<< エリス様が行く!メキシコ旅行2014 駒ヶ根日帰りバスツアー >>

ジャンプスクエア2014年11月号感想

<堂々完結!クレイモア>
ついに最終回です!カラー扉は大天使テレサ様で(な、なんでクレアじゃないんだ…)宿敵プリシラも「彼女もまた哀れな犠牲者だったのだよ…」ポジションに終わってテレサが消えてルヴルが逃げてクレイモアの戦士達も一般社会にとけ込むようになってクレアはラキと一緒に(実はやっぱり生きていた)イレーネさんの所に…普通に終わっちゃったね…。新大陸もクレア達の地域にはもう干渉しないって事になっちゃったし。収まる所に全部収まって更なる脅威!といった不穏な空気もクレア達の次への戦いも全然匂わせないまさに堂々完結と言って良い程の潔い最終回でした。逆に言えば盛り上がる所が無いというか…特にルヴルが逃げちゃったのが残念だわ。ホントに組織の下っ端だったのねアイツ…。あの組織の実験やクレア達の戦いや全て見透かして高見の見物といった風情が好きだったのに!もしかしたらクレアの一番の理解者ポジションになるかもと期待していたのにー!あとシンシアとユマさんに何か進展あるかと思ってたのにーーー!あのモブのコマは自分より弱い兵士に剣を教えて生き生きしてるユマさんにシドが声かけようとした所をシンシアがユマさんに近づかないで下さい斬りますよ?と言ってるコマだと思いたい。(で、ユマさんのコマにいる兵士がソレを見てぽかんとしてる)

<地味に完結!γ-ガンマ->
おおっこっちも終わっちゃいました。あの百合百合はともかく…いや、百合もひっくるめて好きだったのに。あーこの作者はコレが好きなんだなーって事が伝わってくる漫画は良い漫画だと思うので荻野先生のアメコミ特撮百合好きがビンビン伝わってくるガンマは良い漫画だったよ!で、最終回ですがラスボスがこれまでずーっと何かやらかしてくれそうな雰囲気だった割にはただしぶといだけだったのが残念…あ、でも良かったよ!ラスボスに止めを刺す役は主人公でも引退ヒーローのユリちゃんじゃなく現役ヒーローのフレイムペインに譲った所も良かった。最終回はユリちゃん廃人エンドかと思ったら百合の百花繚乱エンドってカンジでした。百合は平和の象徴ってことね!萩野先生はそれが言いたかったんだよねっ!!

<新連載:ホテルヘルヘイム>
冥界を舞台に伝説のホテルマン田中が落ちぶれた老舗ホテルを立て直すお話…なんですけどまず冥界が舞台ってどういうことなんでしょ?成仏出来なかった魂がホテルでおもてなしされることで成仏するとかそういう物でもなさそうだし。第一話を読む限りでは地獄っぽい雰囲気のが描きたいんだなーって所しかわかりませんでした。あ、でも面白かったよ!土地の明け渡しを狙った一流ホテルの嫌がらせに田中が圧倒的おもてなし力で爽快に粉砕!ホテルヘルへイムに隠された謎を提示し第二話へ!話の流れがスムーズで読みやすくてとっても面白かったです。ホテルの副支配人にさりげなく美形キャラ持って来てるのが分かってる!分かってるわよアナタ!でも突然現れた田中に得体が知れないと案内を従業員のメイちゃんに押し付けて後はヨロシク〜と逃げてしまった所が分かってない!これじゃあやる気無いモブ従業員と同じじゃん。落ちぶれてしまったけどこのホテルが好きでここで働く事に誇りを持っているってキャラがメイちゃん一人だけってことになっちゃって、物語に深みが…ホテルを愛す心を…ええとまあつまり美形優遇しろということですウヒヒヒヒ。あとメイちゃんがこのホテルに昔「住んでいた」って所も分からないよね。ホテルやらメイちゃんの境遇やらいろいろ設定がふわふわしてるのが気になるところであります。

今月号は跡部祭り!スクエア作品の中に跡部様が登場するよ!昔WJのこち亀企画でやってましたね。ブリーチのが酷かった(良い意味で)のは覚えてる!
で、頑張って探してみましたが、ごめん!全部は分かりませんでした!!一応見つかった所では…

ポスターやデスクトップ等の背景型…とらぶる、ナイトメアファンク、がくモン
モブキャラ型…セラフ、親愛なる殺し屋様、この音とまれ!帝一の國、てとくち
照れも隠れもしないぜ型…放課後の王子様、双星の陰陽師、ギャグマンガ日和、ボクのマンガ、米沢先生、koppy
頑張ってねじ込みました型…青エク、7庭、ミュー、

「連載作品の中」ってことで、ヘルへイムは新連載、クレイモア、ガンマは最終回、PARマンはエッセイ、エンバーミングは「連載作品」ではないから(苦笑)除外なのか……?和月先生だったら「こうきたかー!」ってやり方でねじ込んでくると思うんですけど…どこかでやってくれてると思うんですけど…ああ気になるーー!ねじ込むといえば双星の陰陽師のねじ込み方が一番面白かったです!こういうお遊び企画にシリアス展開に入ってる漫画はほとんど目立たない様に小さく描いてあるカンジなんですが、陰陽師はもう超シリアス、悠斗と戦う決意を固めて二人の心が寄り添って…のシリアス展開なんですけど、その中でドバーンと跡部様!ねじ込むっていうかめっちゃ堂々としてる!そして全然とけ込んでない!違和感ある!…すごい感動しました!

<この音とまれ!>
ぎょえーーー!また立ち聞きしとるでーーーー!また偶然通りかかった所を二人の会話から本音を聞いて感動を誘うシーンに仕立て上げとるでーー!何でこんな本音の立ち聞き率高いんだよ。次号の結果発表も立ち聞き形式にすればいいんじゃないかな〜?審査員の先生が優勝校はホニャララ校ですね〜素晴らしい演奏でしたね〜。って発表している所を生徒達が偶然通りかかって聞く形式。感動シーンになるんじゃないかな〜?(適当)

<7th GARDEN>
第一の刺客!的についに村を滅ぼすためやってきた天使がすごい小物感。まあ「クックックヤツは天使の中で一番の小物…」ってヤツですね。そして前号から登場したぽろぽろ泣いてた司祭様…アレ男だったのか…きもい……

<親愛なる殺し屋様>
十文字覚醒あたりで「あー、昔のあなたは死にました」パターンね。と思っていたんですが……こんなに…こんなに良い話になるなんて…。

<帝一の國>
不純異性交遊問題は生徒会長になった方が美々子と結婚!という理屈で不純じゃなくなりましたー!よかったよかった。いや、面白かったです。オモシロ新入生がいっぱい出て来てここで三角関係話やる意味ある?とか思ってましたが、生徒会戦という本筋に戻ったし、ここんところなれ合い気味だった帝一と弾とのライバル関係もはっきりするようになってすっきりしましたし。よかったよかった。

<てとくち>
金子くんはやれば出来る子!そしてお話もいろいろ急展開です。ついに周助の仇の正体が!殺された周助のお父さんが実は盗賊だった!どうも仇を討ちましためでたしめでたしとスッキリ終わらせてくれなさそうな展開だわ!周助くんもすっかりシリアスモードだし!お願いすっきりさせてくれーお願い金子くんー!
[PR]
by minonetsu | 2014-10-04 00:31 | ジャンプ感想 | Comments(0)
<< エリス様が行く!メキシコ旅行2014 駒ヶ根日帰りバスツアー >>