<< とりあえず名前 紅茶のおいしい喫茶店 >>

永遠のファミコンロッキー

お盆休みに名古屋の友達が遊びに来てくれました〜。いつもの連中から初対面の人もいてみんなで手巻き寿司大会やったり花火やったり夜中までトランプやったり楽しかったです。で、お兄ちゃんがたまに仕事に使ってるミノネツ家の離れの家が会場だったのですが、お泊まり用の布団を捜していたらファミコンロッキー全6巻(全部初版)発見!うわっ!確かにコミックス買ってた覚えはありましたがまだ残っていたとは!す、スゴイーー!こりゃお宝もんじゃございませんこと??そして全巻揃ってるというのにちょっと昔に出た愛蔵版まで揃ってる始末。お兄ちゃんどんだけファミコンロッキー好きなんだ!?お話の方はファミコン全国大会はもちろんファミコンで爆弾の爆発を止めたりリゾート開発を中止させたり忍者も拳法家も宇宙飛行士もみんなファミコンに命をかけ最後は主人公がアメリカにファミコン留学というホビー漫画の決定版と言えるべき内容でございます。読んでいたまなっぺが「ちょっwwボタン叩きすぎて血出てるしww」と驚いてましたがそんなの普通です。終盤にはファミコンのやりすぎで目が見えなくなって耳も聴こえなくなります(語弊アリ)いや〜今読むと苦笑するしかない内容なのですが、私を含め当時のちびっ子達はコレを何の疑問も無くカッコイイ!と思って楽しんでたのよね〜。

しかし今見ると内容はともかく終盤の絵の劣化具合のすさまじさの方が気になります。顔のパーツがどんどん詰まっておかしくなってくし、女の子の絵(男も)がルノワールの絵みたいにムチムチパッツンパッツンで、ほとんどデブ専……ま、まさかお兄ちゃん……!!!!

ヘラクレスの本の原稿コツコツやってます。10ページの予定がいらないコマや面白くないネタ削っていたら8ページになっちゃいました。う〜むもっとネタを考えねば。
[PR]
by minonetsu | 2008-08-16 16:51 | 日記のようなもの | Comments(0)
<< とりあえず名前 紅茶のおいしい喫茶店 >>