<< これだから季節モノは! ギリシャ旅行記の栄光<番外編> >>

新・三銃士感想<第19話 首飾りの行方>

今週はハラハラではなくイライラする回だったな〜。皆さん「こんなときに何やってんの!」と突っ込みたくなる事ばかりですよ!それにしても放送あって良かった良かった。アニメ三銃士の時代だったらクリスマスマジックショーとか特番で潰れてるところでしたよ。

というわけでロンドンから帰ったダルタニアンとコンスタンス。「アトスの使いであなた達を待っていました用意した馬車に乗って下さい」何やら怪しい男が待ち構えていました。。
◯ダルタニアンは早速乗り込もうとしますが、「枢機卿の罠かも」と、さすがコンスタンスは用心深い!「アトスを知っているなら分かるはず。太っているのか背は高いのか、アトスとはどんな男?」
◯「背が高くて痩せた男…」「それってアラミスなんじゃない?」「いいえ、背が高くて痩せた男ならもう一人知っているわ…」そう!男の正体はロシュフォール!

ロシュフォールはコンスタンスを人質に取ります。この女の命が惜しければ首飾りを渡せ!
◯ロシュフォールはアトスの事を知ってるのにどうしてちゃんと答えなかったんでしょ?コンスタンスに罠だと見抜かれて開き直った?それともアラミスの特徴を言ってコンスタンスの気を引くため?
◯ダルタニアンを脅すロシュフォールの鋭い目!久しぶりにシヴイロシュフォールだわ!

絶体絶命!しかしそんなピンチに現れるのが三銃士!
◯騎乗姿で剣を抜く様が決まってる!カッコイイーーー!

しかしコンスタンスが人質に取られています。ロシュフォールは銃を突きつけますが……
◯「その銃は火縄銃だろう、火種が無ければ発砲しないぞ」アラミス先生今日も博識です!
◯「お前が火種を取り出そうと懐を探る間に私はお前の喉元を三回は突いている!」アラミス先生の鋭い眼光!ああカッコイイ。
◯「ムグ…ひ、だね……?」ロシュフォールはどうやら火種が無いと銃が使えないと知らなかった様子。ああ…ロシュフォールよ…やっぱり今日もカッコ悪いぜ…
◯しかしなんでこんな時に限って剣じゃなくて火縄銃?「殺傷力抜群の最新兵器ですぜ」とか言われてついつい買っちゃったとか?ちょっとご都合主義だな〜
◯あ、でもああ見えて意外に新しいもの好きとか武器マニアって設定だったら萌えるかも!ノコギリ装備も似合ってたわよ!

こうなってはさすがのロシュフォールもかないません。ぐるぐるに縛り上げられるロシュフォール。ポルトスが見張りにつきます。パリで合おう!
◯別れ際にコンスタンスに「海できれいな貝殻を見つけたんだ…後であげるよ!」とポルトス。こ、これは死亡フラグ……なわけない。

ポルトスはロシュフォールを木に吊るそうとしますがロシュフォールは背が高いので地面に足がついてしまいます。
◯手頃な木を探して来るね〜。なんでここで目を離しちゃうの!?普通に見張ってれば良いのにーー!

ポルトスがいない間に脱出を試みるロシュフォール。そこに現れたのはボナシューさん。何やら上機嫌です。
◯世界初のドーバー海峡をタライで渡った人物として表彰されたそうです。タライ舟の王冠!なんだこの無駄な凝りようは!小道具さん良い仕事してる!

ポルトスが戻るとロシュフォールは脱出した後。ボナシューさんが怒ってます。
◯金一封かと思われた賞金は図書券でした。天才クイズかよ!でもいいじゃん図書券。私だったら大喜びです。広辞苑もらうよりずっといい…天才クイズかよ!

ロシュフォールが戻ってきました。今度はちゃんと縄に火がついてます!撃たれるポルトス!ボナシューさんが「死んじゃった?死んでたら財布いただいちゃうよ?」と、様子を伺っていると…
◯ポルトス復活!胸に貝殻入れといたおかげで助かったというわけです。おお…さっきのナンパは伏線でしたか。てか「きれいな貝殻」って…ホタテかよ!

次の村に到着したダルタニアン達。ダルタニアンは馬を選んでます。
◯「え〜っと、どの馬にしようかな〜?」なんでこんなにのんびり選んでるんだ!えり好みしてる場合なのか!?
◯三銃士たちも馬借りるなら厳選した馬一頭に絞り込みなさい!

馬を選ぶのに夢中で隙だらけのダルタニアン。ミレディにナイフを突きつけられます。
◯「これ以上近寄るとこの坊やを殺すわよ!」と、脅すミレディですが、アトスは井に介せずそのまま突き進みダルタニアンを救出!ミレディは俺に任せてお前達は先に行け!おおお!アトスカッコイイ!久しぶりにカッコイイ!
◯「お前は皆がいうような悪女じゃない」ミレディは冗談っぽくかわそうとしますが、アトスは引き下がりません。ミレディの事を本当に心配しているんです。
◯原作の「すっぱりコイツとは切れました」的な、ある意味潔いアトスも良いですが、こちらの何やら含みのある事情を抱えたアトスも良いですね。ああ気になる!

そこに現れたのはパトリックさん。ミレディの身柄の引き渡しを要求します。あっさりミレディを差し出すアトスですが…
◯え〜!ここでミレディ助けちゃうの?「この女は俺に任せろ」って言ったんだからちゃんと責任持って任せて欲しい!残念なアトスその1です
◯原作でミレディを木に吊るしていたアトスが今度は井戸に吊るされるとは…残念なアトスその2です。

パリに到着したダルタニアン達!しかしそう簡単には王宮には辿り着けるだろうか。親衛隊たちが待ち構えているはず……
◯アラミス先生の読み通り、親衛隊が待ち構えていました。
◯そこでアラミス先生からのクイズです!首飾りはアラミス、ダルタニアン、コンスタンス、誰が持っているでしょう?
◯あ〜私でもわかっちゃったな〜?プランシェが持ってるんでしょ?
◯プランシェが持ってました。「早くアンヌ王妃の所へ!」ええーーーっ?このままプランシェに届けさせるつもりだったの?アラミス先生ーーー!

プランシェは足が滑って?(ここらへんの描写が分かりにくい)首飾りは屋根の飾りに引っかかってしまいました。そこに現れたのはケティ!ひょいとしっぽで首飾りを取り上げます。
◯ボクシングスタイルのケティにプランシェは拳法の構えで応戦!モンキー&キャットファイト!
◯ネコパンチ!ケティのネコパンチ!……た、たまらんがな!(テレビの前で喜ぶミノネツ)魅惑のネコパンチくらわしたれ〜
◯ぼーっと見てるだけのダルタニアンたち&親衛隊みなさん。なんとかしなさい!

しっぽふりふりで臨戦態勢のケティですが、首飾りがぽーんと放りだされてしまいました。落ちた先はトレヴィル隊長の馬小屋(?)首飾りは誰の手に!?果たして舞踏会はどうなるのか!

今週の教訓:次回放送はは年越し1月8日!
[PR]
by minonetsu | 2009-12-25 22:56 | 三銃士 | Comments(0)
<< これだから季節モノは! ギリシャ旅行記の栄光<番外編> >>