<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

優待もらった

トイザラスの商品から環境ホルモンがどうやらで自主回収がどうたらというニュースを聞いてすでに5万程の含み損を抱える株主としましては『勘弁してくれーーー!』って気分ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?私は勘弁してくれーー!って気分です。トイザラスから株主優待もらいました。あと10年くらい持ってたら配当と優待で元が取れそうな気がするのでがんばります(その前にもっと損が大きくなると思う)

まあとにかく優待もらったので何か買いたいです!ミノネツの物欲リストでは

1、ファイファン5アドバンス
2、あと3年くらい待ってドラクエ9
3、逆転裁判(これは優待使わんでも中古で安く買えそう)
4、どうぶつの森(あんま興味はないけど売れてるのでちょっとやってみたい気分)
5、金券屋で換金

あ、別にDSのゲームでなくてもトイザラスに売ってるのだったら何でもいいんですよね〜まあゲームくらいしか欲しいの無いけど……
[PR]
by minonetsu | 2007-03-27 21:39 | 日記のようなもの | Comments(6)

今週のジャンプ感想<17号>

<もて王>
おおーーっ!ちゃんと先週の矢射子告白からリセットせずにちゃんと決着つけるとは!頑張った!ありがとう亜門先生!おめでとう矢射子!でもカップル成立で今まで内向きだった暴走ベクトルが嫉妬に向いてしまってるみたいであんまり宏海が幸せになった感が薄いのですがどうなんでしょ?妖狐の陽子登場はドキ高入学で、これからも(もうちょっとだけでも)連載続くと思って良いのかしら!?もう一人ゲストキャラ(?)もえるんは名字が『あざとい』割には普通の子でした。陽子が化けたバージョンの方が『キツネミミ&語尾が〜ッス』であざとさ倍増ですよ!萌えるっス!!

<ペンギン>
今回はバカ彦くんでまるっと一話。やはりつかさくんあってのバカ彦くんネタだと思いました。

<ギャグ読み切りその1>
ううむ…ぬらりにょん(だったっけ?)からじわじわと下がっているような気がします。不幸なキャラが不幸なまま終わってる所が私には合いませんでした。大江先生も読み切りで大分目にするようになったし、そろそろ連載かな〜?と思うのですが、連載するならメガネマッスルよりかぬらりにょん(だったっけ?)的なものでお願いします。

<ギャグ読み切りその2>
絵がキモいというかストレートに気持ち悪かったです…同じリアル絵でも先週の地球防衛軍はリアル系の絵で表情もあまり崩さず、その表情の固さが面白さに繋がっていたのですが、こちらはリアル絵でそのまんま目ん玉が飛び出るギャグ顔をやってしまってるところがキモ面白いところまで行かず、単なる気持ち悪さになってしまってるような。

<ナルト>
ううむやっぱりジャンプのお色気要員はラルグラドの人でもとらぶるの人でもなく、ナルトの人ですよ!!こんなにむちむちもちもち、リアルにおいしそうなおしりとおっぱい!外国でナルトが受けてるのはエキゾチックニンジャ〜(語尾上がり)への興味以外にも案外こういうグラマー好きな外人さん(偏見)のツボをついた所にあるのかもしれないと思ったわけです。忍者まんがなのにこんなお尻の重そうな女の人ばっかり出て来ていいんかいと言いたいくらいのムチムチっぷり。忍法女の子どうしの術は二人の表情といいポーズといい『ちちくり合ってる図』の見本のような素晴らしい絵図です。えっ?忍法男の子どうしの術ですか?いやあその…ゴニョゴニョ……最高ッス……モニョモニョ……

<銀魂>
価値が増すごとにどうでもいい機能が追加されて行く真選組の刀が良かったです。地味にホントに便利な所がまた。で、真選組に新キャラ。こういうクセのあるキャラが出て来る度に私の中で『こいつらに慕われ一つの組織にまとめあげてる近藤さんはホントにスゴイ人だ!』と、どんどん評価が高くなっていくんですけど。何の法則って言うんだっけな〜?こういうの。

<アイシールド>
ポスターで各キャラの日常みたいのを描いてましたがこういうのを本編でやって欲しいと思ったのは私だけではないはず!鬼兵と和解する水町とか、キャプテンにしごかれる阿含とか今後の展開に繋げるために重要な所だと思うのですが。『実はこういう事があったんですよ』という所はファンの想像力におまかせしないでちゃんとマンガ内で描くべきだと思うんですけどね〜。

