<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アプリ版バリバリやってます

さてさて人間界の異変は穴ボコだけではありません。太陽が沈まなくなっていつもより3倍暑い!のです、こりゃ恐ろしいんだぜ。太陽が沈まなくなるなんて神の怒りはすさまじいんだぜと思っていたら、なんだかほほえましい原因だったのでありました。面倒見のいいヘラクレス萌え!

そんなこんなでプロメテウスに謁見。フェルマーたちの不死身の理由は明らかになったものの、失われた記憶やプロメテウスに選ばれた理由、まだまだ謎は残ります。人間の世界を滅ぼそうとするゼウスを説得するために善なる証明をしないとダメな様子。ううむゼウスめ・・

冥界で不死身仲間がまた増えました~!名前は「ガロア」にしました。見た感じ「僕のことは放っておいてくれ」系の人間不信な子かと思ったら普通に一緒に連れてってくれと仲間になりました。一人でずっと旅してたんだって。ええ子やね~。でもレイオンは初対面のちびっ子に向かって「オレはコイツが嫌いだ」と大人げなさ丸出し。ヘラクレスに「弱い」と悪態ついたりステイアの話の腰をへし折って冷たい人!と言われたり、フェルマーには一緒に旅に出ようぜなんて結構フレンドリーだったのに。んもう何なの!?好きなの!?
[PR]
by minonetsu | 2009-03-31 12:58 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

今週のジャンプ感想<18号>

<スケットダンス>
ボッスンの衝撃の過去!…お母さんは本当のお母さんじゃありませんでした。お互い天涯孤独の身だった実の両親は同じ日に違う場所で事故に遭って既に他界。うわわ〜ロマンちゃんが考えた話のようなベタベタな悲劇ものですな。ちょっと夢見がちな女の子だったら私って悲劇のヒロイン!って喜びそうな境遇です。「ベタを馬鹿にしないで!」と思いつつあまりにもベタな話にイマイチのめり込めませんでした。ビバゲーの時もそうでしたが満を持して登場のつもりのボッスンメイン話がイマイチ盛り上がらないんですよね。でもまあヒメコやスイッチみたいなドロドロした話でなくて良かったです。ボッスンを引き取って育てることにした茜さんですが、ボッスンの妹の父親は?今の所全然描かれていないだけに気になる所であります。

<バクマン>
結局コージー先生の強みは「ファンの子がアンケート入れてくれるよ」ってだけでしたか…。折角異業種から乗り込んで来たのだからもっとミュージシャンならではのファンタジックな勝負をして欲しかったです(どんなや)ファンタジックな自己陶酔マンガも突き抜けるだけ突き抜けたらブリーチやテニ様みたいに読者も巻き込むオレ様ワールドなマンガになったりすることもあるんでコージー先生の再起に期待です。

<フープメン>
話して見れば結構良いヤツだったアツムくんでした。こんなフツーに良いヤツアツムくんだと、初登場時へのジョシュへのいきなりの暴力がなんだったのかよくわからんのですが…まあいいです。雄歩と一緒に帰るために帰り道遠回りしてウマイラーメン屋連れてって、自然に距離が近くなってく様子がいいな〜やっぱりこのマンガ好きです。それだけに決め顔があんまり上手くない所が惜しいと思います。せっかく後ろ姿だけのシーンで雄歩の葛藤をためにためてみせて、ドーンと見せた雄歩の「もっと練習したい」顔がイマイチ決まらない。ジャンプのマンガでキメシーンでキメ顔をしっかり決めてくれないと読み手が食いついてこないんじゃないかなと思います。

<いぬまるだしっ>
バーチャルゲームでいつもと違う自分に変身。おっぱい大好きいぬまるくんがどうしてモサイ男子学生なのか。おっぱいよりもまるだしを選ぶか…さすがだ…。切手収集部の女学生が園長先生って(読者には)丸分かりなので、たまこ先生がカンチガイする所はいらないんじゃと思いましたが、理事長先生と来ましたか!理事長先生の編集長オチは汎用性が高いですね。

