<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ライセンス更新した

というわけで本日はカーライセンスを、え、いや、あの車の免許です。カッコ良く言ってみてすみません。あの、車二台つぶしてますけど。はい、ゴールド免許です。すみません。

というわけで車の免許更新の時に払う交通安全協会かなんかの会費ですね。ちょっと昔ニュースでアレはロクなことに使われん上に別に払わなくていいシロモノだと言ってたので今回は払わない事にしましたとも!か弱き庶民の権力へのささやかな抵抗なんだぜ。全然可愛くないマスコットの交通安全ステッカーや、天下り役人の給料に旅行前の大事な¥1,500出せるかよ!イエーイ。これぞロック!(違うと思います)で、窓口でおつりのないように諸経費2,800円だけポンと出して『すみませ〜ん。余分なお金もってこなかったもんで…』作戦に出たら『ああそうですか』と、あっさり手続き終了。うん。特に嫌がらせも何もありませんでしたよ。講習の時に使う交通安全の冊子もちゃんともらえたし。そんなわけで皆様もカーライセンス‥すみませんカッコ良く言ってみてすみません。運転免許更新の時は『お前に払う金は無い作戦』で権力に反抗してみませんか?あとそれから今日ユーロの現金を買いに行ったらユーロ高で去年より¥1,500近く値上がりしてました。
[PR]
by minonetsu | 2006-10-31 22:04 | 日記のようなもの | Comments(3)

今週のジャンプ感想<48号>

<ブリーチ>
今週の見所はやっぱり破面の女の子の『何よあの女』のセリフですね。あの後織姫ちゃんの発表会(何の?)用のドレスをビリビリにしたりトゥシューズに画鋲を入れたりしそうなノリですね。がんばれー!やっちまえーー!

<ボーボボ>
ココんとこバトルとギャグがうまく絡み合って1部の時のようなノリが戻って来たようで嬉しいです。久しぶりにスズ登場!と思ったら強制労働よ!いや〜ん(喜んでます)でもノリは軽くなっても書き込みが(ムダに)スゴイせいか、画面が重い。(ムダに)劇画調なキャラの描き込みなんかは原点に戻ったカンジでいいのですが、背景の描き込みまでスゴくなちゃってとにかく読みづらい。一部の時は原っぱみたいな所で戦ってたり背景なんかヨレヨレで(でも画面の構成のセンスがあるせいか、ちゃんと描くべき所はちゃんと描いててきちんと漫画になってる所がスゴイ!)そこがまた面白さの一つでもあったんですけど。

<もて王>
ウンコ…幸運香からどうしてこんな流れになるのかハロウィンネタ。まあとにかくイベントモノはそれぞれキャラの個性が出て面白いですね!メガネキャンディ2連打が良かったです。やっぱりべっこう飴で出来てるんでしょうか?で、勝負に負けて幸運香を太臓に取られる宏海。自分が最初にもらったものなのに、花子に対して『すまん花子』って謝る宏海が……エエ人や……どこまでいい人なんだお前……

<テニ様>
たーーまーーらーーん!いやあもうサブタイトルが『お笑いテニスの恐怖』ですから!これだからテニ様って素晴らしい。これを大阪人への偏見とか怒っちゃダメなんですよ。怒ったら負けですよ。

<ハンズ>
というわけでやっとハンドボールが始まりました。今回はキャプテンしか顔見せがありませんでしたが、主人公と同じ熱血方面でキャラが被ってるかな〜と思いました。まあ他にいろんな個性のチームメイトが出てくれれば。クセのありそうな鬼コーチ(ババア)登場で来週も楽しみです。

<P2>
いつの間にヒロムの中で川末先輩ががこんな大きな存在になってたんだ!!?

