<< ガッカリ大須 ジャンプスクエア 2月号感想 >>

新・三銃士感想<第20話 波乱の舞踏会>

ついに舞踏会当日。首飾りはまだ到着していません。コンスタンスが時間を稼いでくれたものの生きた心地のしないアンヌ王妃。
◯コンスタンスの衣装や髪飾りがカワイイ!今回女性陣の衣装も見所の一つですね。
◯今宵は仮面舞踏会?ルイはクマの仮面。かわいいです。以前リシュリューが「おしろい塗って紅をさして」と言ってましたが、変な化粧してなくてよかった
◯三銃士達は会場の警備というわけでもなく普通に出席者に混じって飲み食いしています。お前ら首飾り探しに行かんの!?

「首飾りは少なくともリシュリュー側には渡っていないようだな」パリ中を探しまわった様子でヘトヘトのマンステールが通り過ぎます。
◯フルフェイスで仮面かぶる必要はなさそうですが、律儀にかぶってます。魚の仮面です。おおお…似合ってる…
◯こんな脇役にも小ネタ仕込んでるくらいだから、三銃士にも特別な衣装用意して欲しかったな〜?せめて仮面でも!

ダルタニアンが会場にやってきましたが…「いやあ探したんだけど見つからなくて…」
◯ダルタニアン一人に探し回らせてたのか!?さすが三銃士!固い友情で結ばれてるんだぜ……
◯申し訳無さそうなプランシェ。おサルでも責任を感じている様子。
◯そもそもサルに運ばせる不安要素満載のプランを決行したのは誰だ!?いかにも「私関係ありませんよ?」といった顔のしれっとした態度!さすがアラミス先生です。

「王妃の浮気のもみ消しに大の大人が雁首揃えて!滑稽な話だこと!」ネコのマスクのミレディが茶化します。
◯ミレディ様にあっかんべーのオプションが!さすが前半戦クライマックス、特別バージョンだわ〜

みんなの焦りをよそに、着飾ったトレヴィル隊長が到着。フクロウのマスクです。
◯ノリノリのトレヴィル隊長。ムーンウォークもやっちゃうよ!「ポー!」
◯感心するギャラリー達。「今どきだ!」アトスのセリフが効いてます。今なのか!?マイコーのダンスは今時なのか?いや今といっちゃあ今だけど昔って言ったら昔だし…でもこの舞台は昔だから…ええいワケ分からんくなって来た。
◯そういえばトレヴィル隊長マイコ−に似てるような気がする!正面からの顔が!

いやあ疲れた疲れた。こんな重いもの首にぶらさげて踊ってたから……首飾りだーーーー!さあコンスタンス、これをアンヌ王妃の元に!
◯と、そこにボナシューさん登場!ドーバー海峡タライ横断の件で名誉市民に選ばれたそうです。
◯副賞はイギリスまで無料でご招待!図書券では怒り狂ってましたが、タダでイギリスはさすがに嬉しい様子。

そんなこんなでボナシューさんに気を取られている隙にミレディに首飾りをすられてしまいました。
◯ああもうどうして誰か一緒について行ってやらないの!今週先週、なんか脚本に三谷先生が手を抜いてるみたいな詰めの甘さを感じます。見てる人が「ここは普通こうするだろ」と思うところで誰も彼も急にバカになってると思うんだ。

ふふ〜んミレディ様のお手柄よ!と、そこにポルトスが現れてミレディを強引にダンスに誘います。
◯ポルトスはダンスが上手いのです。ミレディをぐるぐる振り回してその隙に首飾りゲット!
◯ミレディ様にみだれ髪のオプション追加!ますますスペシャルバージョンです。
◯それにしてもダンスの得意なポルトスとトレヴィル隊長……ますます教育フェアの伊藤さんの発言が気になってきます。

こうして無事首飾りは王妃の元へ。その美しさにルイも大満足!
◯「この首飾りにはたくさんの人の思いが詰まっているからこんなに美しいのです」アンヌ王妃からダルタニアンたちへ、精一杯の最大限の感謝の言葉ですね。

これで一件落着!…そこにパトリックが現れてリシュリューにダイヤ窃盗容疑でミレディの引き渡しを要求します。
◯「リシュリュー猊下、あなたは素晴らしい部下をお持ちですね」思わず背筋をのばすロシュフォール。
◯「ダルタニアンくんのことです」思わずコケるロシュフォール。今週のロシュフォールはコレ以外に特に見所ナシです。

もちろんしらを切るミレディですが、パトリックは有能なのです。「女性なら危険なものと分かっていてもダイヤモンドをそう簡単に捨てられるものではない」そのふくらんだポケットの中身がアヤシイ…

追いつめられたミレディはヤケクソにこれまでの経緯を来場者の皆様にばらしてしまいました。しかしバッキンガムにあげたと言われる首飾りはアンヌ王妃が持っているし、ミレディの言う事なんか知らん顔してればいいし。リシュリューはダルタニアンにミレディ逮捕を命じます。

ミレディ大ピンチ!そこにアトスが窓を開けてさりげなく「逃げろ」の合図
◯アトスはわかるがアラミスまでダルタニアンを止めにかかるとは!?「もうあの女のことは放っておけ」と言うけれど…まあ関わりたくない気持ちは分かるけど…
◯確かにミレディの言った事は本当の事。ダイヤを盗んだのも本当だけど。でも浮気も浮気の尻拭いも悪いこと。それを全部ごまかして、表に出た悪い事だけをミレディ一人に押し付けてしまったことに罪悪感を感じたのかな。
◯あ、ロシュフォールは助けに行かないのか……まあ猊下の手前だし。
◯ミレディ様の捨て台詞!「ポルトス!ダンスお上手だったわよ!」「アラミスに神の祝福を!」
◯「アトス……愛してるわ」ああなんか効く!効くわーーー!この元夫婦、まだまだ秘密がいっぱいだ!

恐ろしい女だった…つぶやくロシュフォールですが、リシュリューはダルタニアンこそ真に恐ろしい敵と認識した様子。そのダルタニアンは銃士見習いからヒラ銃士に昇格(?)四銃士と呼ばれる日はまだまだ遠い!?

今週の教訓:エンディング曲が終わっても最後まで見よう!(ミノネツの録画では「ダルタニアン!このままでおわ」で切れてた)
[PR]
by minonetsu | 2010-01-08 22:51 | 三銃士 | Comments(0)
<< ガッカリ大須 ジャンプスクエア 2月号感想 >>