<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スペイン旅行記<その6>

ミーナさんが3ヶ月のビザが取れた!と、またもやウチにやってくるみたいです。いい加減人の善意に甘えるなと言いたいです。

<スペイン5日目>
ソフィア王妃美術センターでお昼を食べ損ねて空腹を抱えたままプラド美術館へ。後で考えると歩いた方が早いような距離だったのですが切符が余ってたので地下鉄で移動。公園の端っこに出てしまいました。歩いて行けば途中で食べ物屋なんていっぱい見つかったのに!まあとにかく周りには何にも無いし美術館を捜してごはん食べないと!(何か違う)プラド美術館はどこだ!と、ちょうど案内所がありまして日本人ということを伝えると「ここから7分くらい歩いて左」と日本語で応対してくれました。スゴイ!でもこんな道案内するだけな所に日本語も出来る優秀な人材おいておくより看板の一本でも建てておいた方が安く上がるんじゃあ…?まあとにかく見つかりましたプラド美術館。名画を素通りしてカフェへ直行。いやもうホントに頭くらくらするくらいお腹すいてたんです。ここで食べたオムレツの、ガスパチョの味は忘れられんよ。染みる〜〜お腹に染み渡る〜〜!ンマ〜い!お腹がすいていたのを抜きにしてもここのオムレツ(トルティーヤ)はジューシーでたまごふわふわでおいしかったです。別のタパスやレストランで食べたのは焼き方が固かったり塩気がキツかったりでガッカリな味だったので。

あ、美術館ですね。アカデミックな作品の中でやはりボッスとブリューゲルがとにかくヘンテコでスゴかったです。ゴヤの作品もたくさんあるらしいのですがちょうど他の美術館に貸し出し中で見られませんでした。あと、ルーブル美術館なんかで名画をスケッチしてる人は見たんですが、プラドでは画材道具一式を持ち込んで本格的に模写してる人がたくさんいてビックリでした。プロ(?)の技術が間近で見られて大興奮でしたよ。周りのギャラリーがいろいろ質問してたり、絵描きの人が解説してたり、楽しい光景でした。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-29 21:49 | ミノネツトラベル(海外) | Comments(0)

今週のジャンプ感想<22・23号>

<スケットダンス>
*いやあやっぱり彼女にはナース服が*
a0088975_21475818.gif
これは美人に変身した結城さん萌えの話とみせかけてツンデレスイッチに萌える話なのですね。もうスイッチツンデレすぎだろツンデレ!(ツンデレの定義がイマイチよくわかってない)結城さん、もうスイッチとつきあっちゃいなYO!でもスイッチ、結城さんを美人に変身させるのに愛されメイクの茶髪のふわゆるパーマ、エビちゃん系春めきファッションというチョイスがいけません。素材を活かしきっていないというか。原型留めてなさすぎて漫画的にも「あの結城さんがこんなに美人に!?」という驚きがなくなってしまったというカンジです。結城さんという素材を活かすには長髪黒髪スカート長めゴスロリファッションだということを見抜いている小田倉くんがいかに目利きだったかがよく分かります。もう小田倉くんとつきあっちゃいなYO!(どっちだ)

<バリハケン>
これまでの変な部活動を助けるという話は、どうも団吾がヒドい目に遭うだけで笑えると言うか気の毒な事になってたので、オタなのに周りの勘違いで番長という団吾と同じ立場女の子が出て来たのは何だか安心。状況はアレだけどちゃんと恋愛コメディ的すれちがい話になってる所が何だか可笑しいです。しかしこの漫画は何をやりたいマンガなのか一向に方向性が見えてこない…。

<ポセイドン学園>
キャラが立つ前にトーナメントを始めてしまうとこんなにわけのわからん話になってしまうのかという話。人が見ていない所では残虐というキャラにしては猫かぶりと残虐のギャップが足りないと思います。グロテスクだーという敵は見た目全然グロテスクでもないし。めらりにょんは「それ読み切りでやったギャグだー!」オチで良かったかと。あ、でも二番煎じでも面白かったよ。ホント読み切りの時は面白かったんだからめらりにょん。