<オーバータイム>
どうなっちゃってるの!?今週も面白いよ!まつ毛キモイだけと思ってた太朗くんの決意の表情や、笑顔にグッときました。いや、私が無気力だったキャラがやる気を出して頑張るって話が好きなだけですが。まあとにかく私が面白いと思った所は野球の話で無くても成立しそうな話なので、てか野球は要らないですよね〜。次回作は野球とか幽霊とか変な設定抜きにストレートに何か青春っぽいの描けばいいかもしんない(適当極まりないアドバイス)
[PR]
by minonetsu | 2006-10-30 20:07 | ジャンプ感想 | Comments(0)

銃倶の会誌来た〜

わ〜毎年恒例の人気投票!アニメ含む総合部門は私はあんま気にしてません。アニメアラミスの存在はほとんど反則ですもの(褒め言葉)!昔のアニメージュにおけるナウシカみたいなもんですね。そんなわけで注目は原作部門です。原作だけ見てみると毎年変動があって面白いのです。いつもフーケ様は私と知り合いのお姉さんのくらいしか投票してくれないのですが、今回は点入れて下さった人は私の知る限りでは3名はいらっしゃいますからね!ウッホホーイ!ありがとうございまーーー……お前ら点ケチりすぎじゃーー!ほら!もっとドッカンドッカン入れんかい!おかげでモードントとアラミスに負けちゃったじゃん!ケッ使えねえ!…はっ!いやいや、あの、皆さんのお気持ちが嬉しい訳でありまして、もっと点入れろなんてこれっぽっちしか思ってませんから!(やっぱり思ってる!)ありがとうございましたーー!

それにしても今回は投票人数も少なくてちょいと寂しいカンジでしたね。私もキャラクター特集の時にしか投稿してないしアレなんですが。折角キャラコーナー担当させてもらってるのでちゃんとした原稿描いて盛り上がる様に頑張りた……いで…す。はい。多分次の執務室は毎度おなじみヴォーのお城レポか、執務室お休みでアニメ三銃士ネタで漫画一本考えてるのでソレ描くかもです。まあとにかく毎度の事ですが人気投票に固執しまくりの点クレクレ魔で誌面汚してすんませーん。来年も萌え度75%のフーケ様をヨロピク☆
[PR]
by minonetsu | 2006-10-24 22:25 | 日記のようなもの | Comments(3)

今週のジャンプ感想<47号>

<今週の読み切り>
良くまとまってたと思います。…ダメだ…これしか感想浮かばない。こりゃ面白ーー!と印象に残る程でもなければ、つまんねーー!と本を投げ出す程でも無し。設定が詰め込み気味でちょいと読みづらかった所が残念でした。でも良くまとまっていたと思います。

<もて王>
うっひゃあ今週は下ネタ全開パワーだ!何だかこんな正々堂々な下ネタ、却って古き良き昭和の香りを感じました。『ビッグになりたい』『アレは繊細な生き物なのさ』アオリ文がいいフォローになってて面白かったです。と、今回最後あたりの宏海のモノローグが気になった所でしょうか。いつも間界人たちにいい様に翻弄されっぱなしでやっぱり内心腹が立っている様子(まあそりゃそうだ)宏海が悠たちに反撃に出るようなお話も読んでみたいですわ〜

<銀魂>
と、もて王がちびっこ向けならこちらは大人向けの下ネタです。いつもの連中によるドタバタっぷりが楽しいのですが、九ちゃんのキャラは崩さない様にお願いしたいです〜。ところで東城カーテンのシャー…もとい若の成長記録日記は『カーテンのシャーが気になって修理しようとロフトに行ったは良いが思わずゴスロリとかの衣装を買ってしまってなかなかシャーの修理が出来ない』という解釈で宜しいのでしょうか??