<サイレン>
カブトかアゲハ覚醒フラグだよね〜ドカーンってやって危機脱出と思っていたら、(成長した)子供達が助けに来る展開はビックリでした。そしてマリーのおっぱ(以下略)
[PR]
by minonetsu | 2009-03-30 20:40 | ジャンプ感想 | Comments(0)

アプリ版モリモリやってます

不死というつながりで集まったフェルマーとレイオン、ステイア、そしてテミシオス…はすぐ死んでしまいました。3秒で死なすには惜しい人材だったので再プレイ時に洞窟でウロウロレベル上げしてみました。いやあテミシオスいい人だな〜戦闘中「アチョー」って言うし…弓使いなのに…。んでもってもちろんヘラクレスも仲間になりますよ!こちらのヘラクレスはライオンさんみたいなワイルドな風貌で性格は堅物。人間の世界の異変に気付き単身下界に下りてきました。そのためゼウスに力を奪われてしまったからあんまり強くないんだぜ。超カッコイイです☆いや〜ん☆でへへ〜☆☆戦闘について魔法の威力が強すぎるかな〜?と。消費MPも少ないからほとんど魔法使い放題。しかしDS版でもそうだったんですが、魔法使った方が楽なんですけど、かけ声聞きたいためについつい武器で戦ってしまうんですよね〜。戦闘では攻撃力よりもキャラクター性重視。こんな変なゲームバランスの取り方するゲームはヘラクレスの栄光だけだと思うよ!んでもって、ええとDS版では土の魔法だったクエスが光の魔法で闇のランドンが火の魔法?統一しろ!さすがヘラクレス、真の強い漢にとっては魔法なんて軟弱なものはどうでもいいというわけなんですね!そこらへんの所いい加減なんだぜ!カッコイイんだぜ!

フェルマーの旅はアテネからトロイにて「まくろきもの」を倒してケンタウロスの子供を村に返すためにペルシャへ。「まくろきもの」のネーミングセンスがステキですね。私だったら絶対「オバケナマコ」とか付けそうなものなのに。トロイの町には劇場があって「舞台に出たかったら受付で登録しなさい」と言われるものの肝心の受付嬢がいなかったり、何か飛び降り出来そうな塔があるんですがどうしても入り口が見つからなかったりで謎の多い町です。んん?単なる設置漏れ??いやきっと何かあるはず!後半に期待!
[PR]
by minonetsu | 2009-03-28 21:09 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)

アプリ版始めました(音楽付きで)

ヘラクレスオンリーイベントサイト様にてヘラクレスアンケート始まりましたよ!ヘラクレスの栄光プレイした皆様こぞって回答すれ。みんなこぞりまくれ!好きなキャラクターの所でアゴンに票が入ってたらミノネツの仕業だと思ってくれて結構よ☆てへへ~。私はアプリのがクリアーできたら回答に伺おうかと思っております。

というわけでアプリ版、音楽付きで再スタート!おおおーーーっ!オープニングのあの音楽だーー!仕事場の連中が「ドラクエみたい」とほざいてましたが(つか仕事場でゲームするな)いや違うと思うよ。うん。まあ何といいますか重厚壮大なドラクエに対しヘラクレスはより高らかにといいますか、栄光を謳い上げてるカンジがしますよ。うん、似てるって言われちゃあ似てる気がしますが。まあとにかく音楽がつくと違うね~。スイッチが言うところの「始まった感」が違います。というわけで再びフェルマーの旅が始まりました。おおおーーー!DS版と同じフィールド曲。もしかしてこれもヘラクレスシリーズ伝統のフィールド曲とか!?オープニングはともかくフィールド曲まで使いまわ・・すごい伝統を感じたんだぜ!すごいぜ!!
[PR]
by minonetsu | 2009-03-27 12:59 | ヘラクレスの栄光 | Comments(2)

アプリ版始めました

アプリ版ヘラクレスの栄光3始めましたーー!

