<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

生存者四名

あ〜ジョジョ小説が見つからない〜。

さてジョジョのテーマと言えば言わずと知れた『生命讃歌』ですね。小さな生き物が懸命に生きる姿は私たちに驚きと感動を与えてくれます。
<金魚>
a0088975_2157242.jpg
水が濁ってて3匹に見えますが4匹います。つまりペイジ、ジョーンズ、プラント、ボーンナムというわけです(意味がわかりません)そう、この金魚、一年前に姪っ子どもが金魚すくいですくってきた(そして何故かウチで世話をしている)金魚なのです!当初は11匹いた金魚達ですが、4匹!4匹も残ってますよ!つまりピストルズナンバー1、2、3、4というわけです(4はいません)

11匹→4匹で生存率低っ!とお思いでしょうが、いや、私は1ヶ月くらいで全滅するかと思ってたんですよ。酸素のブクブク無し、水草なし、時々何をカンチガイしたのか白菜が浮いていたり花瓶代わりに花が立ててあったり、エサは亀のエサ(亀はとっくの昔に全滅しました)だったりモナカの皮だったり、そんな過酷な環境で一年も生き延びた金魚さんたち。スゴイ!生命讃歌!

しかしそれだけではただの生命力の強い金魚ってだけなのですが、ミノネツ家にはそう、シーマちゃんというファイナルウエポンがいるのです。シーマちゃんは3〜4匹狩ったところで飽きて今では見向きもしませんが、そんなシーマちゃんの金魚狩りにも無事生き延びた金魚たち。実力と運を兼ね備えたラッキー金魚なのです!あ〜水の取り替えめんどくさ。
[PR]
by minonetsu | 2007-11-27 22:13 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<52号>

a0088975_20292569.gifジェネシスを始めたことは、お母さんには言わないようにしましょう。

<スケットダンス>
ギミアブレイクで思いっきりツボにハマってしまいました。もう!私ったらいつの時代の人だよ!先週はロマンちゃんの暴走にスケット団の皆さんが追いつけなかった感がありましたが、今回は面白かった!個性豊かな変人ゲストキャラに上手く距離を取りつつ対応できるかがスケット団の面白さといったカンジでしょうか。ジェネシスのラブからジュネーブのカウント方法はフランス語の動詞の活用みたいだと思いました。活用に一定の法則があるようにみえるので調子こいて覚えていくと原型が何だったかわからなくなってくるという…。しかし地理の先生がコレで、他の先生も大体こういうノリだとすると真面目に真面目な先生キャラだった吉村先生はスケットダンスではかなりの異色キャラなのかも。周りのノリについていけなかったのかな〜?と哀れみすら感じてしまいます。吉村先生も他の先生みたいにはっちゃけてみたかったんだよ!でも真面目だからはっちゃける方法がシャレにならん方向に行ってしまっただけで……

<サムライうさぎ>
相手を褒めない、自分の事を話さない。の制限ルールで女子口説き選手権。ん?つまり顔勝負?…って安易な展開にはならないだろうと思わせてくれるのがこのマンガの面白いところです。『このメス豚がァーーーっ!』で落とせるオナゴは銀魂の世界限定だし。

<P2!>
ををををを??終わった??アレ?終わった?そんな唐突すぎる最終回。ラスボスはスキンヘッドエンド??いろいろ張っていた伏線の中でとりあえずアキラちゃんと川末先輩の件だけはきちんと片付けてキレイにまとめてくれました。しかし地味と言ったら地味なんですが、絵も内容も丁寧で繊細で話運びも地に足がついていて、こういうマンガこそがリアルに学校で部活頑張っている少年ジャンプ読者を力づけてくれると思うのですが、ううむやっぱりそうでもないのかな〜?必殺技とか出て来た方がいいのかな〜?とりあえず乙女ちゃんのヒロムストーカーブログがちゃんと本人の許可とってたという事が分かって安心。

<勇者学>
ま、まさかこの話のために『河野の私服のセンスが悪い』の伏線を張っていたのかーー?と思って昔のジャンプ見てみたら、第17話で唐草模様のシャツ着てました。あ、一応張ってたんだ。気付いた所で笑いが倍増とかどうとなるもなし、なんつう微妙な伏線。でもエライ!

それにしてもジョジョ小説がどこにも売ってないーーー!
[PR]
by minonetsu | 2007-11-26 20:48 | ジャンプ感想 | Comments(0)

シーマちゃん大ショック!