<ハンズ>
名古屋ではロフトよりもハンズの方がいろいろ揃って…と、大して面白くもないボケをかましてみました。まあとにかくハンズです。やっとのこさハンドボールの話になりそうですが、ホントオヤジさんは良いキャラですね。子供かばってヤクザに撃たれるなんて…って、そこまでの覚悟が無いとハンドボール出来んのかーー!?ああ恐ろしや。

<ナルト>
うひゃあ!アスマ先生がお亡くなりに!『こんな手の込んだ死亡フラグ立てんでもどうせ生きてるじゃ〜ん』とバカにしてました!ごめんなさいアスマ先生!最後の一服とかクサイ演出も全部ひっくるめて泣いたよ…うっうっ…

<アイシールド>
う〜んやっぱりこの漫画のギャグパートは面白くない……。特にちびっこ(名前忘れた)と鬼兵の所なんかね。あそこは笑う所なんでしょうが、な〜んかちびっこが鬼兵小バカにしくさってる様子に見えて不愉快なんですよね〜。大田原とかアハーハ(名前忘れた)とかもう面白くもない一発ギャグを(自分では面白いとカンチガイして)延々連発してるみたいでひたすら寒いし。てか決勝戦前のこの展開で何でギャグ話を入れるのでしょうか?

<オーバータイム>
これまでひたすら不愉快なキャラと雰囲気だけの野球描写が嫌いだったのですが、今週は面白かったです。まあ悪キャラが改心するって話が好きなだけなんですが。
[PR]
by minonetsu | 2006-10-23 19:44 | ジャンプ感想 | Comments(0)

ココナッツの香り〜ああハワイ〜♪

部屋の掃除してましたら妹の新婚旅行のオーストラリア土産でもらったハンドクリームが出てきました。そんなに手ガサガサじゃないし(苦労してないから)、ずっとほったらかしにしてたものの、全然使わないのもアレなんでちょっと試しに手にすりこんでみましたが、これがスゴイいいカンジ!クリームというか乳液タイプでベタベタ感もなくスッっと手になじむカンジ。すりこんでるとココナッツの香りが鼻をくすぐります。いや〜こりゃゴキゲンだね!すべすべサラッサラ。いいカンジいいカンジ〜。

と、それが朝のこと。未だに香りがとれません。ココナッツの香り、ココナッツの甘い香りがーーーー!!こんなもの!!そう、クリームの香りがもうキッツイの!甘くて良い香りなんですが、これがもう一日中。あむぁ〜い香りにつつまれてご飯食べたり、コーヒー飲んだり…味がわからねーーー!ハワイの夢でも見れるかと思いきや香りが気になって昼寝もままならねー!これが頭のスキっとするようなハーブ系とかだったら良かったんですが、もったりした空気が頭を包んでるようで勉強も手につかんし本を読んでも頭に入ってこないーーー!

このすべすべサラサラ感が絶妙なだけに封印しておくのももったいないし。くそーっ!
[PR]
by minonetsu | 2006-10-21 19:57 | 日記のようなもの | Comments(2)

今週のジャンプ感想<46号>

<今週の読み切り>
ポルタの人です。ポルタの時の第一回1コマ目から漂っていたダメダメ感がすっかり消えて、きちんと最後まで読ませてくれました。スゴイ!…ポルタの時はきっと週刊連載で時間がなかったからあんなにダメダメだったんですね!設定もストーリー運びも特にこれといった矛盾は見当たらないし。この設定で連載しててもおかしくないくらい。北嶋先生はやれば出来る子だったんだよ!バカにしててごめんなさい!まあそれはそれでネタマンガとして読めなくなってしまった寂しさがあるのですが…。

<銀魂>
キツネの正体は『同じ仮面を被った(元忍者の)強盗団でした』って所は前々からそれとなく匂わせていたので別に驚く所ではありませんでしたが、義賊のキツネがまさか屋台のオヤジだったとは…しかも少年の小銭形をずっと見守り続けていた…こりゃ泣けるわ〜ハードボイルドや〜。『真のハードボイルドは屋台のオヤジ』は一発ネタかと思いきやちゃんとした伏線で、そして最後のオチにまでもってくるなんて!まあとにかく小銭形はともかくその子分(名前忘れた)が可愛かったのでまた出して欲しいです。

