<< パルケ・エスパーニャじゃないスペイン もうアタイにはミッチーしかいないのよ >>

今週のジャンプ感想<03号>

も〜いつの間にか250円になってるし。

<今週の新連載>
読み切り時の感想は「絵は上手いけど巨乳ママしか覚えてないや」だったのですが、連載第一話はさすが面白かったです。クレイ博士のいた研究所はキメラの研究をしているけどジャンプ的にありがちな「キメラ生物で世界征服」というカンジじゃないのがほのぼのしてて良いです。連載が進めばそういう方面に持ってっちゃうかもしれませんが。泥の性質は利点アリ弱点アリで能力バトル漫画としても使いやすそうだし。でもまあクレイ博士は親しみの持てる大人だしマディはかわいいし、二人のやり取りは楽しいのでしばらくはこのままほのぼの珍道中路線を続けて欲しいものです。

<スケットダンス>
今週はベタを通り越してクサイ話でイマイチでした。人気者ナンバーワンになれなかったけど「やさしい人ナンバーワン」…そんな項目あったんだ(ちゃんと読んでなかった)『実はクラスのみんなは内田内男くんの優しい所を見てましたよ』と言われてもちょっと唐突すぎる。それなら前の話でやさしい所をちょっとでも見せておいてくれないと読者に伝わってこないな〜。スイッチ君の人気者&オタクの二冠王は意外でした。サタデーナイトフィーバー!スイッチの人気は『実は隠れファンが多い』程度の表舞台に出ない人気というイメージだったので。そしてあのスイッチ君が取れなかったC組イケメンナンバーワン君が気になる…あ、最後の切なすぎるオチは良かったよ!ガンバレボッスン。

<K.O SEN>
というわけで連載二回目。ここでお約束的に登場の美形ライバルキャラですが、美形ライバルにありがちな『キックボクシングなんて才能あふれるオレ様にとってただの遊びですよ』というイヤミなキャラではなくてまあイヤミはイヤミなのですが、真面目にキックボクシングをやりたいけど周りがそうさせてくれない。という立ち位置が新鮮。美形君のコーチも『主人公の弱小ジムなんかつぶしてやるぜ』ではなくてキックボクシングを広めたいという夢はオヤジさんと共通している所で単なるイヤミなキャラクターになってない所が良いです。来週も期待。

<銀魂>
脱獄しないまま終了!打ち解けたと見えて実はスキが見えるのを探り合っていた囚人達のオチも良かったのですが、穴ぼこだらけの島の絵ヅラだけで最高に笑いました。囚人生活に生きがいを見いだした末吉殿が一番幸せだったのかな?

<勇者学>
この問題で一問だけ正解するとしたら『高橋酒店』しかありませんよね。一見『こんなの分かる訳ないだろ!』なメタメタな問題ばかりと見せかけて、それでもカンで答えても正解が出そうな問題がちゃんと考えてある所が奥が深い…深いかな?…まあ深いということに。
[PR]
by minonetsu | 2007-12-17 20:47 | 日記のようなもの | Comments(0)
<< パルケ・エスパーニャじゃないスペイン もうアタイにはミッチーしかいないのよ >>