<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ウイッグとかカッコ良く言うの禁止<ヅラ刑事>

『日本以外全部沈没』がなかなか面白かったんで同じ監督のこの作品も観に行ってきました。
…という私みたいな一見さんにはどこがどう面白いのかさっぱりわからないとても難儀な映画でした。ネットで調べてみたらこの監督さんの作品をずっと見てる人ならわかる様式美のような『毎度おなじみのアレ』といった要素で楽しめるそうですが…バカ映画ならどんな作品でも楽しめると思っていたんですが、バカにはわからない楽しみ方があるようで。ううむ私もまだまだ修行が足りんわ。全体的な感想としましては、捜査一課に個性的な面々を集めたのはいいのですが、集めただけでそこから一歩も出ていないという印象。ヅラ刑事のモト冬樹ももうちょっとハジケたバカ演技を見せてくれるかと思ったらカツラ投げる以外は真面目に刑事だし。1,000円で見たのですが、1,500円の前売り買って前売り特典のハゲカツラもらった方がお得だったかも…。

<サービスショット!雪の日のシーマちゃん★>
a0088975_2059492.jpg

a0088975_2165427.jpg

シーマちゃんは雪が降っても元気に庭駆け回るおりこうてんさいニャーちゃんなのだ!
[PR]
by minonetsu | 2006-12-30 21:00 | 映画のカンソウ | Comments(0)

ラ〜ストクリスマス♪

ってずっと『最後のクリスマス』だと思ってました。ゲビンマハ〜♪というわけで友人まなっぺから情報を仕入れ、今日が最終日ということであわてて電車に飛び乗り行ってきました!

芭蕉・元禄イルミネーション!!
a0088975_2218318.jpga0088975_22184632.jpga0088975_221906.jpg

なんかもうギャグマンガ日和にでてくる必殺技みたいなイベント名がたまりません。風流マルチサイバーバケーションみたいです。観光センターのチラシによると『駅前通りから大垣城周辺を市民の皆様の手作りイルミネーションを飾り幻想的な情景を演出します』…なんですが、で、なかなか幻想的な情景だったんですが‥‥見物客少なかったですよ!なんかクリスマスなんだからもっとカップルとかカップルとかカップルで賑わってるかと思ったら、どうにも閑散として寂しいかぎり。監視の市役所の職員さんの方が多いくらいかも。まあおかげでマーフィーくん片手にバカ写真がとれたので良しとします。今年から始まった企画だそうですが、来年はあるのかしら??まあとにかく今まで大垣の街は仕事の時に車でざっと通ったくらいでちゃんと見物したのは初めてでした。さすがおくのほそ道結びの地ということで、居酒屋『芭蕉』とか面白スポットがもりだくさんでしたよ。
[PR]
by minonetsu | 2006-12-25 22:19 | 日記のようなもの | Comments(0)

ギャグマンガ日和サウンドコレクション感想<その2>

昨日はいつもの連中とクリスマスパーティー!みんなでケーキとか持ち寄ってゾンビvs救急車(プレステのゲーム)とかやってました。そんな楽しいパーティのBGMにオススメなのが日和CD!…持って来ればよかった…くそう。

#07 セリフ&サウンド…リズムに乗せてアニメのセリフをうまい事サンプリングしてあります。『あ、お菓子たべる?』『…いやですけど』聖徳太子と曽良くんの奇跡のコラボレーションだぜ!しかしこの二人おんなじ声優さんが演ってるんですよね〜!全然別人にしか聴こえません。声優さんってスゴイです。

#08 ハッピーエンディング…アニメ第一弾のエンディングをメドレーで。といっても歌詞は『ラ〜ララ ララララ〜♪』だけで、つまり延々ラララなんですが、一話ごとのバリエーションがあって全然飽きません。うさみちゃんバージョンが一番好きだわ〜