<サムライうさぎ>
『なな菜』のネーミングが良。和む。
[PR]
by minonetsu | 2007-03-26 21:53 | ジャンプ感想 | Comments(0)

一年ぶりだけどそうでもない

うおおおーーっ!更新したぞーー!執務室更新じゃーーー!……いやでも自力更新じゃないところが何とも情けない所でありますが、galleryのコーナーに飛んだって下さい。COASAさんありがとう〜〜執務室の成分の半分はCOASAさんのやさしさで出来ています。

あと、今回頂いたのは5周年お祝いイラストなんですよね。前回の更新の時は4周年祝いだったのですが、更新履歴を見ると、どうみても半年くらいしか空きがない!!何故だ!(しらじらしく)
[PR]
by minonetsu | 2007-03-25 15:43 | 日記のようなもの | Comments(2)

シーマちゃん大進撃

ミノネツ家のてんさいハンターおりこうシーマちゃんの今度の獲物はモグラさんでしたーー!いやあ生まれて初めて実物見た!今までテレビかなんかでしか見た事の無かったモグラの実物を見せてくれるなんて!!なんててんさいおりこうさん!!

しかしうっかり地上に顔を出した所をやられたのか、シーマちゃんが掘り出したのかモグラなんてどうやって狩ったんでしょう?てかウチにモグラが住んでたのがビックリでした。すごいなウチ!とにかく陸(モグラ)海(金魚)空(スズメ)と完全制覇ですよ!どんな動物だろうとシーマちゃんの鋭い牙から逃れられないのだーーー!シーマちゃんおりこうさんすぎーー!でも私が発見した時はこれまでのバラバラ惨殺死体じゃなくて、足や頭をピクピクさせて絵に描いたようなひん死状態だったのでちょっと可哀想でした。うっうっ…
[PR]
by minonetsu | 2007-03-24 17:10 | おりこうシーマちゃん | Comments(4)

続・5分でやるのだ

<前回までのあらすじ>
数独のDSソフトを買ったミノネツは初級問題にも苦戦中。
『そうだな…この数字配列から考えると10分から20分くらいかかるぜ』
『5分でやるのだ』
…無理!無理だってばブチャラティ!(何故ブチャラティ)

うっかり上級者向けのソフトを買ってしまったのか(でもパッケージには特別何も書いてなかったよ!)まあ普通に一般向けに売るならこんな厳しい設定しないでしょう?ていうかホントに5分で出来るのこの問題!?(もちろんミノネツの判断力や直感力が人並み以下という可能性は考慮に入れてません。)私が知らない解き方のコツとかあるの?あ、『仮置き』は最近使い方を覚えました(説明書読めれ)そんなわけでヒントに置く最初の数字の個数の最小は17個とかどうでもいい知識を拾いつついろいろ調べては見たのですが、ホントにルール通りに一つ一つ注意深く数字を埋めて行く方法がベストの解き方だということが分かりました。てか分かるよそれくらい!この数字がこうなった場合この数字がここに来るとかいう回答パターンとか無いのか−!

結論:『一つ一つ数字を積み重ねればいつかは正しい道へと辿り着く』…そうだろう…?アバッキオ(何故アバッキオ)
[PR]
by minonetsu | 2007-03-22 19:17 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<16号>

<もて王>
ついに矢射子告白(鼻血吹き出しながら)!次回テンパってたので告白したことを忘れてしまったとかで何事も無かった様にスルーってのは勘弁して欲しいのですが、それはそれでまとめに入って来たみたいで不安なのであります。今週はオービー…じゃなくてダービーの『コール!コール!』のパロディが、いつもの唐突な一発ネタ的なものじゃなくてちゃんとストーリーにからめてあるのが良かったです。吉下さんがたとえ話にさらりと戦隊モノの名を出してくるのはきっと弟さんたちの面倒をみているから自然と詳しくなっただけで、別にマニアだとかそういうんじゃないと思うよ!それにしてもアバレンジャーは面白かったな〜。