うっうっうっ……今日はとってもショックな事があったのです。悲しくて悲しくてたまりません…

シーマちゃんが野良ネコにケンカで負けてた……

庭で猫のケンカの声がしたので見てみるとシーマちゃんと野良猫が戦ってました。ふふん、シーマちゃんにケンカを挑むなんて何て愚かなネコ!昨日もこんな大きなネズミを首から(以下略)で、シーマちゃんがんばれ〜と見物していたのですが、何とシーマちゃんフギャーフギャーとお互い威嚇し合ってて、こりゃ勝てねえと思ったのか腹を見せての服従ポーズ!フギャーーーッ!!な、なんたることーーーっ!!??シーマちゃんが!あの気高き地上の覇者シーマちゃんが!ショック!大ショック!悟空最強と思ってたらラディッツが出て来てピッコロ大魔王ともどもふっとばしたって時みたいにショック!つまりシーマちゃんの戦闘力が400ちょっとに対しノラの戦闘力は1,500もあったということなのです!大ショック!その後車の下に逃げ込んだシーマちゃんをノラがフーフー威嚇しながらあぶり出そうとしているとんだ情けない状況を目撃してしまうことになり、もう悲しくて悲しくて…。

このノラはミノネツ家の庭に結構出入りしてまして、私が睨んだり『コラッ!』と大声を出しても全然平気にしてるくらい図太いんです。体格もシーマちゃんより一回り大きいし……はっ!もしやこのノラこそシーマちゃんの弟を食い殺した仇なのかもしれません!そう、シーマちゃんは弟の仇を討とうとノラに決戦を挑みそして力及ばず敗北……くーーーっ!なんて感動的な話なのでしょうか。今回は負けてしまいましたがいつかはきっと弟の仇がとれるはず!私が応援してるわよ!ガンバレおりこうてんさいけなげニャーちゃんシーマちゃん!
[PR]
by minonetsu | 2007-11-22 21:26 | おりこうシーマちゃん | Comments(2)

トークマスター使ってます。

ウェイ=クビンが倒せねえ……

友人みかてぃちゃんが『アクセス解析がおもしろいよ!』というので早速(ネームカード登録しようとしていろいろやらかして前のブログを変えるハメになって、これに懲りて今のブログでもしばらく様子見だったのですがやっぱり面白そうだったので)登録してみたのですが、う〜んこりゃ面白いね!チェックしまくりです。誰だ!『ボッスン スイッチ』で検索したヤツは!やおいか!?スケットダンスでやおいを調べてたのかーーー?とか。

で、意外に多かったのが『トークマスター』…やっぱり高い買い物だから使ってる人の評判をを事前に聞いてみたいんでしょうね。私は特に調べもせんと買っちゃったけど。ごめんなさい!せっかく検索して来て下さったのにトークマスターヤマトとかしょうもないことしか書いてなくてごめんなさい!というわけでトークマスターで検索10件突破記念、トークマスター使ってますよレビューー!ドンドンパフパフ〜。

ええとまずはボタンがカチカチで押しにくい。機能とは関係ない所なんですがもうちょっと使い心地をもっと考えて欲しい。折角3万近く出してるのにこの安っぽいカチカチ感はヒドイ。
お次はボリュームが小さい。イヤホンで聴くには問題ないのですが、ほら、イヤホンって聴いてると何か背中がムズムズするじゃん〜?で、イヤホンを外して本体のスピーカーから聴こうとしても最大音量でも音が小さくて聞き取りにくい。語学学習のためをウリにしてるのだからもうちょっとボリュームを上げれる様にして聴き取りやすくして欲しい。

と、不満はこんなもんでしょうかね?ラジオ講座は1週間分たまったら消してるので録音時間は一番短い8時間タイプでも問題ないのですが、そこんとこは人それぞれつうことで。リピート機能とかは操作がめんどいので使ってませ〜ん。私はいつもマクドナルド学習法(マクドナルドの店内で勉強する事。夜の店内には結構いる。コーヒー一杯で2時間は粘るので店員さんには大変ウザイ学習法)で勉強してるので持ち運び出来てどこでも聴けるっつうのが一番ありがたい所です。でも持ち運び出来るというだけなら、3万近い値段を考えると普通にカセットとか何かに録音してウォークマンで聴くとかいくらでも代案がありそうな。ウォークマン持ってる人は別に買わなくていいんじゃない〜?

