<< 新・三銃士感想<第九話 コンス... 新・三銃士感想<第七話 秘める想い> >>

新・三銃士感想<第八話 満月の森>

宿屋にいるはずのコンスタンスが外に!アトスの鉄拳制裁にも怯まずダルタニアンはコンスタンスを追いかけます。
◯「若者がムチャをするのは女がらみに決まっている」…アラミス先生の含蓄あるお言葉です。

ミレディはシャルロットと名乗りアンヌ王妃の侍女になります。

◯「家政婦紹介所から派遣されてきました」そういう世界観なの!?
◯「あなたはリシュリューのスパイでしょう?」「言葉数の多い人間んは信用しない事にしているの」ミレディの素性をズバリ見抜き牽制するアンヌ王妃!こんなキレキレのアンヌ王妃始めてや!カッコいいいいーーーー!
◯「王妃様、私はあなたの味方ですわよ」ロシュフォールの凄みやキレキレアンヌ王妃の間に隠れてミレディはまだまだ悪役として小物と言うカンジがしますね。こんなミレディも初めてや!かわいいいーーー!

コンスタンスと入れ違いに逮捕されたボナシューですが…

◯ロシュフォールは相変わらずコワカッコイイ!の照明さんの職人技です。ホレボレ〜
◯ボナシューによるとボナシュー夫妻は仮面夫婦でほとんど会話は無い様子。ほほう。
◯「ウチの下宿人が何か知っているかも知れやせんぜ!?名前は…アトス!」ダルタニアンが咄嗟にアトスと名乗ったのも、ギャグシーンかと思ったらアトス逮捕の伏線だったのか!!

宮廷を抜け出すアンヌ王妃
◯お城抜け出すのも文字どおり命がけ!断崖絶壁です。アンヌ王妃アクティブすぎ!愛の力はスゴイんだぜ…

コンスタンスは森の中の小屋に入って行きました。確認しようと木に登るダルタニアン。そこには…

◯ミレディが先客にいました。「お月様を見ていたのよ、あなたは?」「僕も……」ダルタニアンに対してはミレディの口調がさばさばしていて妖婦というよりチャキチャキのアネゴってカンジです。お互い腹の探り合いの中の会話なんですけど、なんだかホッとするシーンです。

アンヌ王妃も小屋に入ってきました。コンスタンスはバッキンガムのプレゼントのハンカチを手渡します。もうハンカチ一枚に夜の町を走り抜けアトスに殴られ断崖絶壁下って皆さん一苦労ですね。ハンカチを受け取りアンヌ王妃は外に出ます。

◯「あっ!あれは何!?空飛ぶ円盤!?」隙を見てダルタニアンを突き落とすミレディ。相手の気をそらすのにこの古典的手法!ミレディーーー!!うんうん。まだまだ悪役修行中ってカンジでカワイイ!!
◯木からドサリと落ちるダルタニアン。落ち方が本当に重い物が落ちた様に見えます。人形が本当に重いの?それともこれも職人技で重い物が落ちた様に見せてるの?
◯「心配したんですよ!」とブーたれるダルタニアンですが、コンスタンスは「お兄さんみたい」。そうなの〜?年齢的にも態度的にもコンスタンスの方がお姉さんなんですけど。自分のために頑張ってるダルタニアンを立ててあげたのかな?

二人の様子を木陰からアトスとアラミスが見ていました。

◯ミレディとはすれ違わなかったのかな?まあミレディの姿を見ていたらアトスがただじゃあ済まないだろうし
◯アトスは「か、勘違いしないでよっ!ダルタニアンを心配してたんじゃないんだからねっ!ベルトランの息子だから気になってるだけなんだからねっ!」だそうです。

こっそり宮殿に帰ったアンヌ王妃。ルイが「今までどこ行ってたの〜?」と声をかけます

◯アンヌ王妃のドレスについていた葉っぱに気付き「森に行ってたの?森で何をしていたの?」ううむ…アホの子に見えて実は抜け目無いのか!これからも注目ですぞ。
◯「満月にお願いごとをするとその願いが叶うのですよ。陛下は何をお願いしたのですか?」「もちろんフランス国民の幸せさ!」いやあ私も「ケーキ食べ放題」とか言うかと思ったら!視聴者の意見を代弁するかのように「……意外ににマトモな事言うのね」とミレディ。声色がオバチャンや〜ミレディーー!

ダルタニアンは今度こそとトレヴィル隊長にコンスタンスを任せます

◯「コンスタンスが外に出ないように一緒の部屋で見張ってて下さい」「了解!(嬉しそうに)」……トレヴィルたいちょーーー!
◯眠りこけるトレヴィル隊長を確認して、こっそり宿を抜け出すコンスタンス。…トレヴィルたいちょーーーー!……ダメだコイツ…まるで役に立たねえ…

下宿に戻るダルタニアン。部屋にはアラミス一人。ポルトスはまだ呑みに行ってます。アトスは…

◯ダルタニアンのとっさのでまかせ&ボナシューの密告で、ロシュフォールの親衛隊にしょっぴかれてしまいました。
◯ 出頭命令なんて知った事かといった風情のアトスですが、「ロシュフォール様に怒られるんです〜」泣きを入れる親衛隊長。羽飾りの色が違う程度の扱いかと思っていたマンステールがこんなイイキャラになるなんて!
◯「顔、出してくれば?」「めんどくせえな〜、じゃあ行って来るか」アトス逮捕さるの状況なのにアトスもアラミスも余裕綽々です。カッコイイわ〜

アラミスがダルタニアンに今夜の事を問いただします。アトスもいないし二人だけなら話しやすいでしょう。一体何があったのです?…コンスタンスとの約束を思い出し口をつぐむダルタニアンですが…

◯私は二十歳になるまでおねしょが治らなかった。アラミス衝撃の告白!!衝撃すぎる!
◯しかし私はあなたに「この事を誰にも言うな」とは言いません。
◯誰にも知られたくない自分の恥ずかしい秘密を話したのは、私はあなたが誰にも言わないと信頼しているからです
◯「誰にも言うなと言って秘密を打ち明けた人間を決して信用してはならない」 」アラミス先生のありがたい教訓です。うおおおおーー!ありがたすぎるーーー!

と、プランシェが騒いでいます。窓の外を見ると……ダルタニアンの心配をよそに、またまた宿を抜け出したコンスタンス!コンスタンスはかわいいわね。

本日の教訓「おねしょの話はアラミス一流のハッタリだと思うよ!お願いだ…ウソであってくれ……」
[PR]
by minonetsu | 2009-10-21 23:42 | 三銃士 | Comments(0)
<< 新・三銃士感想<第九話 コンス... 新・三銃士感想<第七話 秘める想い> >>