<バレーボール使い郷田豪>
先週ジャンプ感想をお休みしたのは仕事が忙しかったからで、別に(私が勝手に期待の新人と認定していた)高橋先生の初連載があまりにもつまらなかったのでガッカリしてたわけじゃあ…うん…正直ガッカリ…。一応ギャグものとして読んでいるのですが、豪のアホっぷりに笑おうにも状況説明的なナレーションがうるさいし、ネオンくんの振り回されっぷりを笑おうにもそれほどムチャな目に遭ってるわけでもないし。まあとにかく私が高橋先生に期待していたのは青春だよ!甘酸っぺえ青春モノが読みたいんだよ!
そんなわけで第二話ですが、ネコたんのかわいさですべて許せます。第一話では高橋先生の最大の武器である可愛い女の子が全然出てこなかったので、どうしちゃったの!?カワイイ女の子出てこないじゃん!表紙に出て来たネコミミは!?って思ってましたが、そうか〜第二話で登場でしたか。いやあもうホントにネコたんカワイイ。『ストーカー撃破→結婚してください!』の流れもカワイイ!ただ私の思う高橋先生の描かれるカワイイ女の子というのは”クラス一”とか”近所でも評判の”とかそういう隣の女の子的可愛さだと思うのでモデル設定はどうかな〜と思うのですが、まあカワイイのでいいです。高橋先生頑張れ!

<ネウロ>
子供の心を持ち続けるということと、ストライクゾーンが子供ということは全然違うと思いますが、子供心を忘れない大人というのはまあ一般に変人に見られがちなので、案外変人というカテゴリーでは同じなのかもしれないのかも。と、前回のただの変態ジジイから悩めるピュア老人と読者に好感を持たせるような描き方はさすがです。そして読者が好感を持った所で殺人事件!事件をネウロたちが解決するのは良いとして、本来の依頼であった身辺警護の依頼は失敗してしまったわけなので、その辺は何かフォローでもあるのでしょうか。

<ドンマイ!地球防衛軍>
ヤングジャンプ的な絵柄で表紙を飛ばしてたら何かホストものと勘違いする人もいるかと思い…すんません一瞬ホストものかと思いました。そんなギャグマンガとは思えない流麗な絵柄とキャラの表情のぎこちなさと血圧の低さが妙な味わいを醸し出していて面白かったです。何より主人公が美形で成績優秀で貧乏な家族を支える苦労人でそれでいてそれをちっとも表に出さない性格の良い好青年というギャグマンガに許すまじキャラ設定なのに、それでもちゃんとギャグマンガの主人公として機能してる所がスゴイと思いました。所長のアクの強さを不快にならない程度に緩和しているというか。あとタイトルが最高。

<テニ様>
中身を見て超人バトルマンガと勘違いする人も…いると思う。全身血まみれで金網に叩き付けられている赤也ってテニスまんがのコマじゃありませんもの。
[PR]
by minonetsu | 2007-03-19 21:48 | ジャンプ感想 | Comments(0)

寝るぞーーー!

確定申告終わったーーーー!

終わった終わった!頑張った!よく頑張った私!マック残業(マクドナルドのバイト代並みの残業代)で頑張った!今日は仕事場の連中と打ち上げ会でお互いの苦労をねぎらい合いました。めでたしめでたし。ちなみに私の今年の還付金額は312円でした。ショボイとか言うな!これでも去年より増えたんだぜ!んでもって株を始めた当初の目標は『株で儲けてフランス旅行!』だったのですが、去年はユニバーサルスタジオ(日帰り)留りでした。そして今の所含み損でフランス旅行に行けそうな勢いでございます…トホホ〜〜

そういえば今年から個人情報がなんやらで高額納税者の発表止めちゃったんですよね。下世話な興味ながらアレ大好きだったのにな〜残念。

まあとにかく終わったので寝ます(COASAさんの絵飾るのはどうした!!)
[PR]
by minonetsu | 2007-03-16 23:39 | 日記のようなもの | Comments(0)

エトワール第二話!

月ジャン休刊まであと3号!一体どうなるエトワール!そんなわけでエトワール生き残りを祈願して毎号感想書きますぜ!