<ヘタッピ漫画研究所R>
R(リターンズ)といっても鳥山明先生バージョンを覚えてる読者はどれくらいいるんでしょうか?え?私コミックス持ってましたよ?でも勉強になります具合は村田先生版の方が上かも。Gペンってスゴイんだ!ということが初めてわかりました。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-28 22:07 | ジャンプ感想 | Comments(0)

朝日がまぶしい

何年かぶりに徹夜カラオケというものをやってしまった。

と、セントレア行ってきましたよ。旅行ではなくて飛行機見るの好きな友達が「飛行機の離着陸見るの超楽しい!」と勧めるのでどんなもんだか友達4人で行って来たわけです。セントレアは楽しいね!食べ物やお土産屋も充実してるしロボットもいるし。何より「これから旅行行くぞ!」「行って来たぞ!楽しかった〜」といった旅行者の醸し出す空港独特のわくわくした雰囲気がたまらん!ああもう旅行行きてえ!……あ、飛行機ですか?つまんなかったですよ。航空ショーみたいに飛行機がびゅんびゅん飛び交うワケでもなし、30分に1本くらいのペースで飛んで来る飛行機見てるだけでどこがどう面白いのか……夜になったら飛行機ラッシュだよ!と言ってたものの、夜は夜だから機体が見えないし。スマン!私にはさっぱりわかりませんでした!しかしカメラ抱えたマニアさんたちもいた事だしこの趣味は玄人好みすぎるのでは!?飛行機見ながら酒盛りプラン(私は弁当)もあったのですが、風が強すぎて断念。ロビーでビールと手羽先と小エビの唐揚げで酒盛りという変な集団でした。(その後徹夜カラオケへ)

あ、他の友達は私が「無理して楽しいって言ってんじゃないの〜?」と訝しく思うくらい大盛り上がりで、早朝にフィンランド空港のムーミン飛行機が飛ぶらしいので「今度は朝から観に行こうね!」と早速次の計画を練っておりました。……あ、ゴメン…私パス……やっぱり飛行機は見るより乗るのが楽しいね!あ〜旅行行きたい。

<本日のエモノ>
a0088975_1840404.jpg

いつもの通りトドメを刺さずに放しては捕まえると遊んでいたシーマちゃんですが、なんとこの後スズメはシーマちゃんの一瞬の隙をついて奇跡の脱出を果たし無事大空へ逃げ帰る事ができました。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-27 19:16 | おりこうシーマちゃん | Comments(2)

スペイン旅行記<その5>

これまで遠出ばかりだったのでスペイン5日目はマドリッド市内で美術館巡りをすることに。まずはソフィア王妃美術センター。9時開館かと思いこんでて時間に間に合うように出かけたら開館は10時からでした。でも案の定美術館が見つからずにウロウロしてたので開館ちょうどに入れたのさ!(苦笑)

<ピカソ展がやってました>
a0088975_2031147.jpg
パリ時代から晩年まで素描から彫刻まで幅広く網羅した見応えのある展示でした。なんだかんだ言ってピカソの絵は面白いので好きです。お昼までじっくり見入ってしまいましたよ。あとこの美術館はピカソのゲルニカが常設してあることで有名です。学校の授業で来てるっぽいちびっ子達が先生の話を一生懸命聞いてました。あと、日本人ツアーの方達も来てまして、私はこういう時ガイドさんの解説を何食わぬ顔で盗み聞きしちゃったりしてるんですけど、周りの迷惑にならないようにするためか、私みたいなガイド泥棒防止のためか、今回私が見た名画鑑賞ツアーの人たちはガイドさんがマイクを使って小声でしゃべってお客さんがそれをイヤホンで聴くというスタイルになってました。くそーっ。こういう時ツアーで来てる人たちが羨ましくなってしまいます。

