<< 4コマ ナイスサポート >>

ジャンプスクエア2014年12月号感想

アニメ見てテラフォーマーズが気になってるんですけどネットで調べてみたら、かおすキッチンの服部昇大先生がスピンオフ作品描いてらっしゃるんですね。

今日のテラフォーマーズはお休みです。

パロディものは大体面白いって所を差し引いても純粋にギャグ面白かったよ!ドイツ産まじめウナギとか。ていうか正直他のスピンオフ作品の中で一番面白かったと思う。もうこうなったらお布施の意味も込めてコミックス買っちゃる!

<双星の陰陽師>
特訓したり分かり合ったり過去の自分に決着を付けたりいろいろあってついに悠斗と対決!しかし二人の奥の手でもあるレゾナンスも悠斗には全く歯が立たず。も〜だからっ!ホントに妹がうっとうしくて殺す気なら「自分が手を下す程もない」とか言っちゃダメでしょ悠斗くん!生き延びフラグ立てたらダメでしょ!と思ったらホントに助っ人が来てしまいました。それは何と!禍野の!めっちゃ強い…紅緒ちゃんの…親の…仇の…名前忘れた。敵か味方かカウボーイ!

<青の祓魔師>
外道院、一応自分の体で人体実験してたんだ!自分の手は汚さず…というキャラだと思ってたのに。そう思うと案外良いヤツ…いや外道だよね良いヤツではないよね。良いヤツじゃないけど…あ〜、ああ見えても頑張ってたんだな外道院…と思いました。まあとにかく仲間を信頼することでパワーアップした出雲ちゃんがデビル外道院を粉砕!……なのかな?見たカンジ部分しか攻撃出来てないように見えるんですけど。

<ホテルヘルへイム>
これはホテルにやってきた困った客をおもてなしの心で癒すとかそういうエエ話系のお話になるんでしょうかね?いやそういうの嫌いじゃないぜ?で、第二話にてメイちゃん支配人に格上げ!すごいとってつけたような展開なんですけど「ホテルに住んでいた過去」といい、この子どういう子なんだ?田中よりかメイちゃんの存在自体が謎になってきましたよ?

<ナイトメア・ファンク>
おおー今号も面白かった!クラウスと殺し屋との修羅場を頭突き一発!個人的に今号の日和ちゃんみたいに裏の世界も何も知らない、力もないくせに「私たちは一蓮托生よ!」なんてしゃしゃり出てくるのって足手まといウザイと思うんですけど、で、やっぱり足手まといになってるんですけど、このコンビなら絶対大丈夫!という気持ちの方が勝って信頼して読めるというカンジ。一見ギャグっぽい日和ちゃんの「すごい頑丈」描写は何かの伏線?それにクラウス頭突きはギャグ描写なんですけど、シリアス展開をギャグでごまかすとかそんなカンジじゃ全然なかった。クラウスや家族だけでなく、殺し屋の女の子も助けたいという日和ちゃんの気持ちなんだよね!多分!

<読み切り:何までなら殺せる?>
ロザパンでおなじみ池田先生の読み切り…えっ?ごめん!オチの意味がわかんなかったです!女の子は男の子のことが好きで落ちぶれた人生(進路間違えた的なノリだけど)送ってるのがかわいそうだから殺した??落ちぶれた所を見て犬以下だと思ったから殺した??最後の男の子のモノローグから雰囲気的に前者だと思うけど「人間なんてそんな高等でもない」っていうセリフがひっかかるし…。と、女の子の気持ちがどっちに向かったのか分からなくなるような変な雰囲気な所がいいなと思いました。

<読み切り:RKD-EK9>
アールケーディーイーケーナイン。あるけどいけない。西尾維新先生と小畑健先生の最強タッグによる読み切りで……えっ?ごめん!オチの意味がわかんなかったです!いやオチの意味は分かりますが、このオチ無かった方が面白かったんじゃ…?「天国行けると分かったらためらいなく自殺出来ちゃう狂った先輩」で終わる方が個人的にいいと思ったんだけどな〜。

<この音とまれ!>
お琴大会、チカくん達の学校は無念の予選敗退…しかしついに顧問がやる気だしたぞ!褒めたぞ!立ち聞きなんかじゃないぞ!

<エンバーミング>
死体卿の子供時代がひねこびたブサイクでガッカリだったんですけど、あーそうだったのか!脳だけ本体でボディは別人なんだ!あーよかったよかった。

<帝一の國>
美々子ちゃんを独占したい野々宮の計略でいきなり美々子ちゃんはヒロイン役でドラマ出演。たちまち人気女優に……雑!!雑すぎるぞ野々宮の策略!何で?美々子ちゃん演技上手い伏線あった?素人がいきなり演技できるもんなの?「子供の頃から演技が上手かったもんね!」で片付けちゃうの??せめて「学校では演劇部だもんね!」程度の説得力は欲しいんですけど…それか「演技は素人だけどそこがウケた」とかさ〜。今まで美々子ちゃんは取り立てて個性が描かれてなくても帝一と弾くんが取り合ってるという所で「それくらいイイ女なんだな」と思えたんですが、美々子ちゃんのイイ女度を上げようとしてるのか変に高いスペック付けたせいで「テレビに出る度胸はあるくせにオロオロ状況に流されてるダメな女」に見えてしまう。雑!こんな雑な話描く人だった古谷先生!?と、心配になってきたところで文化祭に突入です。美々子ちゃんはとりあえず置いといて、またふんどし祭りみたいなハジケに期待!
[PR]
by minonetsu | 2014-11-04 22:16 | ジャンプ感想 | Comments(2)
Commented by 暁香月 at 2014-11-05 08:14 x
私も死体卿の子供時代がひねこびたブサイクでガッカリだったんですけど、今回読んであーそういうことだったのかと安心しましたですよ。

誰がどう選んであの死体になったのか分からないけど、選んだ人グッジョブ!イケメン万歳!!(笑)。
Commented by minonetsu at 2014-11-05 19:34
イケメンは正義!死体でも正義!いやあ今号はガキ死体卿のフォローがあったしよかったよね〜!イケメンバンザイ!

あのボディは誰が選んで来たんでしょうね?ガキ死体卿はこの肉体が嫌いだって言ってたし、「あーやっぱこんな不細工なボディはイヤだったんだな〜」ってカッコイイやつ選んであげたんだよ!そんなリヒター博士の親心なのよきっと……
<< 4コマ ナイスサポート >>