きっとドコモ以外でも配信をという多くのファンの声があったのね!ソフトバンクでも配信されるようになったというので早速…ウソですパケ放題の手続きに行くのがめんどくさかったのでなかなか始められませんでした。オンリーイベントに向けてストーリーだけは把握してネタバレ本でも買えるようにしておかないとねイヤッホー!それじゃあ早速レッツプレイ!ジャジャジャジャーーン音楽が無い…携帯ゲーつうのはこんなもんなのかしら?いやボリューム調整の画面があるところを見ると音楽はあるみたいですが、イヤホンが無いと聴けないのかしら?私の古い携帯では音楽まで取り込めなかったのかしら?ううむ…とりあえずハム太郎のCD聴きながらやってます。ハム太郎の歌は盛り上がるね〜。

それはさておきゲームです。主人公がベットで目が覚めると自分の名前も何もかも記憶を失ってしまっているのでありました。主人公の名前は「フェルマー」にしました。村をぶらぶら歩いていると突如地面に穴が空いて地面の底の底までまっさかさま。大地の神様のパワーが弱まったのか世界各地でこのような現象が起こっているようです。一緒に落ちたブタさんは死んでしまいましたが、フェルマーはケガ一つしていません。何と彼は不死身の体なのでありました!高い所から落ちて不死身と分かる所なんかDS版と一緒だね!このゲームはいろいろ後半からスゴいことになって来るらしいのでこのブタさんが後半への伏線ではないか(ラスボスみたいになって出て来るとか)と期待しています。

そんなわけでフェルマーの旅が幕をあけたのでありました!戦闘は基本Aボタン連打であんまり面白みは無いのですが、女装して潜入した人買いの家の生け贄の女の子や道に迷った金持ちのじいさんもスパルタの兵士はもちろんアテネの王様まで、アプリ版では同行したキャラが一緒に戦ってくれるのが良いです。何でもかんでも人任せにしない良い人たちや〜。ピアザ姫やヘラクレス将軍とも一緒に戦いたかったよ!
[PR]
by minonetsu | 2009-03-22 12:37 | ヘラクレスの栄光 | Comments(2)

河津七滝

a0088975_8404983.jpg

伊豆稲取に来ています。前野さんのゲスト小説で滝のシーンがあるのでその挿絵を描くための取材旅行です。ウソです。仕事場の旅行です。
[PR]
by minonetsu | 2009-03-20 08:40 | Comments(0)

今週のジャンプ感想<16号>

「バクマン」「スケットダンス」「フープメン」だけです

<バクマン>
サイコー達と金未来杯を争うライバル達続々登場。ちょっとお高く止まってヤな印象ですが私も蒼樹先生の意見に賛成だな〜少年漫画には夢がないと!そんな訳で夢が無い漫画だと思っていたこの作品ですが、コージィー先生!ついに夢のあるキャラクター登場ですよ(最初見た時リボーンの絵かと思った)!ミュージシャンから漫画家へ、いやあ実にメルヘンでファンタジー!こういうい異業種参入モノ大好きです。めっちゃ夢があるじゃあないですか。こういうファンタジーな漫画家をドンドン出してジャンプをかき回して欲しい。各分野の天才達が集まってマンガ描く話にしたらいいと思う。ヤンキーマンガ描く不良漫画家(それはいっぱいいますけど)とか政治マンガ描く政治家漫画家とか忍者マンガ描く忍者漫画家とか登場したらいいと思う。

<スケットダンス>
あれ?これボッスンだよね。何の前振りも無くいきなり登場の親しげな女の子は誰?ちょっと訳ありげな会話は何?何?と思ったらボッスン父(と思われる人)のお話でした。。ボッスンのセリフからボッスンが物心つく前にお亡くなりになってるかしている父親ですが、ボッスンの人助けの精神はきっと父親から受け継いだんだろうなと思えるお話でした。そしてボッスン過去編へ。スイッチもヒメコも重たい過去を背負ってただけにリーダーのボッスンもリーダー級の鬱話になってしまうのでしょうか。これまでもボッスンの過去について何やら重たげなカンジを匂わせてありましたし、覚悟して読まねば…。

