!

アンヌ王妃の言葉を受け、アラミスが思い浮べたのはコンスタンスの姿……
◯アラミスーーー!やはり貴様も!いや、ナレーションの言葉を信じるならまだまだ「気に入ってる」止まりだ!
◯いやでもコンスタンスの事が好きだったとしても、人形劇の白アラミス様はだからどうこうしようと考えるお人じゃありませんからね〜。

リシュリューの部屋から退出したダルタニアンは酒場でプランシェに親衛隊入りについて相談。
◯ダルタニアンは親衛隊のマント羽織ったまま街うろついていたのか!
◯「お前はしゃべれそうでしゃべれてないんだよな」そうそう、プランシェは言ってる事は時々わかるけど、会話としては成立しない。コメディとリアルの境界線みたいな所ががいいんですよね〜

親衛隊のマントをギャルソンに預け下宿に戻ったダルタニアンですが…
◯これ見よがしに窓にお手製銃士隊マントがかかってました。「リシュリューに親衛隊へ誘われたそうだな」
◯「見てくれは悪いが心がこもってるんだぞ!」ああああーー!「心がこもってる」!コレが!コレが一番困る!心がこもってたって、いやこもってるからこそ、もらって困るプレゼントだってあるんだ!オカンアートとか!ミノネツが一番「コレ言っちゃあダメでしょ」と思っていたセリフをズバリ言ってくれました。もうちょっと大人な態度を期待していたのに!アトスーー!
◯これまでの経緯を説明しようとするダルタニアンですが、こんな頭ごなしに叱られちゃあダルタニアンだって黙っちゃいません「この人は人の話を聞こうとしない!何を言っても無駄だ!」いやもうおっしゃる通りです。憤りのあまり口ごもってしまう声の演技が本当にリアル!上手い!
◯「そもそもロシュフォールは親の仇だぞ」おっとアトスに視聴者ツッコミの神様が降臨です。んでもってダルタニアンによれば「そばにいれば弱点を探る事が出来る」だそうです。へ〜そうなんだ〜(今思いついただろソレ)

「いつまでたっても子供扱い!リシュリューの方が自分の実力を認めてくれる!」ダルタニアンは荷物をまとめに飛び出しますが、ここでポルトスの仲裁「アトスはダルを息子の様に思っている。親は子供が大人になったことを認めたがらない、そもそも気付かないもんだよ」
◯だだっ子のようなアトスとダルタニアンの間で、ポルトスの態度のなんという大人な事よ……
◯お互いの言い分を尊重しつつ、自分の体験談をユーモアを交え、相手と同じ目線となって語りかける。もう完璧や!ポルトスのゆとり教育は本当にためになります。ビジネス書とか書いたら売れるよ!

ポルトスの心にしみいる説得術でダルタニアンの気持ちも軟化。そもそも最初から親衛隊に行く気はなかったしね。これで一件落着かと思ったら。コクナールが飛び込んできました!「やっぱりコンスタンスさんは誘拐されてたんですよ!」
◯これまで家事が出来たり良く気がつく所を見せたり着々と株を上げていたコクナールですが、ここで一気に「話を台無しにするでしゃばりおばさん」まで落ちちゃったな〜
◯コンスタンス誘拐を知らせてくれなかった事に怒るダルタニアンですが、アレ?そもそも三銃士達にそのことを伝えるような機会があったかな?「お前はジョギングに出てたから知らせられなかった」で通ると思うんですけど?

しかしお互い頭に血が上ってるダルタニアンとアトス、誤解を解くどころじゃありません。ダルタニアンの不信感は募るばかり。と、「コンスタンスは無事だ」とアラミスが帰って来ました。居場所を知りたいダルタニアンですがコンスタンスとの口止めもあってアラミスは言う事が出来ません。「アラミスさんは僕たちの仲を妬いてるんでしょ、コンスタンスをかけて決闘だ!」

ダルタニアンとアラミスが決闘ーーーーー!うおう何と言う夢の対決!実力的にアラミスの完勝だと思うのですが、大番狂わせアリか!?いやこの際勝ち負けが問題じゃない!お互い「負けました。僕が悪かったですごめんなさい」で終わる話じゃないぞ!?
[PR]
by minonetsu | 2010-02-20 23:37 | 三銃士 | Comments(4)

寒くてかなわんわ!