#09 BGM集

#10 ミニドラマ『酒田にて』 …奥の細道シリーズの短編をCDドラマ化です。う〜ん……アニメもそうなんですが、曽良君が怖すぎるんですよ〜。何かぶっきらぼうを通り越して芭蕉さんの事が嫌いどころか心底軽蔑しきってるように聴こえて、芭蕉さん大好きっ娘(死ね)のミノネツとしてはどうにもいたたまれない気分になります。原作はもうちょっと…なんだかんだで曽良君は芭蕉さんの事が好きなんだろうな…とか…まあ……つまりアニメの曽良君は萌えない!ということで…ゴニョゴニョ……

#11 ハーブの香り聖徳太子…聖徳太子が作った歌です。聖徳太子ののほほんとした歌声がほのぼのしてていいですね〜酒田の次にコレを聴くとますます同じ声優さんということが信じられなくなります。

#12 アタック!ギャグマンガ日和 Nazuka Ver …おなじみの熱血主題歌をアイドル歌曲っぽくアレンジ。ラヴ江から乙姫様まで、日和の女性キャラの声を一手に引き受ける名塚佳織さんが歌っております。ぶりっ子ボイスがホントにラブリー!!でもちゃんとオチで『あ”ーつかれた!』と落としてくれる所が日和です。

#13 BGM集…と、ここまで聴いていて思ったのが、BGMに使い回しやアレンジが少ないということ。5分番組の中の数秒かのワンシーンのためにわざわざ曲を作曲してるのですよ!なんという贅沢なアニメなんだーー!(動画には金かかってなさそうだけど)

#14 ギャグマンガ日和音頭…豆岡高校もそうですが、『らしさ』よりもノリ重視なのか、音頭というか祭りのお囃子みたいな感じでした。

#15 ハッピーエンディング…アニメ第二弾のエンディングをメドレーで。ヤクザ編が好きです『ナニワじゃーー!』

#16 アタック!ギャグマンガ日和<カラオケ>
#17 オアフ!ハワイ日和<カラオケ>
#18 ハッピーエンディング<カラオケ>

カラオケ付きです。練習しましょう!

とまあ、だいたいこんな感じのギャグマンガ日和サウンドコレクション!友人みかてぃちゃんも『いい買い物したね』と大絶賛!皆さんもお近くのCD屋に走れ!売ってなかったらネットで買え!
[PR]
by minonetsu | 2006-12-24 20:50 | 日記のようなもの | Comments(0)

ギャグマンガ日和サウンドコレクション感想!

かくして車の中でもパソコン中でもアホの子のようにリピートリピート聴いているギャグマンガ日和サウンドコレクション!ざっと感想です。

#01 アニメBGM集

#02 『アタック!ギャグマンガ日和』…もはや説明不要のアニメ主題歌の名曲!2番が新たに収録されてます。バレーボール(多分)にかける青春をテーマにした『アタック!ギャグマンガ日和』2番では相撲をテーマに高らかに男の世界を歌い上げます!!♪ちゃんこはそんなに好きじゃない♪でも♪食べるときは食べる〜〜♪

#03 『オアフ!ハワイ日和』…特別バーション。アダルティーな雰囲気です。

#04 『オアフ!ハワイ日和』…『アタック〜』と同じく2番が書き下ろし。ハワイなんて!と思わせてやっぱりハワイ大好き!という歌です。何でそんなにハワイが好きなのでしょうか。

#05 アニメBGM集その2

#06 豆岡高校校歌…このCDでは原作に出て来る歌を楽曲にして再現!という所をウリにしてたんですが、ちゃんと歌になったのはこの豆岡高校校歌と『ハーブの香り聖徳太子』『ギャグマンガ日和音頭』の3曲。さすがに時間がなかったのか予算がなかったのか歌詞を考えるのが大変だったのか、ワンフレーズのみの歌に新たに歌詞やら曲をつけられなかったらしく、原作でちゃんとそれなりの長さの歌詞が作ってあったものに曲をつけただけでしたよ。『お前のガーデニングは最悪』とか『おのれ都民』とか聴きたかったのにな〜残念。で、豆岡高校は校歌というより行進曲みたいなノリでした。これはこれで楽しい!甲子園の入場曲に使っても違和感ありませんよ、いやマジで!