パリにやってきたダルタニャンは早速コンスタンスとコトに及ぼうとした所、思わぬ邪魔が!第一話でカラス座の聖闘士…もとい銃士に殺されたと思われたコンスタンスのお兄さんボナシェは実は生きていたのでした!ジャーン!安易な展開とか言うな!お兄さんが生きているということはコンスタンスはいもうとキャラだぜ!すげえぜ!こうして原作の人妻から始まりアニメ三銃士では娘。そしていもうとへ…コンスタンスの華麗なるヒロイン遍歴に乾杯です。ボナシェさんはダルタニャンのお父さんの下で銃士として働いて隊長をとても尊敬していましたがカラス座の人との戦いで大けがを負い銃士として復帰するのはもはや不可能。コンスタンスに手を出すわのお調子者のダルタニャンを認められなくて家から追い出してしまいます。

貴族の推薦が無ければ銃士になれないと言う訳でスカウト求めてパリの街をさまようダルタニャン。妖艶な謎の美女イザベラ(仮名)に出会い早速コトに及ぼうとした所、銃士なんかやめて護衛隊に入らない〜?うっふん。とうさんくさい話になってしまったので断ったらいろいろあって幻覚を使う祭壇座(そんなのあんの?)の聖闘士…もとい銃士と闘うハメになりまして、オリオン座の必殺技が通用しなかったのでカラス座の聖闘士…もとい銃士の必殺技を使って倒しました。敵の星座剣を使えば敵の技も使えるっつうのはちょい反則っぽいと思ったのですがまあカッコいいのでいいです。ダルタニャンの中にオヤジさんと同じ銃士の心を認めたボナシェさんもついにダルタニャンを認め、夢を応援することになりました。めでたしめでたし。

う〜ん今週は三銃士出ないのか〜と思ったら最後のページでついに登場!ヒャッホヒャッホーーー!土建屋さんの兄ちゃんみたいなポルトス(何故か土佐弁だぜよ)にヴァイオリ〜ン装備のアラミス(不協和音の兆し…)!てかバイオリンてお前…こんなモントゥトゥユピーばりの昔なつかしお約束美形アイテムをもってくるとは…んでもって黒髪じゃないのよ!残念!!そして土建屋さんの親方みたいなアトスで三銃士!アトスと言われなきゃトレヴィル隊長と間違えそうなアトスです。三銃士の中に土建屋さんが二人もいて何だかバランス悪いカンジですが3人ともカッコイイのでまあいいです。パリにやってきたダルタニャンの話を聞き付け『剣を奪え 抵抗するなら殺せ』とアトス。一体何故!不協和音の兆しだぜ!(エトワール決めゼリフに決定)
[PR]
by minonetsu | 2007-03-07 22:29 | ジャンプ感想 | Comments(4)

今週のジャンプ感想<14号>

<もて王>
あわわわわ!!何だか、何だかまとめに入ってきたように思えるーーー!終わるなーー!終わっちゃイヤーー!そんな卒業式イベント、ラブ・ディスティニー。今回は乾と一口ちゃんが泣かせてくれましたよ!特に一口ちゃんの『この鈍感男!』は良かったです。間界人キャラは大体傍観&妨害するだけで宏海に対して『矢射子の気持ちに気付いてあげなさいよ!』って突っ込むキャラがいないのですが、まさか一口ちゃんがその役だったとは…。そんな訳で木嶋の告白(&玉砕)や矢射子の気持ちにちょっと気付いたっぽい宏海。それぞれの関係がちょっとずつ進展…というかやっぱりまとめに入ってるのかしら(泣)!!まあとにかく今回は本当に笑えて泣けた。一番泣けたのはサマンサへの『がんばれー!』の声援。サマンサはこういうあったかい声援を自然に贈れるキャラなんですね。ホントあったかい。いいなあ。

<今週の新連載>
『サムライうさぎ』いやもうタイトルが良いです『うさぎ侍』じゃない所が良いです(どうでもいい)お話の方は侍のいる江戸時代っぽい圧政も巨悪も必殺剣も出てこないしみじみとした、悪く言えばしみったれた話なのですが、お話の流れは特別まったりもったりしてなくて意外にテンポの良い感じ。ジャンプ的にナルトと銀魂の間にうま〜く収まってるな〜と思いました。毎回15ページくらいで読みたい作品だと思いました。

<ペンギン>
今回はレギュラーキャラのネタはナシ!全品新作!でもあんまり新作感が無い…前にも人妻何とかとか不良の何とかとか同じようなキャラいたし。コスの海が面白かったです。