さて、ピカソ展をじっくり、常設展をざっと見て、お腹がすいてきたので美術館のカフェでお昼にしようかとカフェに向かったのですが、ちょうど運悪く団体さんに先に並ばれてしまいました。しょうがないな〜しばらく待とうかと思っていたのですが……よく見るとレジから給仕から対応してるのがお兄さん一人!お兄さんはテキパキ対応しているのですが何せ人数が多い!こ、これはアカン…コーヒー一杯ならまだしもランチなんか頼んだらお兄さんが大変だ!ていうか食事のメニューは置いてあるものの、前に並んだ団体さんも周りのお客さんも飲み物(+パン)しか頼んでない様子。ホントにここで食事できるのか??ということでランチは諦めました。しかしお兄さん後から応援に来てもらえたんだろうか…??まあしかし、あ〜ランチ食いっぱぐれたと思うとますますお腹がすいてきた!朝ご飯は4ユーロのホテルの朝食ケチってポテトチップしか食べてない…もういい!明日またじっくり観に行くからいいやということにして美術館を出ました。次はプラド美術館行くから途中で何かあるでしょ。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-25 21:12 | ミノネツトラベル(海外) | Comments(0)

もじ君の守備範囲

<みかてぃちゃんからメールもらった>
a0088975_20405613.jpg
DSのもじ君も知ってたくらいだからまあ当然と言えば当然ですがやはりWiiのもじ君もそこらへんの事は分かってる様子(何が)いや〜ん☆もじ君腐女子すぎ!(何故)

さてさてギャグマンガ日和9巻買いました。月ジャン休刊のドタバタで心労が祟ってたのかしら??8巻辺りから絵が荒れているというか変に面長な絵になっていて心配だったのですが、スクエアに移って落ち着いたのか最近はいくらか絵柄が安定していてひと安心です。9巻のお気に入りはスタンプラリーの話。ああ今オレ皇帝の紙に踏まれてる……!!!

で、コミックスですが原作のストックが少なかったのか最近の作品まで収録されてました。もちろんスクエア2月号の三銃士も!しかもWJでのコラボ企画のうすた先生の細道も収録されてるなんて!ギャー!スゲー!増田先生の描いたジャガーさんはジャガーさんのコミックスの方に収録だそうです。ジャガーさんのコミックス揃えてないのに14巻だけ持ってる開運法ですよ。あ、あとスクエア創刊記念企画の久保先生の芭蕉さんと曽良くんや江尻先生のうさみちゃんカット絵まで収録されておりました〜〜!!あ、それじゃあもう切り抜きいらないじゃん。……うん…こりゃ絶対保存版よ!ってジャンプ切り抜きしてたんです。キモイことやってましたわよオッホッホ。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-23 21:04 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<21号>

<スケットダンス>
今週も微妙かと思いましたが読み返してみると後からじわじわきます。何だこのじわじわ感!?鷹揚な性格の校長先生という所で「グダグダな話だけど校長先生には何故か受けました」オチへの伏線かと思ったら冷静に「それ却下デース☆」で終わってしまった所なんかじわじわ来ます。スイッチの「桃を切ったら中の桃太郎まで一刀両断」のありたきりなツッコミは「昔話の矛盾点を突っ込むオレカッコイイ☆」臭がしてダメかと思ったのですが(普通に桃の種の中に入ってるから大丈夫とか考えればいいのに)そこを無駄に一ページかけて「桃太郎摘出処置」まで持ってく所なんか、本当にアホらしくて良いです。ていうかヒメコ抜きで男二人が部室でああだこうだと考えた話がコレだと思うともうたまんないぜコンチキショウ!設定やリアリティにこだわるボッスンとスイッチで妙に息が合ってる所が非常に萌えでござりました。それから今回名前だけの登場でしたが校長先生の孫の吉彦くんが今後本編に出て来るのか気になります。話だけ聞くと性格ひねくれたヤな孫なんですが、藤原先生ならスケット団が吉彦くんのワガママにウマい事ふりまわされて最後にホロリなエエ話が作れるんじゃないかな〜?