どうも!まだまだ絶賛プチネットカフェ難民生活です!あ〜部屋が寒い。さすがにこんな生活ではお金が続かないので、ここんとこはマクドナルドの住人となっております。勉強道具持ち来んでる学生さんやら大勢いるので安心して長居出来るんだ…

<北米版ヘラクレスいろいろ>
◯エウドロスのキャラ付け
アテナイに停泊したダガド号にて
「まったく人騒がせな、リリイちゃんの舞台見に行けないじゃないか」
ガズス船長を追って
「こんなに探してるっつうのに、リリイちゃんじゃないんだからよ〜」

エウドロスのリリイ好きが強調されています。戦闘のかけ声も「For Lily!(リリイちゃんのために!)」だぜ

◯おやびんの歌
日本版
ロコス「おっかないといえばデクレオスだね」
シュキオン「そうですね、でもああ見えて…フフフ」
デクレオス「俺の話はやめろ!」
シュキオンとデクレオス本作屈指の萌え会話でしたが……

北米版
「おっかないといえばデクレオスだね」
「♪不死身の海賊王、略奪の親分♪なんやらかんたら…」
「俺の前で血なまぐさい話はやめろ!」

歌の後半部分は難しくて読めませんでした。ちゃんと書き留めておけば良かったーーー!チクショーーー!デクレオスのセリフからするとどうやら物騒な歌らしいです。ちなみにデクレオスの「血なまぐさい話はやめろ!」のセリフは二度程出てきます。この手の話が苦手なのかもしれません。「大根と一緒に指までおろしちゃった〜」なんて話を聞いたら貧血で倒れるタイプですね。もしかしたら日本版の「ああ見えてフフフ…」の部分を補完しているのかも!?

◯ついに判明!
日本版「警備の兵士に金を握らせましたから」
北米版「警備の兵士にドラクマを握らせましたから」
ここ重要!ヘラクレス世界の通貨単位は「ドラクマ」と判明しました!パンパカパーン♪♪ユーロ以前のギリシャの通貨単位ですね。現在ギリシャは経済危機でユーロ圏の足を引っ張ってるみたいですけど……ガンバレ。

◯笛の持ち主
エウドロスが主人公にガズス船長から預かった笛を渡す時に「お前の笛だ」と言って渡します。預かった笛を主人公に渡したから「お前の笛」なのか。それともやはりあの笛の持ち主は主人公だったということなのか。ううむ。
[PR]
by minonetsu | 2010-02-18 23:05 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

お詫び

2月の13日に通販フォームからエーテルリバースのお問い合わせ下さった神奈川県の方

頂いたアドレスに返送すると何故かメールに gifファイルがくっついてしまうんです!
で、「添付ファイルがくっついちゃいました〜すんません!」と改めて返送したメールにも何故か添付ファイルが……同じ内容のメールを何度も送りつけて、不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした!

添付ファイル自体はただのgifファイルで、開いても無害なものですのが、どうしてこんなものがくっつくのか分かりません。もうこれ以上得体の知れないメールを送りつけるわけにはいかないので、ご本人が見ていらっしゃるか分かりませんがここのブログで報告させていだだきました。本当に申し訳ありませんでした。

もう一つこんな所で何ですが14日に通販の問い合わせ下さった大阪府の方、本日入金確認致しました!ありがとうございましたー!明日にでも早速発送致します!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-16 22:47 | Comments(0)

デクレオスがいない

おでーかんさま聞いておくんなましよ〜〜ミノネツは北米版ヘラクレスに重大なバグを発見しちまったっぺよ〜(何故か農民調)

デクレオスの名前がArnos(アルノス)になってた……………

アルノス!?ちょっとなによこのダッサイ名前!何の巣だっていうのよ!何よ?それじゃあ向こうの腐女子は「今度の新刊はアル×アクで〜す」とか言うのか!?ダッセエエーーー……(いやこの際アルアクのダサイ略称でも良いです。向こうの腐女子様エロ同人誌出して下さいお願いします)…おうううう…ミノネツが選ぶ三大カッコイイ名前(*)に殿堂入りのデクレオスが…何でこんな…公式サイトにはちゃんとデクレオスで出てるのに!もうこりゃバグとしか思えない!リコールの対象や!会社側は誠意ある対応を!

*キャラクターのカッコ良さを含めて選考したカッコイイ名前のキャラ。デルブレー、デネソール、デクレオス。「デ」好きやな!