<ユンボル>
ぐわーー!終わってしもた!わかりません!全然わかりません!何で終わっちゃったのか、何で人気無かったのかさっぱりわかりません!美形キャラがいなかったことぐらいしか思いつきません(それだ!)…いやいやそれは冗談として、バトル=工事の新発想。この設定をこれで捨ててしまうのはもったいないな〜と思うのです。『ユデンの園』『そして建設へ』なんてヘンさ爆発なネーミングなんてホントステキじゃないですか!どこかで再利用してくれないかしら。そいでもってゲンバー大王はやっぱりいい人でした。『手段は間違ってるかもしれないが世界を良くするためには多少の犠牲は仕方の無い事だ』マンガによくある悪役の理論ですがゲンバー大王が言うと絶大な説得力と悲哀が産まれるものなのですね。武井先生お疲れさまでした。本当に濃い10週間でした。
[PR]
by minonetsu | 2007-03-05 23:09 | ジャンプ感想 | Comments(0)

(私のジョジョに)何をするだァーー<映画ジョジョ>

いやあゲームといい映画といい、ここんとこのメディア化は何で第1部ばっかりなんでしょ?私の周りの友達に限って言えば古くからのジョジョファンの人気は2部3部だし、腐女子(ミノネツ含む)人気は4部5部だし。でもまあそういうコアなファンがついていない第1部こそ一般人気が取りやすいと踏んでの映画化なのかも知れません。話も単行本5巻分でまとめやすいだろうし。今更私が感想書くまでもなく酷評の嵐の映画ジョジョですがせっかくFJTさんが話題を振ってくれたのでここに吐き出しときます。

ええと、この映画のスゴイところは鑑賞中『ゲロ以下のにおいがプンプンするぜー!』とか『このビチグソがーっ!』『ド低能がーー!』修正後は『クサレ脳みそがーー!』などなど原作の名台詞(主に罵倒語)が脳裏に次々と浮かんでくるのに、肝心の本編ではそのジョジョの面白さのキモである独特のセリフまわしがほとんどカットされている所ですね!私が覚えてる所だけでも『そこにシビれる!あこがれるゥ!』『まあっ!ジョジョったらいけないひとッ!』『お前はいままで食ったパンの枚数を覚えているか?』『君がッ!泣くまでッ!殴るのをやめないッ!』『このきたならしい阿呆がーー!』細かいところでもっとあると思います。一字一句忠実にアニメ化しろと言いたいわけじゃあありませんが、そこがジョジョの面白い所なのに面白い所をわざわざカットしたりつまらない普通のセリフに変えるなんてどういう神経してるんだよー!ファンなめとんのかーー!

んでもってストーリーの統合不足や描写不足も目立ちました。ジョナサンに波紋の極意を伝えるツェペリさんが、カエルを無傷なまま岩を割るシーンなんか誰も見ていない所でやってるんですよ。誰に伝えてるんですか!ここでジョナサンに『波紋ってスゴイ!』って思わせるシーンなのになんですかこの意味不明っぷり!”とりあえず有名なシーンだから入れてみました”なカンジ。セリフはカットするくせにファンサービスしとんのかしとらんのかどっちなんじゃーーー!んでもって”悪のカリスマ”ディオ様の矮小っぷりも酷いもんです。”まくらに針”ってどこの昔の少女マンガですか。ちゃんと冒頭あたりで『ジョナサンを徹底的に精神的に追いつめてジョースター家を乗っ取る』というディオの野望が描かれていればまあ枕に針でも問題ない(そうでもないけど)んですが、そこらへんの野望も全然描かれていないのでホントに単なるイヤなヤツレベルです。

まあこれだけ文句たれつつも私は第1部にはそれほど思い入れは無いので(ていうか『私の赤ちゃぁぁん』がほとんどトラウマで読み返せない)『色と声がついて動いてるだけでもいっか』くらいの期待度で観たのですが……ストレイツォが出てねえーーー!!ホギャーーー!ストレイツォ出さんかいー!ああもう色がついて動いてしゃべるストレイツォすら見せてくれないなんてホントになんのための映画化だよ…。『ああーんスト様が死んだーー』の女子高生(当時)も泣いてるよ多分。いや、スト様が死んだの人は私じゃあありませんよ。でも当時女子高生だったら絶対こんなファンレター書いてました。スト様大好き☆
[PR]
by minonetsu | 2007-03-03 22:18 | 映画のカンソウ | Comments(0)