<ナルト>
かろうじて生きてましたアスマ先生。んでもっていのちゃん達が救けに来ました。よかったよかった。それにしても例の二人は全然役に立たな(以下略)。ところで冒頭のシーンみたいに例えば花瓶が割れるとか靴のひもが切れるとかで『もしかして◯◯の身に……!』ってやつはもはや死亡フラグじゃなくて『死亡フラグかと思わせて実は生きてますよフラグ』なんじゃないかと思いました。あ〜あ、どうせ死んだと思わせてホントは生きてるんでしょ?って。

<ハンズ>
だからヤクザネタはいらないって!マイナースポーツを取り上げているんだし、これを読んでるちびっ子たちはきっと『ハンドボールってどんなスポーツなんだろう』と思いながら読んでいるのでは?うん私もハンドボールって体育でもやった事無いしルールも何も全然知らないです。主人公がハンドを始めるきっかけ作りにこんな延々こだわらないで坂倉先生は早く練習でも試合でもやらせてハンドボールの楽しさを伝えるべきだと思います。もう…来週もヤクザの臭いがプンプンするし…

<P2>
こちらは順調にサーブも覚えてライバルも出現ですね。まあ特にひっかかる所も無く順調に面白いです。

<もて王>
今回の話があんまり良かったんで太臓はこのままオチ要因(最低のオチだが面白かった!)でいいんじゃないかと思ってしまった…木嶋は小学校時代の顔が良いだけの情けない男から成長した事がわかりましたが、太蔵は全然成長しないもんな〜。いやいやそこが面白いんですけど。失敗を乗り越え大人になっていく太臓なんてイヤだし。んでもって木嶋ゾーン発動で何が起こるかと思ったらナウシカネタ!ページをめくって盛大に吹いてしまいました。今回のネタだけじゃなく全体的にもて王はページをめくる楽しさがありますよね。『次は何だ!』と期待しながらめくったり、何て事ないシーンで次のページを見たら意外な展開で思いがけず吹いてしまったり。

<ボーボボ>
今回の敵は美形キャラばっかりで、もう私の読みたいボーボボと澤井先生の描きたいボーボボでは道が分かれてしまったのね…と悲しく思っていたのですが、ありがとう!ありがとう澤井先生私はまだついて行きます!柊がアレだったのはまあアレなんですが(何だ)『ヤツは相方を捜しているのだ』と、淡々と解説するジョブズが良かったよ。旧シリーズの敵キャラたちがあっさりやられていく様は読んでて悲しいんですが、まあバトル漫画のお約束ということで。旧シリーズキャラ誰が出てるか一生懸命捜してしまったよ…とりあえず…J……(泣)

<リボーン>
ありゃま。骸完勝。もうちょっと何かピンチな展開があると思ったのですが。アルコバレーノの謎を読者に提示するような話もなくマーモンがあっさりやられてしまったのも残念。
[PR]
by minonetsu | 2006-10-16 20:35 | ジャンプ感想 | Comments(0)

ユニバーサルスタジオジャパン行って来た!

三連休の最後の日にいつもの連中とUSJに行ってきました〜。最初私が『UFJに行こうぜー!』とお誘いのメールを出したら『UFJかよ!預金でもおろしに行くんかい!』とツッこまれた事は秘密にしておいて下さい。

さて、UFJ‥もといUSJですが、さすが連休だけあって、めっちゃ混んでました。日帰りバスツアーなので滞在時間は6時間ちょっと。到着したのも11時過ぎだったのでファストパスも売り切れ。こりゃアトラクション2〜3廻っておしまいかな〜と思っていたのですが、シングルライドのシステムは便利だった!まあバラバラの席になってしまうのはしょうがないとして、普通に並んだら2時間待ちでも30分ちょっと待つだけで乗れましたし。人気アトラクションのスパイダーマンも楽勝よ!なんか渋滞の行列を横目にスイスイ近道してくのって気持ちいいわ〜。そんなわけでお目当てのアトラクションはほぼ制覇できました。ナイス!