<ポセイドン学園>
学園の存続をかけてトーナメントが始まりました。ジャンプで言う所のテコ入れの代名詞のトーナメントです。で、選ばれたメンバーは今の所キャラが立ってるのをムリヤリかき集めたってカンジでしょうか。ゆうじ君は第1話以来出て無いんですが「ゆうじ君なんていらないから◯◯出せよ!」というキャラが全然いない所がこの漫画のダメな所だと思います。あとハナモゲラ王子のハナモゲラ王国編は全然面白く無かったのでここらで学園に戻すいい口実になったでしょうか。

<勇者学>
普通にグッジョブブタ!と思ってしまいました。いやあブタの言ってる事は全面的に正しいと思いますよ。先輩が後輩の顔色伺ってるようじゃあロクに部活動にならないし。うん、そもそも勇者部はロクな活動してないという心のツッコミは閉まっておく事にして、ブタグッジョブよ!

<銀魂>
ネコの絵がちょっと上手くなってました。そして犬ネコの因縁も結局何も関係なかったようにエエ話に落ち着きました。こうでなくっちゃね!

<ネウロ>
シックスに繋がる情報を持つ人物を狙ってネウロ組とシックス側がホテルに集結。とりあえずホテルの人にとってはホテルをシックスに破壊されるよりもっとヒドい事になりそうな、ランチバイキング一年間無料券をヤコちゃんに践まれなくて良かったです。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-21 20:50 | ジャンプ感想 | Comments(0)

スペイン旅行記<その4>

<前回までのあらすじ>
ついでにアランフェスにも行っとくか!

世界遺産の宮殿があるアランフェスですが、終点が目的地のトレドと違って路線バスの通り道にあるといったカンジでバスの乗客の乗り降りも多くどこで降りたらいいのか迷いました。アランフェスの看板と乗客の人に「ここってアランフェスですか?」と確認して降車。

バスから降りたらこりゃまた観光案内板も無い普通の停留所に普通の商店が並ぶ普通の街でまたまた途方に暮れるハメに。どうもスペインはフランスよりも観光ずれしてないというか観光客に優しくないといいますか「宮殿はこちら→」といった観光客を誘導してくれる看板が無いのです。これは!と思って見てみるとホテルの案内の看板だったり(いらないよ!)フランスくらい観光客が多いとそれっぽい人の波に何となくついて行けば目的地に辿り着くもんなのですが、アランフェスでは時間が夕方だったのもあって観光目当てで降りたのは私一人だったみたいでした、しょうがないので宮殿捜して適当にウロウロと。私のスペイン旅行で歩いた距離の半分は道に迷ったり目的地を捜したりのムダ歩きだったと思うよ!(泣)

そんなわけでやっぱり反対方向歩いてたみたいでした(苦笑)だだっ広い広場を抜けた所に宮殿らしき建物発見!世界遺産というから古い建物を想像していたのですが、どうも外装工事をしているらしくやけに今建てた建物みたいに新しく見えます。6時半に入館終了のところ、ただ今の時間は5時45分。う〜んと迷ってやっぱり入る事に。入り口にいきなりお土産売り場があります。普通は出口にあるもんなんですが。宮殿見学した後にお土産売り場だけ再入場可能なのかはちょっと分かりませんでした。仕事場の人のお土産にせっけん購入。

で、宮殿ですが、いや〜人いないね!2、3人と人を見かけたものの、ほどんど世界遺産を貸し切り状態でしたよ!ていうか監視員の皆さんの視線が痛い……。すんません!すんません時間ギリギリに入場しちゃって!すぐ帰りますんで!すぐ帰りますんですんません!お土産売り場で時間くったせいもあって、なんとなく早く出ないと!とあせってしまってじっくり見られませんでした。あ、部屋とか調度品とかどうだったかと言いますと、やっぱりヴォーのお城が一番よね!としか言えませんのでオッホッホ。衣装や扇子が展示してある資料室もあって面白かったです。宮殿内部は撮影禁止でそれでなくとも監視員さんとマンツーマン状態でとてもこっそりカメラ撮影☆なんて出来なかったのですが、扇子を展示してある部屋には監視員さんいなかったのでいいのかな〜?撮っちゃうよ?写真撮っちゃうよ??と、こっそり撮ったのがコレ!

