<< タコ焼き。そしてポエム ギリシャ旅行記の栄光<その2> >>

新・三銃士感想<第16話 危険なつり橋>

ミレディとロシュフォールは三銃士達を先回りします。深い渓谷には古い吊り橋が「ここを落とせばロンドンには辿り着けまい…」

◯「リシュリュー様にもらったロンドンまでの交通費が浮くから、二、三日温泉につかってゆっくりすればいい。私も付き合うぞ」ああロシュフォールったらなんつう見え見えのデートのお誘い。高校生か!
◯本人は「か、カンチガイしないでねっ!親睦を深めるためなんだからねっ!」…だそうですが、さすがのミレディ様は「私のこと惚れてるんでしょ」とロシュフォールの純情な恋心にお気づきの様子。
◯「言ったでしょ…私は手の長い男が好きなの…」「うむ…私の手は長いぞ…」…ミレディの思わせぶりなセリフにロシュフォール期待マンマン!最初の出会いの時はミレディの誘いにも動じなかったのに〜クールでカッコ良かったのにーーー!
◯「だったらその長い手でさっさと吊り橋のロープを切ってよね!」すっかり立場逆転です。トホホ〜〜
◯ちなみに親衛隊は宮殿を警備する役目だからパリの外には連れ出せないそうです。ああ納得。先週の「目立ちすぎるから」はそんなの鎧脱げばいいじゃな〜い?とか思っちゃいましたからね。

そうこうしているうちにダルタニアン達到着!あわてて隠れるミレディとロシュフォール
◯そんな身を隠さんとダルタニアン達が渡りきる前に早く切っちゃえば良いのに〜?というツッコミは無しと言うことで。

吊り橋はかれこれ300年は経ってるだろう古いもの。いつ落ちてもおかしくありません
◯「300年も保ってるのならそれだけ丈夫な吊り橋ってことだろ?」ポルトスのプラス思考が頼もしいわ〜。

まずはプランシェが渡ります。それからダルタニアン。ふたりともなんてこと無い顔で渡りますが…
◯アトスは尻込みしている様子。20くらいある苦手な物の中で吊り橋を渡るのが一番ダメだそうです。つまり高所恐怖症です。ダメだーーアトスーーー!コイツ全然ダメだー!

アトスは岩にしがみついて徹底抗戦の構え。しょうがないのでポルトスが渡ります。アトスも根性見せて半分まで渡りますが、目がくらんで立ち往生。吊り橋で戸惑ってる間にコンスタンスが追いつきました。
◯つまりアトスはコンスタンス追いつき要員だったんですね!さすがアトス!アトスエライ!最高!カッコイイ!
◯ミレディはリシュリューのスパイ、信用してはいけないとアラミスに報告。
◯これで役目は終わったはずなんですが…コンスタンスも吊り橋を渡ります。あれ?ついていくの?
◯ミレディにけしかけられてロープを切りにかかるロシュフォールですが、ポルトスに見つかってそそくさと退散。ウリャー!ミレディと温泉行きたいならもっと根性見せんかい!

アトスを助けにポルトスが戻ってきました。コンスタンスを追ってボナシューさんもやってきました。アトスをジャマするためケティが!それを阻止するプランシェが!

吊り橋の上はてんやわんやの大騒動!もちろんロープは切れて吊り橋は落ちてしまいました。ロンドン側にはダルタニアンとコンスタンスそれからプランシェ。あとのみんなはパリ側に取り残されてしまいました。

こうなったらダルタニアンとコンスタンスでロンドンに向かうしかありません。そんな!一人で無理です!自信なさげなダルタニアンですが…
◯不安な時はこう考えるんだ!「アトスならどうするか!アラミスならどう考えるか!」…今週のアラミス先生の格言です。ポルトスのことは参考にしなくていいようです。
◯「たまにはオレのことも思い出してね〜」…さりげなく仲間はずれにされたのにポルトスは良い奴だ。不安な時はポルトスのことを考えるといいよ!明るい気分になるよ!
◯アラミスは「私たちはいつも君の心の中にいる!」死亡フラグのようなセリフを残し三銃士とダルタニアンは別れます。

三銃士は「コイツは一人で帰れるだろう」とボナシューさんを置いて行ってしまいました。コンスタンスを追いかけるためボナシューさんは…
◯縮こまって〜〜〜〜大ジャーーーーンプ!!…ボナシューさん飛んだ!つかこういうのアリかよ!
◯三銃士達は王妃様のために命がけで大ジャンプする気にはなれないだろうな。ここはボナシューさんの思いの強さの勝ちです。
◯しかしジャンプシーンどうやって撮ったんだろう?糸が見えない様に撮ってるとしても、消し方が完璧すぎてもっと「アナログですよ」「人形劇ですよ」っぽさが出てもいいのにな〜?とも思います。

こうしてダルタニアンとコンスタンス+プランシェはロンドンを目指すことに!少年と女性と猿。こんなメンバーで大丈夫!?
◯それにしてもアトスよ……恐怖を克服して渡るかとおもいきや、最後まで吊り橋にしがみついてみんなの足をひっぱるだけだったとは……アトスさん。あなたはダメ人間だ!

本日の教訓:エンディングの水彩画までアトスダメ人間シーンがピックアップされるとは…
[PR]
by minonetsu | 2009-12-04 23:55 | 三銃士 | Comments(0)
<< タコ焼き。そしてポエム ギリシャ旅行記の栄光<その2> >>