というわけでトークマスターに興味深々なアナタ!ミノネツのアドバイスは役に立ったかな?そいじゃね!バハハ〜イ☆
[PR]
by minonetsu | 2007-11-20 22:32 | 日記のようなもの | Comments(2)

今週のジャンプ感想<51号>

だからウェイ=クビンが倒せないっつってるのよ!と、ロマミン話はさておきグレイが全然技を覚えてくれないのには困ります。

<ベルモンド>
うひゃあ!最終回!話の流れからあと二回くらいは続く(どのみち打ち切り)と践んでいましたが甘すぎた…私はジャンプを甘く見すぎていたよ…最終回といってもあと二回くらいは話が続きそうな最終回で、本当は二回分のストックがあったのだけどムリヤリ『ご愛読ありがとうございました!』のアオリ文で終わらされたような変な最終回でした。大増23ページの最終話はロランたちの後日談描くためにページ数増やしてもらったんでしょうか。いきなりフェードアウトしてしまった3人だけにちゃんと出番がもらえてよかったよかったです。で、最終回ですがベルモンドとジョルジュの話になるはずだったのに『それは後回しだ』で済まされちゃったよ!ベルモンドとダルタニャンの話になっちゃってたよ!ダルタニャンの裏切りの真意は明かされてもジョルジュの真意は明かされずじまいだし!あとそれからルイ13世(人間バージョン)が気の弱そうな美少年に描かれててヒャッホーー!でした。美少年美少年!

やはり初期のスローテンポな展開が響いたのか残念なカンジに終わってしまいましたが、連載の間に画力が目に見えて上達しているし、後半の柩編は途中で終わるのがもったいないくらい面白かったし、『次回作にご期待下さい』のアオリ文があるから次もありますよね。そりゃもう次回を期待していますとも!でも中世ヨーロッパものはもう描かせてもらえないかな〜?

<スケットダンス>
センターカラーで忍者編。『助っ人忍伝てやんでぃ』のアオリ文を考えた編集者は表に出て私と酒を酌み交わしなさい。江戸時代ということでスイッチ君はどうやってしゃべるのかと思ったら『木製パソコン』ときましたか!忍法◯◯の術とかに逃げない篠原先生の勇気がさすがだと思いました。ちょっとロマンちゃんのやりたい放題が目にあまる気がしないでもないですが、『可愛いけどウザイ』キャラだしまあいいか。でもこういうメタまんが手法は忍者編の番外編だからこれだけやりたい放題できたわけで本編ではあんまり多用して欲しくないです。

<銀魂>
神楽ちゃんの中二設定にちゃんと『生き別れの兄弟』があるのには感動しました。中二設定大好き人間ミノネツはリアルにカグーラ=ジャスアント萌えです。ああもう絶対生き別れの兄、閃光の戦士シェザードは敵のボスに洗脳されてるんだよ!カグーラにトドメを刺す間際に正気に戻って弟に光の戦士の証であるファイナルクリスタル(アイテム)を託して死ぬんだよ!兄の意思を継ぎ悲しみを乗り越え戦えカグーラ!とかいう妄想がモリモリ湧いてきます。

ん、これからロマミンがんばります。今日こそウェイ=クビンの首とったるで!
[PR]
by minonetsu | 2007-11-19 21:05 | ジャンプ感想 | Comments(0)

三丁目の夕日は大人にも見せるな

しんのさんのブログに便乗

ミノネツママンがルーマニアに旅立つミノネツパパンと今生の別れを惜しんで(縁起でもない)映画を観に行ったそうです。三丁目の夕日。オールウェイズです。

またケンカして帰ってきたよ……

ミノネツパパンは『あの時代にああゆう車は走ってなかった!』と車マニアにしかわからんようなことでぷりぷり怒ってた様子。一応ミノネツパパン世代のノスタルジーをウリにしてるんだし、こういう時代考証はしっかりしてるんじゃないかな〜?とミノネツママンがフォローしたのですが、それが却って『オレより映画をかばうのか』とヘソを曲げたようで。あ、別に深刻にケンカしてたわけじゃないですよ。『まったくも〜』ってノリですから。

まあとにかく私もミノネツママン説ですね。こういう時代考証の間違いは絶対マニアがネットで叩いたりして話題になったりするもんですが、2ちゃ…ゲフンゲフン全部のスレッドは覗けませんでしたが、私が覗いた限りではそういうツッコミは無かった様子だし。ホラ、まあ美濃ではあの時代無かったけど東京では映画に出て来たような最新鋭の車が走ってたんだよ。さすが高度成長期だね!
[PR]
by minonetsu | 2007-11-17 21:57 | 日記のようなもの | Comments(0)

オヒトリサマ

というわけで今週末、ミノネツパパンがルーマニアに旅行にいくわけです。

ぐおおおおおおーーーっ!うらやましぅおおおーーーっ!