これでオケアノス組の二人とも名前が変わってしまったわけですが、アメリカではトン吉、チンペイ、カン太みたいな3人組にありがちな名前なのかしら?よくわかりません。頭文字Aで統一したのもアゴンに合わせるためなのかな〜?よかったねアゴン。

もう一つオケアノス組について。シュキオンの敬語口調をを英語で表現するのは難しいので(ホントは表現出来てるかもしれませんがミノネツの英語力では分かりません)特徴を出すためかシュキオンは「Yes,yes」が口癖になってます。で、アゴンもデクレオスも少ない出番の中セリフに「Yes,yes」が出て来るのですよ〜。しかもオケアノスとゼウスの回想シーンにも!ここらへんで魂の記憶の片鱗を見せてる訳ですね!日本版ではデクレオスが海っぽいだけで、後の二人はオケアノスを感じさせる要素がなかったですからね。ここらへんグッジョブです。グッジョブなので、はよバグを直せ。
[PR]
by minonetsu | 2010-02-15 22:42 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

シュキオンがヤバい

ハッピーバレンタイン〜〜〜(言ってみただけ)☆先日やっとのこさ北米版が届いたのでボチボチやってます。主人公の名前はいつもの命名法で今読んでいる本をぱらぱらめくって「Theodred(セオドレド)」です(バレバレ)
というわけで北米版、戦闘のテンポが早くなったのはもちろん、個人的に聖女の香りを使った時にキャラが青く光って効果の持続時間が分かるのも嬉しい所。ただでさえ神ゲーなのがますます神がかっています!しかし私が一番イラッときていた宿屋でのボタン連打が何故そのままなのだ……?

キャラクターの会話なんですけど、日本語版をそのまま翻訳しただけかと思っていたら、いろいろと変更されている所があって、違いを探すだけでもめちゃめちゃ面白いです!かなり意訳入ってますが
<シュキオンを追っていた兵士>
日本版「奴の行動は神でも英雄でもない」
北米版「奴の行動はけだものだ!」………もう何やらかしたのか如実に分かる…シュキオン…お前……

<エウドロスとパトロクロスの皮肉合戦>
「リリィちゃんは可愛くて気品があって誰かさんとは大違いだぜ!」
「ディロス将軍(北米版ではネストールNestor)は叶わぬ恋をしているのよ。エウドロスみたいにね!」

<船上でパトロクロス、ロコス、シュキオン>
日本版の「優男かと思ってたらなかなかやるじゃない」「ロコスは魔物に好かれてるのでは?」「好かれてるのはお前の方だろ!?」「そうかも知れません私の美貌が魔物を引きつけていたとは…」の一連の会話が

北米版「アンタの長い髪みたいに戦闘が長引くかと思ってたわ」「そのつやつや光る髪が魔物を引きつけてるんだろ!?」「そうかも知れません一年に一度は洗ってますからね」…髪の話題が多いです。アレ?一年に一度…?読み間違いかな……?

<ピアザの口説き文句がヤバい>
日本版では「素敵な詩を読んでさしあげましょう」と、一昔前の白馬の王子様を気取ったものだったのが

北米版「ディロスのいない所に行きましょう、エーゲ海を越えて遥か遠くに。あなたの白い腕が私の素肌の胸に絡みつき、私の髪があなたの美しい顔をなでる…ほら、私の髪はしなやかでしょう?年に一度は洗ってますから。二度洗う時もありますよ?」…な、なんというハーレクインロマンス……!少女漫画がハーレクインになった所が日本とアメリカの違いでしょうか。年に一度はやっぱり読み間違いじゃなかった!アメリカ人は年に一度髪を洗えばいいのかーー!?いやさすがにジョークだと思うのですがロコスじゃないけど「ここ笑う所?」??これがアメリカンクオリティ……ピアザを口説く所がいつの間にか髪自慢になってるところなんか実にアキシオス様なんですけど。

この後のピアザの返答の「素敵な詩は結構ですからね!」が「ちゃんと服を着てちょうだい!」になってました。髪の事はいいのか……?
[PR]
by minonetsu | 2010-02-14 08:55 | ヘラクレスの栄光 | Comments(4)

新・三銃士感想<第25話 とらわれのコンスタンス>

今回のサブタイトルはコンスタンスでした。来週こそはロシュフォールが来る!「ロシュフォールの戦死」(殺すな)まあとにかくボナシューにさらわれたコンスタンスはミレディーの隠れ家にとらわれの身です。
◯コンスタンスはリーゼントがボナシューだと気付いていない様子。アレちゃんとした変装だったのか!てっきり「ヘタクソな変装でごまかしたつもりがコンスタンスはお見通し」ってことかと思ってた。

ミレディは「コンスタンスを返して欲しければ銃士隊を辞めろ」と、コンスタンスと銃士隊どちらかを選ばせてダルタニアンを苦悩させるのが目的のようです。
◯ミレディはコンスタンスを選んだ場合は二人で仲良く田舎で暮らせば良いと言っています。ということは三谷先生がおっしゃってた「見所は三角関係」のうち「ダルタニアン、ミレディ、アトス」の線は消えたってことかな?
◯コンスタンスを心配するボナシューで「なんだかんだでコンスタンスが好きなのね」と思っていたら「コンスタンスがいなくても私がいるじゃない?」でころっとミレディにデレデレ!ああもうこのスケベオヤジめ!

