<< 本日でもヘラクレスの栄光 今週のジャンプ感想<29号> >>

本日ってヘラクレスの栄光

週末にみか邸にてベルばら大会ファイナルが開催されたためゲームの方はあんまり進んでません。ラストダンジョンと思われた所はやっぱりラストではなくて、もうちょっと何かありそうです。最後のタポスを破壊して外に出るとシュキオンの過去に関係した昔の男が追って来た所です。もうちょっと詳しく説明すると、シュキオンは過去に二人の男と関係を持っていて、昔の男はもう一人の海の男を利用して追いかけてきました。しかしシュキオンの心は海の男の方なのです。ヘラクレス将軍が3人の間で仲裁に入り、二人掛かりで責め立てるも昔の男は逆上。おっきくなった男に激しく突かれたシュキオンは意識を失ってしまいます。でもロコス達は「不死だから大丈夫っしょ☆」と放置して逃げた男を追って行きました。おわかりいただけましたでしょうか。

そんなわけでベルばら大会です。ファイナルです!いや〜何か人生生きてるうちにやっておかなきゃいけない課題を一つこなせたようなスガスガしい気分です。いやあ良かった!面白かった!有名な作品なのでテレビや雑誌で見た情報だけで知ってる気になってましたが、実際見たらやっぱり知らなかった事だらけでした。オスカルがフェルゼンに片思いしてたなんてビックリよ。アンドレが失明するとかオスカルが病気になって余命半年とか、別にそんな設定入れなくても話は進むような気がするのですが、話を盛り上げるためだけ(多分)にこういう設定を盛り込んじゃう所が昔の作品だな〜と。

そして(ミノネツの強弁な主張により)ジェローデルが一番いい男という結論に落ち着きました。宝塚は一回見て面白いと思わなかったんですが、福岡限定公演のベルばらジェローデル編が気になるわ〜。
[PR]
by minonetsu | 2008-06-18 20:48 | ヘラクレスの栄光 | Comments(0)
<< 本日でもヘラクレスの栄光 今週のジャンプ感想<29号> >>