<< あけましてミノネツアワード! 発表!2007年ミノネツアワード >>

2007年ミノネツアワード

え〜とリトル・ミス・サンシャインもうちょっと書こうとしたけどいつものごとく日が空いたらやる気がなくなったのでアレで終了。ジョンベネちゃん事件でちびっこミスコンの様子が当時ニュースでよく流れてましたが、ソレを見て気持ち悪いな〜と思った人なら必見かと。

<第三位 魍魎の匣>
京極堂シリーズ第2弾。前作の姑獲鳥の夏がアレだったので全然期待してなかったのですが、監督が変わったせいか(前の監督はお亡くなりになりました)前作と全然違ったカラーになっていてこれが面白かった!前作はストーリーも出演者も原作どおりにやろうとして、どうにもぎこちない印象だったのですが、今回はイメージ通り……いや全然イメージ通りじゃないです。滑舌よく饒舌にしゃべりまくる関口、フラメンコ踊りながらノリノリで憑物を落とす京極堂。真面目に事件を調査する榎木津。こんなの京極堂じゃな〜い!いやでも違う!これは京極堂だ!イメージと全然違うけどちゃんと京極堂に見える!『原作と映画は別モノ』と割り切ってイメージの違いを受け入れるとかそういう問題じゃなくて、この映画の世界観にはこのストーリーのこのノリにはこの京極堂じゃないとダメだ!ってくらい匣にぴったり入ってます。ほう。

ストーリーは原作を切り貼りし、時系列もバラバラで見てる人を混乱させるような流れになっているので原作読んで謎解きの結末も知ってるはずなのに一瞬も見逃せない緊張感。原作未読のまなっぺもちゃんと追いついてたので未読派もちゃんと楽しめるかと。

ホントは金のミノネツ賞級の面白さだったのですが、ヒロイン陽子がブッサイクだったのと、原作では主役格で私の大好きな木場さんがアホの子(青木刑事の方がカッコイイってどういうことよ)でムカついたので第三位。
[PR]
by minonetsu | 2007-12-30 22:29 | 映画のカンソウ | Comments(2)
Commented by あやか at 2008-01-03 13:56 x
あけましておめでとうございまーす☆今年もノリノリのミノちゃん節をヨロシク♪
で、元旦に見てきたんですよ「魍魎の匣」。私は原作も知らないし「姑獲鳥の夏」も見てなかったので、てっきりキャラクターはみんなあれが正しいと思っていたんですが・・・どうやら違うんですね(笑)でもすごくおもしろかったです!!木場さんはアホの子ではないんですねぇ・・・ホント青木の方がかっこよかったよ。
あと、いきなりですがFF4、スーファミ時のネーミングに大ウケです。なぜに洗剤!?(笑)私は宝石名をつけていたような。もうゾットの塔クリアしたのねー!早いなぁ。私は今からです!
Commented by ミノネツ at 2008-01-07 20:39 x
今年もヨロシク〜!!しかし正月からまた凄まじく渋いチョイスですな魍魎の匣!そう、アレはアレで面白かったんですが原作と全然違うんです!特に木場さんが!アレを木場さんだと思っちゃダメ!それだけは言っておく!…うっうっ。で、本屋行ったら漫画版魍魎の匣が出てたので思わず買ってしまいましたが、ストーリーも登場人物も原作のイメージそのまんまでビックリでした。映画で変なイメージ(特に木場さん)が付く前にこちらを読む事を強くオススメしたいです。完結までに何年かかるかわからんけど。

おおっ?あやかさんもFF4やってますか!やっぱギルバートはいいですよね〜。ね〜?いやムリヤリ同意求めてませんよ?で、スーファミのネーミング何故に洗剤かといいますと…なんでなんでしょ?なんか、こう、FFの中に洗剤的なものを潜在的に感じていたのかもしれません。いや、上手い事言ったとか思ってませんよ?ホントだよ?それにしてもあやかさんは宝石の名前ですとーー?くそっ…まるで勝てる気がしない……
<< あけましてミノネツアワード! 発表!2007年ミノネツアワード >>