というわけであんまりうらやましいので温泉行くことにしました。下呂温泉。オヒトリサマで泊まれる宿プランなんだぜ~。一人で泊まってくるんだぜ~。今月私の誕生日ですが、誕生日に温泉宿ってのもいいよね!というわけで誕生日に予約取ってきました。う~ん自分へのプレゼントってやつですね!オッシャレーー☆☆☆しかし去年は(仕事休んで)芭蕉さん墓参りツアーに行ってきましたけど、どうして自分は誕生日にわざわざこんなうすら寂しい気分に持って行きたくなるのか・・(平日の下呂温泉なんてうすら寂しいを具現化したみたいなもんだし)

これで一人温泉宿はクリアーしたとして、私の究極のオヒトリサマの目標は「一人カラオケ」です。一人映画、一人海外旅行、一人吉野家、あんまり人目を気にしないタイプだし他にもオヒトリサマで出来ることはクリアーできると思うのですが、どうしてもこれだけは一歩踏み出す勇気が出ない・・誰か一緒に行って!(ダメじゃん)
[PR]
by minonetsu | 2007-11-14 16:22 | 日記のようなもの | Comments(5)

今週のジャンプ感想<50号>

『スケットダンス日和』a0088975_20553163.gif・・・いやあ何か今回もギャグ無しの日だったので。

<スケットダンス>
カンニングDVD事件の犯人は吉村先生でした。こういうお話も学園ものにはアリですがやっぱギャグ有りの回の方が好きだな〜と。とりあえず犯人はクラちゃんじゃなくて良かったです。親友が犯人だったらさすがのスケット団でも爽やかに終われませんからね〜。でも最後にクラちゃんの『信じてあげられなくてごめんね』的な、描写があればもっと爽やかに終われたと思うのですが。最後の吉村先生の『マジメでいるのが嫌になった』的な独白が気になります。こう、学校の中に真面目な先生が真面目でいるのがバカバカしくなるような暗黒面があるのかな〜と。まあそういう GTOっぽいのはスケットダンスの領域じゃありませんよね。

<ベルモンド>
空飛ぶキューブにどこでもドアで決戦の舞台(何故か森の中)へ。何とという超展開!いよいよアレか!アレなのかーー?こんなアレに向かって一直線な展開にもかかわらずちゃんとアトスとダルタニャンの友情話を盛り込んでくれたのは嬉しかったです。それにしても友を語るダルタニャンの嬉しそうな横顔が何とも言えず嬉しそうな変な横顔で、見ている私も思わず苦い笑いが漏れてしまったのであります。

<勇者学>
『センターカラーなのに体操着が盗まれるというありがちな展開』のアオリ文が一番面白かったです。でも服をひっぺがす繰り返しギャグが効いていて面白かったです。一度だけならくだらなくて寒いギャグを何度も繰り返す事にことで『何となく面白い』と感じてしまうアレですね。鋼野先生が河野を犯人と決めてかかって全然話が先に進まないだけに、普通に『犯人は誰なんだろう』と、考えながら読んでしまったよ…くそう…ふんっ!どうせくだらないオチなんだろ?って予想してたんだからね!んでもって『体操着膝バッド計画』は、こう、膝パッドをブラ的に…ビキニ的に……着用する……そういう計画かと思ったよ……。
[PR]
by minonetsu | 2007-11-12 21:10 | ジャンプ感想 | Comments(0)

ファンタジーやメルヘンなんですから

というわけで『詩とファンタジー』買って来た!!……いや、実は発売日にちゃんと買えたんですが例の『マチ子ゲロまみれ事件』で幸いゲロの被害は免れたもののページとかぐしゃぐしゃになってしまったのでその本は酔っぱらいに差し上げて自分用を買い直したわけであります。