で、一日中歩き回ったUSJ、帰りのバスでぐっすり寝て行こうかと思ったらバスガイドさんが何を思ったか帰りのバスでビデオ上映ですよ!それはいいとして『男たちの大和』だよ!こんなん見たい人が金払って映画館で見る映画でしょうが!強制的に見せられるバスの中、遊園地の帰りに見るには重すぎるんだよ!バリバリバリ!ドガーン!ギャーー!おかーちゃーん!クロージュアーイ(長渕剛の歌)……ぐったり。うん。いや、最後のへんとかちょっと感動しましたけど。
[PR]
by minonetsu | 2006-10-11 21:26 | ミノネツトラベル | Comments(3)

あかりアートでデスノート

昨日は地元最大のイベント美濃和紙あかりアート展に行ってきました〜。特産美濃和紙で作ったあんどんみたいなのを展示するイベントです。まあ真面目な芸術的審査は審査員の先生におまかせするとして、私の目的はズバリちびっこ部門!!ちびっこの自由な発想と鋭い感性に製作の腕が追いついていない、そんなギャップが面白いのよ〜。てか、昔はいかにも『夏休みの工作でイヤイヤ作りました』とか『学校の図工の時間に作らされました』なグダグダな作品ばっかりで見ていて面白かったのですが、年を重ねるごとにちゃんとイベントに向けてつくられた、気合いの入った作品が多くなってきてちょっと残念なところであります。いや、いいことなんですけど。そんな中で厳選に厳選を重ねたミノネツ的最優秀賞は!

a0088975_16595128.jpg


松田(仮名)くんの作品、『デスノート』(そのまんま)でございますーーー!おめでとーー!パッヒョイパッヒョイ!
この作品の素晴らしい所は実に子供らしい素直な発想がそのまま作品に盛り込まれている所ですね。大人だったら『灯りアートにひっかけてライトとlight』と月くんを描くところですが、多分この子はただリュークが好きだからリュークをメインに描いたんですね(裏に一応月くんは描いてありますが)。結構模写ウマイよ!デスノートって言うくらいだからノート型の行灯を作りたいところですが、普通に普通の円柱型です。やっぱり変形行灯は難しいですもんね。ジェパンニにあやかって一晩で作ったんでしょうか。てか、ホントにこの作品くらいしかミノネツの琴線に触れるものはなかったですね。みんな真面目に作りすぎだよーー!(良い事ですけど!)来年も面白い作品があるといいなあ…
[PR]
by minonetsu | 2006-10-08 17:08 | 日記のようなもの | Comments(0)

今週のジャンプ感想<45号>

<もて王>
土曜ジャンプはつい忘れがちになりますが、今週だけは逃せない!『もて王サーガ人気投票結果発表』!わ〜いドンドンパフパフ〜。私が投票した『ひょっとこ公太郎』は何位かしら〜。………4票で56位でした。うわ、私の他に3人も公ちゃんに投票した人がいるなんて!結構意外でした。お友達になりたいです。投票総数は7,000ちょっとということで、さすがの人気っぷりを見せつけてくれました(悪い意味で)!でも10何万通も集まる人気投票だと一人で100枚ハガキ送ろうがあまり結果に影響ないんですが、これくらいの票数だと一票の重みが違いますね。プロシュート兄貴に100票も入れた人みたいに自分の愛(ネタ)が結果に反映されるなんて投票のしがいがあります。そして亜門先生第三位おめでとうございます。第二回人気投票めざしてこれからも頑張って下さい!