<フープメン>
タイトル文字がバックの建物の絵にかぶって「フープメシ」に見えてしまうのはさておき、今週も面白かったです。「スケットダンス終わったらジャンプ買うの止めるよ」と吹聴している私ですが、この作品のために買い続けてもいいかもと思っているくらいです。果たしてスケットが先かフープが先か、いやどちらも長く続いて欲しいんですけど。小金井ちゃんの彼氏的存在な小牟田はフレンドリーに話しかけて来るジョシュにいきなり蹴り入れ!と全然好意的に見られないチャラ男なんですが、それでもバスケ上級者だけあってジョシュに何やら感じた様子。そんな小牟田に勝負を挑む雄歩。初心者故のカンチガイか、ここで秘めたる才能ってヤツが本当にあって開花してしまうのか?
[PR]
by minonetsu | 2009-03-16 20:04 | ジャンプ感想 | Comments(0)

朋、遠方より来る有り(送迎付き)

昨日はみかてぃちゃんに私の腐海部屋の片付けを手伝ってもらい、みんなでおお振りDVD鑑賞たこ焼き大会…の予定でしたが、名古屋の友達にご足労願い「私の表紙をなんとかせんかい!デジタル修羅場たこ焼き大会」となりました。おお振り大会はまた今度ということで!スマンよーー!うん。あのやっぱりあの作品は女子だけでワイワイウヒョウヒョ見た方が盛り上がると思うよ!まあそういうことで。

しかしわざわざ名古屋から来てもらっただけありまして、「さあ私の表紙を見てくんさい先生!」と、画像を開くと早速400%まで拡大「主線が汚い!鉛筆で書いたのか!?」(いや〜ちゃんとGペンで描いたよ〜?)「色塗りが雑!塗り残しはみ出しがここにも!」「スキャナー取り込みのゴミがまだこんなに残ってる!」今まで100%までしか見てなかったので全然気付きませんでしたが、ホントにゴミ盛りだくさん!400%のゴミが印刷に出てしまうのかどうか分かりませんが、とにかくそこまで見るってのがスゴイ!早速セコセコごみ取りしてましたが、いや〜ごみ取り楽しいね。熱中しすぎてイイ脳波が出るっていうか。んでもって名古屋の友達が酒のつまみに持って来た厚切り生ベーコンがたこ焼きの具にしてもンマイという新発見でした。
[PR]
by minonetsu | 2009-03-15 21:56 | 日記のようなもの | Comments(5)

今月のジャンプスクエア感想<4月号>

<新テニスの王子様>
というわけでついに始まりました新テニ様。初めて読む人でカラーページの扉絵見てコレがテニス漫画だと分かる人はいるのでしょうか?皆様ポーズがいちいちキマッてらっしゃいます。高校の全日本選抜合宿に青春学園の皆様はじめ50名の中学生も加わることになりました。果たして誰が選抜されるのかな?という第一話。てっきり高校編から始まるかと思っていたら中学生のままです。中学生でアレなんだから高校生なんかどうなっちゃうんでしょうか。今の所高校生の皆さんはかませ犬っぽい扱いですが、リョーマ達変態集団に張り合えるような天衣無縫な高校生が出て来るの期待。綴じ込み付録のファンブックは作者インタビューアリ、「ぼくのかんがえたドリームチーム」アリでファンブック的要素は満点ですが、私みたいに本誌でパラ読みしていただけの読者のためにもうちょっとキャラ紹介とかストーリー紹介とかやって欲しかったところ。とりあえず早くテニさんに読ませて感想聞きたいです。