a0088975_20185264.jpg
羽やらフリルやらレースやら豪華で「いかにも!」な扇子はたくさんあったのですが、やっぱりかわゆさの点でコレに敵うものはないでしょう!白黒ネコたんのこのアバンギャルドさ!た、たまらん!こんな扇子愛用してたのはどんな貴婦人だったのかしら〜??
[PR]
by minonetsu | 2008-04-18 21:14 | ミノネツトラベル(海外) | Comments(2)

今週のジャンプ感想<20号>

<スケットダンス>
まあ今週のスケットダンスは私なんかから言わせてもらうといつものドタバタコメディと何も変わってないわけ。ただ篠原先生の読者に媚びる姿勢が見受けられるのは確かだよね。270ページ1コマ目のチビヒメコのの顔の赤らめ方とかさ、もう明らかに「お前らこういうの好きなんだろ?」的な作者の意図を感じざるを得ない訳でさ(注:読まなくていいです)

というわけで今週はちょっとイマイチなカンジでした。ちっさくなったヒメコとモモカですが、ちょっと頭身がおかしいような?二人の子供顔があまり普段と変わらないからでしょうか、少し違和感がありました。チビボッスンはあんなに可愛かったのにな〜。27歳ヒメコモモカを見ると年齢の描き分けは出来ているのでカラーに時間取られて子供キャラがちゃんと描けなかったと思う事にします。まあとにかく真っ先にいじり倒してくれそうなスイッチが早々に帰ってしまったし、やっぱりヒメコはツッコミに回ってくれないとスケットダンスは面白くない!でも優しいお父んなボッスンが見られて良かったです。

<銀魂>
桂さんの溢れんばかりの肉球への愛はともかくネコ達が全く可愛く描かれていない!いや敵役だ悪役だとかいう問題ではなく絵がヘタクソだという問題です。こんなヘタクソなネコたん描くアシスタントは辞めちまえ!と空知先生も思ったわけではないと思いますがひとまず犬ネコ対決は置いといて犬とおじいさんの方に話をもっていったのはウマイと思いました。

<ポセイドン学園>
本編と同じくらいつまらない(多分担当さんが書いている)アオリ文がついにウザイの領域まで来てしまった。今週めらりにょんがちょっと良かったのですが、説明臭いアオリ文のせいで台無し。無い方がましだ!

<バリハケン>
今回はひたすら依頼者の女がやりたい放題で団吾がかわいそうなだけの話。舎弟達が言ってたようにツンデレのデレがないか期待してたんですが、フォローも何も無くて笑えませんでした。特にお父さんのために貯金していたちびっこなんてネクタイ買ってもらったからいいって話でもないような…。
[PR]
by minonetsu | 2008-04-14 20:44 | ジャンプ感想 | Comments(0)

スペイン旅行記<その3>

いや〜ここんとこ風邪引いて寝てました。やっぱりスペイン風邪??

<スペイン4日目>
向かったのは世界遺産の街トレド!無謀にも風車に挑んで命からがら奇跡の生還を果たした教訓から今回からバス移動にすることに。それにしてもガイドブック見ると移動時間が電車とバスと同じくらい、電車よりもバスの方が速かったりする所もあったりで、この国の交通網はどうなってるんだ!?

そんなわけでトレドです。トレド良かった!城壁に囲まれた旧市街の古い建物、複雑に入り組んだ細い路地につい誘い込まれるように歩いていると……や、ヤバい……これ絶対迷子になるパターン……フフフ、私だって異国情緒に浮かれて一人旅の危険性を忘れる程バカじゃあありませんよ。幸い修学旅行っぽい学生の団体さんがたくさんいたのでつかず離れず迷子にならんように市内散策しました。エル・グレコの絵の飾ってある教会や博物館を見学。エル・グレコの家は工事中かなんかで閉まってました。お腹がすいたのでそこらへんのお店に入って「本日のランチ」を頼んで一息ついたと思ったら店員さんが「◯◯?それとも××?」しまったーー!二択方式のメニューだったか!?しょうがないので後に言った方をそのまま繰り返して出て来たのはビール(私アルコールダメなの!)とご飯に牛肉の汁(何味と言われてもエキスっぽい汁としか…)をかけたもの。ご飯がガリガリ固まってたのは「おこげ」だと信じる事にします。まあウマくも無くマズくも無い昼食をとってそそくさと店を出ました。ビールは私ホントにアルコールダメなんですけどカッコ付けて半分くらい飲みました。