ボナシューは三銃士にコンスタンス誘拐を伝えます。
◯ダルタニアンは朝からジョギングに行くといって不在。もうジョギングと聞いたらバッキンの赤ジャージの勇姿しか思い浮かばない!
◯「家内は虚弱体質なんですよ〜あんな所にいたら病気になっちまう」…コンスタンスは体が弱い!?ボナシューのデタラメかそれとも後々コンスタンスが大変な事になってしまうような伏線か!?

この発言でアトスとアラミスはボナシューも誘拐に関わっていると感づきます。とりあえずこの事はダルタニアンには内緒にして、アトスはリシュリューの所に聞き込みに、ポルトスはコンスタンスの足取りを調べ、アラミスはボナシューを追跡する事に。

その頃ダルタニアンはリシュリューの所に赴いていました
◯銃士隊の服を着て「僕は銃士隊の人間なんだ!」と断りに来たと思ったらちゃんと断るわけでもなく…ううむもどかしい!ちゃんと断れ!
◯でも自信満々で着ていた服をカーテンみたいな生地だな(プランシェがピンポーン!と)と鼻で笑われちゃったからな〜。出端くじかれて言い出せなかった気持ちも分かる。
◯ダルタニアンがモゴモゴしてるうちにリシュリューは親衛隊のマントをダルタニアンに着せます。おうおう似合って……るのかな?銃士隊のマントもそうですが、小柄なダルタニアンが着るともっさりして見えます。衣装自体は黒くて刺繍とか凝っててカッコいいですね。

ロシュフォールは反乱軍討伐に出陣。アトスがやってきました。親衛隊のマントのままダルタニアンは隠れる様にリシュリューの部屋を後にします。
◯今回の件についてはリシュリューは本当に関わっていないから、残念ながらアトスは無駄足でした。
◯と、さりげなくミレディのことも尋ねています。コンスタンス誘拐にミレディが絡んでるのはまだ知らないはずだから、純粋に行方が心配で聞いているのかな?

「さっきまでダルタニアンが来ていたぞ」と、リシュリューはダルタニアンが脱いだ手作り銃士隊マントを見せます。
◯「こんなみすぼらしいマント贈られてダルタニアンも憤慨していたぞ」おおお〜ナイス仲間割れの手口!さすがリシュリュー!
◯ダルタニアンの入隊を涙流して喜んでいたアトスだけに、こりゃショックもひとしおだろうな〜。
◯「気持ちは嬉しいけどこれは…」と「せっかくあなたのために作ったのに!」の間。手作りのプレゼントは心がこもっているだけに扱いが難しいという話ですね。深いわ〜〜

一方コンスタンスの足取りを追って酒場で聞き込みをしているポルトス。コクナールがショールに付いた香水の香りでこれはコンスタンスのものだと断定
◯家事が出来て鼻も利く!コクナールの株上がりまくりやな〜しかし私はあんなブサ女認めないわよ!コクナールがぱかっと割れて中から可愛いお嬢さんが出てこないかしら。
◯「そういや腹へったな」二人で食事となりました。おおおーーーいい!探せ!!コンスタンス探しに行かんかい!

ボナシューを追跡していたアラミスはミレディの隠れ家を発見!
◯アラミスが木陰にシュパーッって隠れる動作がめっちゃ笑えた。

結局ダルタニアンに伝言出来ずに帰って来たボナシュー。「使えない男!」とミレディはほうき振り回して怒り狂ってます
◯掃除をするミレディはあんまり想像できませんが、箒をもつ姿はミレディ様によく似合ってます。
◯でもダルタニアンはいないから伝言は伝えられないし、三銃士に脅迫状を渡さなかった判断は間違ってない!まさに「そんな事言われたって…」って言うしかない状況ですな〜。こればかりはボナシューに同情だわ。

コンスタンスの様子を伺いに来たボナシューですがケティが暴れてボナシューの変装がバレてしまいました!さあどうなる!

アラミスは屋敷に潜入し見事コンスタンスを救出します!「怖かった…」ダルタニアンの時みたいに助けてくれた人の胸に倒れかかったコンスタンスですが…
◯おおっと!清廉潔白、いつも分別わきまえているアラミス先生が動揺したぞ!?
◯これまでコンスタンスのアラミスへの気持ちがわかりませんでしたが、ナレーションで「憧れの存在」と判明しました。

というわけで三角関係とは「ダルタニアン、コンスタンス、アラミス」なのでしょうか!?こらえろアラミス!黒アラミスファンのミノネツですが、こうなったらとことん白さを極めて欲しいぞ!
[PR]
by minonetsu | 2010-02-12 23:23 | 三銃士 | Comments(2)