そういうわけで創刊号ですが……内容はポエム&イラストのあの頃のメルヘンのままでなつかしい気分になったのですが、イラストの執筆陣が安西水丸…山口はるみ…飯野和好……ただのイラストレーターじゃん!いや、『ただの』どころじゃない大御所イラストレーター陣なのですが、メルヘンの絵描く人じゃないじゃん!大御所引っ張って来て気合いが入ってるのは分かるのですが、絵描きの人も良い仕事してるのですが、やっぱり『たくさんある仕事の中の一つ』なカンジがして何か悲しい…ここはやっぱりメルヘン出身のおおた慶文や、きたのじゅんこ辺りは連れてこないと!!ていうか詩はともかく読者のメルヘン絵は募集しないの??『メルヘン』の時は、やなせ先生の講評が妙に辛辣で「アンパンマンのマル描いてチョンの絵で『人物がまるで描けていない』とか言うか!」とか思いながら楽しく読んでいたのですが……M◯Eでもたまに審査員やってますけどそちらは普通に褒めてるんですよ〜。いかにやなせ先生が『メルヘン』に精力を傾けていたかが分かるってもんです。

メルヘンがファンタジーになっていろいろ変わってしまいちょっと寂しい気分ではありますが、やっぱりこの手の雑誌が戻って来たのは嬉しいので、いつまでもメルヘン心を忘れない大人として(それはそれでアカン)まったり応援して行きたいと思います。
[PR]
by minonetsu | 2007-11-07 23:55 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<49号>

a0088975_205555.jpgベルモンドとスケットダンスのコミックス買って来たよ☆おりこうシーマちゃんと記念撮影だよ☆同時発売のこの2冊ですが、それぞれ発行数はどんなもんなんでしょうかね?ベルモンドはまだ10冊程残ってましたがスケットダンスはギリギリ最後の一冊でした。

<ベルモンド>
こ、こら!最後のページをアップで締めるな!終わっちゃったと思ったじゃないですか!アオリ文が『ご愛読ありがとうございました』って書いてあると思ったじゃないですか!今週も掲載位置がアレでこのままだとダルタニャンを倒した所で『残る七曜剣はあと5本!ベルモンドの戦いは始まったばかりだ!』で終わりそうなカンジですが、ええ今週も面白かったですよ。今までお行儀良いフェンシング程度だったバトル描写も少年マンガっぽく迫力出てたし。サムディ党の兄妹もイイカンジ。今週も新キャラ続々登場ですが、せっかくアトスもいる事だし何とかアトスにも活躍の場を!あと出来ればアラミスを……もう一度(打ち切られる前に)アラミスを出してくだされーー!

<スケットダンス>
今回はギャグ無しの日。八木ちゃんをはめた犯人は(自称)親友のクラちゃんか(一見)理解のある先生っぽい担任か。どちらにしても後味の悪そうなお話になりそうだな〜。次の回でいきなり全然関係ないポッと出のキャラが犯人でした。となったらそれはそれでアカンだろうし。スカッとしたのたのんますよ!

<サムライうさぎ>
新入門生の二人はうさぎ道場を守るためか監視するためか、どちらにしても鰐淵さん絡みで入門したのかと思ったら摂津さんの知り合いで、ちゃんと自分の意思で入門したっぽいですね良かった良かったです。そしてジャンプマンガならこれをやらねば武術大会!といってもただ剣の腕を競い合うだけではなさそうで…この前のアレみたいに『つまようじは扇子に乗せて渡しましょう』武士のマナー常識問題対決(間違えたら切腹)〜〜ドンドンパフパフ〜〜♪とかやるのかしら(やらないと思う)

<テニ様>
『包帯巻々総合病院』か……やっぱり許斐先生には敵わないな……

<ネウロ>
も、もしかしてラピュタですか!ムスカですかーーー(「性格が正反対の友人」イメージ図より)?今まで笛吹さんは何かのキャラとイメージがダブると思っていたら……そうか…ムスカだったのか……。石垣刑事を心底ウザいと思っていた私は今回の事件で『なんだかんだ言っても笹塚さんと石垣さんは良いコンビなんだね!』という話に持って行かれるんじゃないかとドキドキでしたが、ことさらそういう話でもなく、石垣刑事の良い所も(初めて)見られて良かったと思います。
[PR]
by minonetsu | 2007-11-05 20:56 | ジャンプ感想 | Comments(2)