<< ユニバーサルスタジオジャパン行... 今週のジャンプ感想<45号> >>

あかりアートでデスノート

昨日は地元最大のイベント美濃和紙あかりアート展に行ってきました〜。特産美濃和紙で作ったあんどんみたいなのを展示するイベントです。まあ真面目な芸術的審査は審査員の先生におまかせするとして、私の目的はズバリちびっこ部門!!ちびっこの自由な発想と鋭い感性に製作の腕が追いついていない、そんなギャップが面白いのよ〜。てか、昔はいかにも『夏休みの工作でイヤイヤ作りました』とか『学校の図工の時間に作らされました』なグダグダな作品ばっかりで見ていて面白かったのですが、年を重ねるごとにちゃんとイベントに向けてつくられた、気合いの入った作品が多くなってきてちょっと残念なところであります。いや、いいことなんですけど。そんな中で厳選に厳選を重ねたミノネツ的最優秀賞は!

a0088975_16595128.jpg


松田(仮名)くんの作品、『デスノート』(そのまんま)でございますーーー!おめでとーー!パッヒョイパッヒョイ!
この作品の素晴らしい所は実に子供らしい素直な発想がそのまま作品に盛り込まれている所ですね。大人だったら『灯りアートにひっかけてライトとlight』と月くんを描くところですが、多分この子はただリュークが好きだからリュークをメインに描いたんですね(裏に一応月くんは描いてありますが)。結構模写ウマイよ!デスノートって言うくらいだからノート型の行灯を作りたいところですが、普通に普通の円柱型です。やっぱり変形行灯は難しいですもんね。ジェパンニにあやかって一晩で作ったんでしょうか。てか、ホントにこの作品くらいしかミノネツの琴線に触れるものはなかったですね。みんな真面目に作りすぎだよーー!(良い事ですけど!)来年も面白い作品があるといいなあ…
[PR]
by minonetsu | 2006-10-08 17:08 | 日記のようなもの | Comments(0)
<< ユニバーサルスタジオジャパン行... 今週のジャンプ感想<45号> >>