<クレイモア>
イースレイが深淵喰いに食べられてしまいました。結局一度もクレア達に絡むこと無く退場ですか…。北の戦乱を起こしたりプリシラ手なずけて何やら企んでそうだったり、プリシラとラキとは別行動してたのは何故なのか、真意は何だったのか何を考えているのかイマイチ読めないキャラだっただけに、あと、この作品には珍しくイケメンキャラだっただけに(笑)謎が明かされるのを楽しみにしていたのですが、結局プリシラとラキのおかげでホントにいい人になってとは…。今までの行動は「すべてを手に入れるつもりだった」だけでは曖昧すぎるし。これじゃあ北の戦乱で散って行ったクレイモア達が無駄死にすぎる〜!と、次回はリフルVSアリシア、ベスですとーー!?スゴイ対戦持って来たな!ワクワクです。

<ウルティモ>
第一話では「善」の機巧童子といいつつ何となく裏のありそうな印象だったウルティモですが、9世紀ぶりに再起動したらすっかり大和大好きっ子なカワイイ性格になっていました。大和の教育の賜物か!?愛の契りがなんやらかんたらで、まぎらわアヤシイセリフ回しやウルティモの表情にニヤニヤです。も〜武井先生美少年大好きなんだから!んでもってあんなダンスタンこんなダンスタン、ダンスタン百花繚乱なコマに笑いました

<かおすキッチン>
一昔前の少女漫画風な作風のこの作品ですが、その中でさらに一昔風のダサイキャラを出すのは難しいのではと思ったのですが、スゴイです。見事に一昔風にダサイです。ダサさを表現するのに安易に死語とか使わない所がスゴイです。死語を使っていなくてもスゴイ一昔ふうな会話なんですよね〜ンナロー!(この野郎の意)
[PR]
by minonetsu | 2009-03-07 22:23 | ジャンプ感想 | Comments(0)

今週のジャンプ感想<14号>

新連載と「スケットダンス」「いぬまるだしっ」だけしか書いてません

<新連載:フープメン>
カワイイ女の子に誘われてバスケ部に入部したら留学生の通訳係でした。『黒子のバスケも好調だし、この時期バスケ漫画は失敗だよな〜絵もヘタだし。』と全然期待しないで読んでいたらこれが面白かったのでビックリでした。スポーツ未経験の主人公が女の子目当てでスポーツ始めるという漫画は多いですが、まあこの作品もそうなんですが、それでもそのスポーツの楽しさに目覚めるきっかけが「通訳」というのは新しいですね。通訳をきっかけに今まで意思疎通が取れなくてギクシャクしていたチームがそれぞれの持ち味を生かして動き始める所なんか、監督とはまた違った視点での「チームを動かす」という楽しさを感じました。キッツイ物言いの留学生のセリフをソフトに言い換えるコント要素も楽しめそうだし。ただやっぱり今のジャンプの読者向けの絵ではないと思うのでパッと見で損していると思うかも。続いて欲しいな〜。

<スケットダンス>
ヒメコ、ボッスンをデートに誘うの巻。今回はもうヒメ姉様のかわゆさを愛でる回と言わざるを得ないヒメ姉様のかわゆさでした。あ〜ヒメコ可愛かった。ヒメコに人目惚れのジン君がいろいろ解説してくれましたが、やっぱり容姿部門でもヒメコはカワイイってことですね。まあとにかくボッスンに意識しまくりのヒメコのドキマギっぷりを楽しむ回でしたが、スイッチのメールの件名「私は行きません」にクスッときました。メールだとテンション上がるスイッチのギャグは以前からありましたが、件名までは範疇に入らないのか!?

<いぬまるだしっ>
変なゲームの回はハズレがありませんね〜。変なカードの紹介ページは最後のコマのたま子先生のツッコミでやっと偽ページということに気付きました。カードバトルの方は「キュウシュウ→九州」「リバース→ゲロ」とお約束というか簡単にオチが想像出来るのですが、それでも楽しく読めてしまうのはテンポがいいからでしょうか。毎回毎回出て来る(家族運の悪そうな)貧相なオヤジさんが幸せになりますように…
[PR]
by minonetsu | 2009-03-02 22:15 | ジャンプ感想 | Comments(0)