続きはまた明日!
[PR]
by minonetsu | 2006-12-23 00:09 | 日記のようなもの | Comments(0)

このミノネツにボーナスが出たような気がしたがそんなことはなかったぜ!

給料に毛が生えたようなものをもらったので早速買っちゃったんだぜ
a0088975_19362242.jpg

ギャグマンガ日和サウンドコレクション!

日和アニメにCD作るほどそんなにサウンドってあったっけ?そんな全28分2,000円という良心価格!…いや良心的だと思いますよホントに。38分で3,000円とかするハム太郎ソングコレクションなんか(血の涙を流しながら)ボカスカ買ってましたから…いいんだよ!ハム太郎かわいいからいいんだよ!何か文句あるんですか!あるわけないだろ!ハムちゃんのキュートな歌声がたった3,000円だなんて!シールだって付いてるんだから!安い!絶対に安い!チキショーー!!あ、日和サウンドコレクションですね、そんなわけでただ今マックで聴いてます。やっぱり曽良君はオットコマエな声だわ〜聖徳太子と中の人が同じとはとても信じられません!面白いんでレビューとか書くかもしれない。
[PR]
by minonetsu | 2006-12-20 19:42 | 日記のようなもの | Comments(2)

フランス語ブームなのか!in岐阜

先月、毎月買ってるエネッチケーのフランス語ラジオ講座のテキストを買おうとしたらどこにも売ってなかったのですよ。大きい所から小さい所6件くらい廻ってみたけどどこも売り切れで、ちょうど名古屋に行く用事があったついでにやっと買えたというくらい。12月号なんて講座の途中だし、今から始めようっていう時期でもないし…発売日から5日くらい過ぎてたのでまあこんなこともあるかな〜と思っていたら、今月号も売り切れ店続出。他の語学講座のテキストはちゃんと売ってるのに、フランス語だけなんですよね売り切れてるのは。ホガ!!!何故だ!ブームなのか!
[PR]
by minonetsu | 2006-12-19 22:04 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<03号>

<今週の新連載>
舞台はなんとか王国でお姫様とかいて、メカも出て来てパッと見た目SFファンタジーっぽいのですが、設定が土建屋の世界!ドヴォーク王国にゲンバー大王。ファンタジー世界にこんな汗くさいネーミングというズレが面白いです。そんなわけで世界は破壊と想像の工事現場。ストレートに汗くさいながらもハードボイルドな男の世界!!が描かれていてカッコイイ!伏線かと思ったお姫様がいきなり登場というのも潔くて良い!!これからも楽しみです〜

<ネウロ>
ヤコちゃんがくだらない動機と言っていたように、HALの動機はマンガ的に『よくある話』だったのですが、ここまで奇麗な結末を見せられるともう何も言う事ありません。春川教授の苦悩と絶望の深さがきちんと描かれていたからこそ、こんなに綺麗なラストになったのでしょうか。んんでもってラストに珍しくネウロに感情をぶつけるヤコちゃんに萌え。

<銀魂>
こちらも完結電脳メイド編。銀魂らしい人情で締める良い話だったのですが、どうにも今回ネウロと話がかぶってしまって印象が薄くなってしまったのがもったいない!!

<もて王>
今回登場人物が多くてごちゃごちゃした印象だったのですが、それでも木嶋、真白木さん、温子ちゃん始め登場キャラ全員に見せ場があったのがスゴイ!伊舞ちゃんの誕生日だったのに、これもクリスマス生まれの宿命か、単なるクリスマスパーティーだったのが残念だったわ〜。そして『トナカイの肛門をつついて蹴られた』サンタが顔に傷のあるシヴイおっさんだったとは(何かのパロ??)何だ!この無駄かっこよさは!何を狙ってるんだ亜門先生は!!

<ボーボボ>
チキショー!こんなの反則だ!と思いつつDCSの人に大笑いでした。ギャグがどうとかいうよりも『ドーピングコンソメスープ真拳』ってネーミングの響きだけでグッときます。声に出して読みたい日本語ですね。しかし何故こんなタイミングでDCSなんでしょうか。単なる飲み会でのノリ??