<P2>
坂を上りきる所でもっと盛り上げるかと思ったらあっさり流されちゃいました。でも友情、努力、そして勝利(一応卓球やらせてもらえたとこ)!やっぱりスポーツまんがはこうでなくっちゃ!ひたむきにがんばる主人公はいいですね。何か手抜きみたいなディフォルメとか変なボケとか、作者のかわいさアピールしてますよ。な作為を感じる所は別として。

<ハンズ>
うおーーっ!私の見立ては間違ってなかったー!やっぱりこの漫画のポイントはオヤジさんです。主人公の放漫な性格もオヤジさんがからむといいカンジにボケとツッコミ(?)の形になって嫌みに思えなくなるし。主人公もやる気も出してこれから面白くなって来るぞーーと思ったら最後のコマ。ヤクザネタはいらないよ…

<ペンギン>
ああ、サードゲイ鈴木は野球に関してはチームの要だったみたいですね。ウザがられてもなんだかんだ言って暖かく迎えてくれる仲間がいるっていいな。と思いました。今回はホモギャグよりも『そして これからも』に笑った。

<ボーボボ>
これだけは考えたくなかったのですが、澤井先生ってポコミ贔屓?今回もポコミでどうでもいい大ゴマ使ってるし。第一部の時はご自身のお気に入りキャラ(コミックスのコメントより)ヘッポコ丸をちゃんとサブキャラとして扱う自制心があったと思うんですが。まあとにかく105%程カッコ良くなって破天荒登場!んでもってこっそりランバダやレムも出て来たことだし、こっから何とか盛り上がって欲しいものです。

<リボーン>
本編表紙の天使リボーン、ギアッチョみたい。本編の方は素晴らしく骸祭りでした。鬼畜キャラから何だかだんだん丸く…悪く言えば萌え狙いみたいなキャラになったな〜と思いましたが、まあカッコイイので良し。萌え(まんまとひっかかってる!)

<銀魂>
ハードボイルドなモノローグはもちろん目尻がそっくりな親子三世代が面白かった。読者に分かり易いギャグマンガっぽい特徴ではなくて『よく見たら目尻がそっくり』な、微妙な血のつながりの表し方が好きです。

<ナルト>
『…確かに…』『じゃあ残るはあと一人…』の後ろ姿がヘタレ感全開です。ホントシカマルに頼りっぱなしだな。で、呪いの儀式でアスマ死亡…と思わせて、呪いの人(名前忘れた)首を切られて生きてた様に、あんまりダイレクトすぎて『これで終わり』ってカンジがしません。やっぱ生き残るんじゃないでしょうか?

<裏表紙>
うわ〜やっはり高橋名人はハドソンの広告塔ですね。知り合いに高橋名人のCD聴かせてもらったことあるんですが、本当に歌上手かった。何だろう、澄み切った青空のような美声(うわ)
[PR]
by minonetsu | 2006-10-07 14:14 | ジャンプ感想 | Comments(0)

おかえりなさい芭蕉さん

本日はちゃんとした方の(ちゃんとしたって何だ)芭蕉さんが大垣に到着して『おくのほそ道』の旅が終わった日〜……だったような違ったような。旧暦だと8月21日あたりだからまあ大体そこらへん。大体そんなかんじ。大垣にはたま〜に仕事で車をとばすことがあるのですが、記念碑とかってどこにあるのかしら?サボリついでに寄ってみたいわ!(サボるな)

さてさて先日私の部屋にスズメの臓物をぶちまけてくれたてんさいおりこうハンターニャーちゃんシーマちゃんがまたやってくれました〜。蛇捕ってきましたーー!蛇は体長15〜20センチくらい。頭を噛みちぎった跡アリ。人間サイズからみると小物ですがちっちゃくてカワイイシーマちゃんサイズからするアナコンダ並みの大蛇ですよ!そんな巨大な敵に立ち向かうシーマちゃん!おりこうさんすぎーー!イエーイ!てんさい!シーマちゃんてんさい!。さすがペットショップで同じ種類の猫が8万円で売られてたネコちゃんだけあるわ!(涙ながらに)タダで譲ってくれた里親さんも、ここまでたくましく育ってくれるとは思わ……すんませんすんません。もうほとんどノラ化してます。すんませんすんません。

<獲物を狙う女豹の目!>
a0088975_21143961.jpg

半年くらい前の写真なのでまだ可愛げがあります。
[PR]
by minonetsu | 2006-10-04 21:19 | おりこうシーマちゃん | Comments(2)