今回「後で他の街にも寄るからいいや」とトレドであんまりお土産買わなかったのですが、マドリッドでは大したお土産売ってなかったんですね〜。お土産買うならトレドがオススメ!綺麗なアクセサリーとか博物館で買ったモザイクタイルのマグネットも喜んでもらえたし。エル・グレコ印のマズイお菓子はまあマズイはマズイけどパッケージはいかにも「外国のお菓子」ってカンジでグーだしどうせ人にあげるから(コラ)。今度は地図読める友達とじっくり散策したいなーと思いつつここらへんで帰ることに。地図みてもどこにいるのかさっぱり分からないので(やっぱり迷子になってる)城壁に沿って歩けばいいんじゃね?と道沿いに歩いていたのですが……ダメだ……キツい……直射日光がキツい……おまけにビールのアルコールが効いて来て気持ち悪い……『日本人観光客世界遺産でゲロを吐く』の見出しが頭をよぎる……直射日光を避けて町中に潜り込むと今度は道が複雑で迷子というパターンを繰り返し何とか見覚えのある通りに出ることが出来ました。ぐはー!よかった!

無事マドリッドのバスターミナルに帰着。ホテルに帰って一休みと思いましたが、う〜ん折角バスターミナルにいることだし、午後4時で日も高いし行っとくかアランフェス!?
[PR]
by minonetsu | 2008-04-12 23:23 | ミノネツトラベル(海外) | Comments(0)

今週のジャンプ感想<19号>

<サムライうさぎ>
おお、もう一周年ですか。今はジャンプトーナメントな話になっていますが、ジャンプにはめずらしく社会派なテーマをさりげなくぶつけている作品なのでこれからも地味なカンジに続いて欲しいです。絵もカワイイし。それにしても千代吉の能力がトンデモすぎてノリについていけない。

<スケットダンス>
コミックス買ってきました。新刊コーナー頑張って捜すとやっぱり最後の一冊だった…。
と、いつもの部室でグダグダやってる話に戻って安心。久しぶりにクラちゃん登場!と思ったらこりゃまた難易度の高い依頼人を連れて来て笑いました。何だかジャガーさんのうつくしまふくし君を思い出させるダンテ君ですが、なんだかんだでお互い積極的に意思疎通を計ろうとする姿勢が見られるところなんか、篠原先生のダメ人間に対する暖かい眼差しが感じられます。まあクラちゃんが話を聞いてあげれば普通に分かったかもと思いましたが。ゴミあさり大好きなスイッチも良かった。

<銀魂>
老人と老犬の感動ストーリと思いきやいきなり地球の存亡をかけたスペースオペラまで話が広がってしまう所はさすがです。こういうのって大抵ネコが悪者になっちゃうのでネコ派にも優しい話になってほしいです。

<バリハケン>
メイド釣り堀なんてあるかボケー!と全力で突っ込みを入れられない所がメイド業界のすごいところですね。ホントにあるのかどうか知りませんがあっても全然不思議じゃない。内容の方は…まあ先週今週とジャンル違いの下ネタはいいとして、架空の下ネタ競技でもルールとか作ってみて競技としての面白さが伝わってくればいいと思うのですが。今回の珍歩釣りもロッドをアレにしましたってだけだし。同じ架空競技でも今週のこち亀の会社将棋は面白そうだと思いました。

<ポセイドン学園>
内容はもちろんハシラの文章まで寒いのは本当にどうしようもないと思いました。いつも通りのラインナップなのに何でLOVEがテーマなんだ?
[PR]
by minonetsu | 2008-04-07 23:05 | ジャンプ感想 | Comments(0)