<今週のよみきり>
いいにおいの汗で何かあるかと思ったら、別に話にはあんまり関係なくて単なるギャグその1だったのがもったいないなと思ったのですが、全体的にノリノリで面白かったです。デブでキモイキャラを、デブでキモイギリギリのラインで踏みとどまりつつあそこまで好感度高く描けるなんてスゴイですよ!
[PR]
by minonetsu | 2006-12-18 21:41 | ジャンプ感想 | Comments(0)

ほう


『魍魎の匣』映画化ーーー!!

姑獲鳥の出来がアレだったのにどうして続編にGO!が出たのかそこんとこの事情はよくわかりませんが(監督もお亡くなりになっちゃったし)まあ何はともあれ楽しみにしております。木場修のキャスト変えて下さい(別に宮迫さんがダメというわけじゃあありませんがイメージが…)久保はミッチー(今回は及川光博の意で)でお願いします。
[PR]
by minonetsu | 2006-12-17 20:28 | 日記のようなもの | Comments(0)

ガイジンの命はうまい棒より安い<日本以外全部沈没>

ずっと前に某サイトの管理人さんがブログにて『日本以外沈没』と表記してらっしゃったのを見て、ちがーーう!日本以外全部沈没なの!『全部』が付くと付かないで(バカ度が)大違いなのよーー!と注意しようかと思いましたが、こんなしょうもないことでツッコミ魔だと思われては大変だと思って黙っていました。そんなわけで日本以外『全部』沈没です。ようやく岐阜でも始まったのでいつもの連中に『見に行かん?』と招集かけたら私も含めて4人も集まってしまいましたよこのバカどもが!!と思ったら初日で1,000円だったこともあってか50人入りの会場の6割方埋まってたのがビックリでした。

まあそういうわけでタイトルからおわかりのように正真正銘のバカ映画です。草なぎ君の『日本沈没』に対抗して『日本以外の国が全部沈没する』ワンアイディアのみで作りました感が満載。沈没を逃れて日本に大挙押し寄せて来た外人(ほとんど白人)で日本の人口が5倍に…といっても町並みは休日のオフィス街みたいにこざっぱりしてるし(多分休日のオフィス街でロケやったんだろうな〜)エキストラの数も少ないしでカオス感もありません。食料問題や治安問題など、真っ先に深刻になりがちな問題は『捕鯨が再開された』や『外人天気予報』でさらりと流されるだけです。ハリウッドの大スターも最初はちやほやされてたものの、日本の排他的島国根性と白人コンプレックスの反動で社会の最下層に追いやられて…と、そんな所を楽しむという底意地の悪いブラックコメディですが、まあ普通に分別のある大人なら笑い飛ばせるレベルかと。そのハリウッドスター役の外人キャストも全員どっかのロシアンパブから引っ張って来たような安そうな人ばかり、スタッフロール見て私の知ってる名前は、つぶやきシロー、金子ナンペイ(イラストレーター)、叶井俊太郎(プロデューサー)くらいだったでしょうか。だだ主演の3人の俳優さんがめちゃくちゃカッコよかったよ!ということだけは思いっきり主張したいところであります。
[PR]
by minonetsu | 2006-12-06 21:24 | 映画のカンソウ | Comments(2)

みんな〜乗ってるか〜い(車に)

昨日、ついにミノネツの新車がやってきました!
a0088975_2156535.jpg

日産マーチのマチ子(名前)でーーす!!
どうですこのキャワイらしいフォルムにオシャレな色合い!新車の香りがたまんないぜ(でもすぐに肉まんとコーヒーくさくなる)

a0088975_2157743.jpg

マーフィー君(クリスマスバージョン)とロッキーチャック(奥のねずみのぬいぐるみ)もゴキゲンだぜー!わーいわーい★☆
[PR]
by minonetsu | 2006-12-05 22:01 | 日記のようなもの | Comments(2)